お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

間違いやすい言葉づかい「資料を拝見させていただきます」

「拝見」とは、「見る」の謙譲語。つまり、自分をへりくだっている言葉です。「いただく」も「もらう」の謙譲語であり、二重敬語になるため併用はNG。「拝見いたします」を用いることが一般的ですが、「いたす」が「する」の謙譲語になるため、こちらも二重敬語になってしまいます。

【【男性編】わかっているはずなのに、つい使ってしまう重複表現ランキング1位「一番最初」】

この場合は、「資料を拝見します」でじゅうぶんなのですが、「拝見いたします」が一般的になっている今、メールなどでは間違っていると思われてしまうことも。そのため、「拝見いたします」は、決して間違った表現とはいえないようです。

「ご拝読いただきありがとうございます」というフレーズは、二重敬語の問題の前に、「拝読」が謙譲語にあたるため、相手の行動に対して使うことはふさわしくありません。「ご覧いただき」「お読みいただき」と言い換えるようにしましょう。

「ご覧」と「いただく」、2つの敬語が使われていますが、「ご覧」は尊敬語であり、「いただく」は謙譲語。この場合は二重敬語に該当しません。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]