お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

思い出に残る「宇多田ヒカルの曲」ランキング 2位『First Love』1位は……

12月9日でデビューから15年を迎えた、シンガーソングライター・宇多田ヒカルさん! 現在は活動を休止しているものの、彼女の生み出した曲の数々は強烈な印象は多くの人びとの心に刻まれているはず。そこで今回は働く女性に、思い出に残る宇多田ヒカルのシングル曲を聞いちゃいました!

【祝・デビュー15周年! 同世代女性が語る、宇多田ヒカルの思い出⇒】

第1位 『Automatic』42.4%
第2位 『First Love』39.9%
第3位 『Can You Keep A Secret?』 29.4%
第4位 『traveling』 20.6%
第5位 『Flavor Of Life』19.3%

第1位 『Automatic』

・「デビュー当時、こんなにかっこいい音楽があるのか! と、感動した」(24歳/小売店/販売職/サービス系)

・「ちょうど中学生くらいのときで、英語の勉強(単語を覚えたり)に、よく使用していた」(26歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「『Automatic』は鮮烈なデビュー作だった。そのときは難しい歌だなと思ったが、練習して歌うようにした」(29歳/医療・福祉/専門職)

1位はデビュー曲の『Automatic』! デビュー当時まだ15歳だった宇多田さんの歌唱力と作詞作曲能力は、衝撃的でした。また、「PVが印象的すぎた」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)という声もあるように、ソファー座りそうで座らない……少しじれったいPVも話題になりましたよね(笑)。

第2位 『First Love』

・「初めて聞いた時から、いい曲だなと思ったし、透き通るような歌声と合っていたから」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「初めて聞いた時に、メロディがすごくよくて、歌詞を見たら歌詞も良くて、『若い人がこんな曲を作れるんだ。すごいなぁ』と驚いた記憶があります」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「First Loveは失恋したときに部屋でずーっと聞いて、ずーっと涙を流しました」(29歳女性/金融・証券/販売職・サービス系)

教師と生徒の禁断の愛を描いたドラマ『魔女の条件』の主題歌としても有名なこの曲。想像をかき立てる歌詞がとても切ないんですよね……! なかには「『First Love』はカラオケで男子からのリクエストNo.1だったけど、しっとりと歌いたいけど感情が入りすぎて恥ずかしいから、男子の前では歌いたくない」(29歳/マスコミ・広告/事務系専門職)という、ジレンマを抱えていた人も。

第3位 『Can You Keep A Secret?』

・「ドラマの主題歌で、カラオケに行っても歌っていたので、今でも歌えるくらい覚えている」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「切ない声で歌うので、切ない気持ちになる」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「それまで歌に対して興味がなかった私。たまたま観たドラマの主題歌で耳にした瞬間に惹かれた。今でもヘビロテで聞いてます。大好きです」(25歳/商社・卸/事務系専門職)

発売から一日で131万枚を達成したという、超ヒット作『Can You Keep A Secret?』。コメントにもある通り、大人気月9ドラマ『HERO』の主題歌というイメージが強いですよね!

第4位 『traveling』
・「TVでPVを初めて観たとき、独特な世界観と曲がすごく合っていて感動したのを今でもよく覚えています。明るい曲調で、聞いていて元気が出るので、今でも落ち込んだときにはよく聞く曲です」(27歳/情報・IT/技術職)

・「カラオケでバイトしていた時代、有線でよく『traveling』が流れていて、仕事のテンションが上がった!」(31歳/医療・福祉/専門職)

疾走感あふれる『traveling』が第4位にランクイン! まるで異世界を旅行しているようなPVが印象的だった、という声も多いなか、リズミカルなメロディがクセになり「『traveling』は中毒になるくらいエンドレスリピートでよく聞いた」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)という、『traveling』ヘビロテ派のコメントも多く寄せられました!

第5位 『Flavor Of Life』
・「『花より男子』の曲だから、これを聞くたびに切ない気持ちになる」(27歳/金融・証券/営業職)

・「切ない歌詞を歌声に、泣きそうになる」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

こちらも大ヒットドラマ『花より男子』の挿入歌として、人気を博した一曲。劇中で流れるシーンは曲とマッチしているような、切ない場面が多かった気がします……!

いかがでしたか? なかには「大学生の頃からずっと聴き続けています。ツラいとき、嬉しいとき、楽しいときも常に彼女の音楽が近くにありました」(32歳女性/食品・飲料/営業職)という声もよせられ、彼女の曲で青春を過ごした人も少なくないでしょう。
そして、デビュー15周年を記念して、本日から宇多田ヒカルさんがニューヨークとロンドンで行なった初公開のライブ映像が本日から配信されているそう! ぜひチェックしてみては?

※マイナビウーマンにて2013年12月にwebアンケート。有効回答数 22〜34歳の働く女性238件

(不動明子/清談社) 

お役立ち情報[PR]