お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

間違いやすい言葉づかい「どちらにいたしますか?」

「いたす」は「する」の謙譲語なので、相手の行動には使えません。「どちらになさいますか」と言い換えましょう。同様に、「お申し付けください」「~様はおられますか」も、相手の行動に対して謙譲語を用いているので不適当です。

【目上の人へのNGな言葉使いマナー「おやりになりますか?はNG」「上司を褒めるのはNG」】

「○○は本日お休みをいただいております」の場合、身内に対して「お」をつける必要はありません。また、「いただく」は「もらう」の謙譲語であり、自社をへりくだった表現になってしまいます。社外の人に使用するのは不自然なので、「休みをとっております」でかまいません。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]