お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

長野県、佐賀県、鹿児島県がトップ! 日本全国「住みたい温泉地」ランキング発表

日本全国温泉がある住みたい田舎マップ

株式会社宝島社が発行する月刊誌「いなか暮らしの本」は、「住みたい温泉地」ベストランキングを発表した。同誌の取材や調査の中でも温泉に近い地域の人気が高いことから、今回、“温泉”に着目し、アンケートを実施した。

【地方・地方、地方・都会……夫婦に多いのはどの組み合わせ?】

同ランキングは、日本温泉地域学会が文化遺産、自然資産として特に価値があるとして選定した125温泉地「日本温泉地域資産」の中から、温泉があって住みやすい61市町村をセレクト。移住に必要なポイント「自然環境」「移住者歓迎度」「移住者支援制度の充実度」「子育てのしやすさ」「老後の医療介護体制」「日常生活」「交通の便利さ」に、「温泉の充実度」を加え、計8ジャンル80項目について各自治体にアンケートを実施し、自治体ごとに数値化した。

総合ランキング1位~5位は以下の通り。

1位 松本市(長野県)
松本城を中心に発展した城下町で、上高地や美ヶ原などの高原リゾート地を擁する長野県南部の中核都市。病院数17、一般診療所240ほどと医療体制の充実度、新宿まで電車で2時間30分というアクセスのよさが魅力だ。クラインガルテン(市民農園)は市内に5カ所、空き家バンク制度と移住者にうれしい制度が整っている。

1位 武雄市(佐賀県)
市のホームページのFacebook移行や図書館の改革など、話題の多い武雄市は佐賀県西部にある人口約5万2000人の市。空き家バンクや定住相談員の設置などのほか、市内に「定住特区」を設け、特区内への移住者に定住奨励金を交付するなど、ユニークな取り組みも行われている。

1位 霧島市(鹿児島県)
鹿児島県本土のほぼ中央にある人口約12万7000人の市。7年前から移住者支援をスタート。住宅を新築もしくは購入、増改築した場合、最高で100万円+αの補助金を補助する制度など、積極的な移住者支援制度がある。

4位 竹田市(大分県)
5位 雲南市(島根県)

なお、ランキング詳細は、「いなか暮らしの本」9月号(8月1日発売)に掲載。

お役立ち情報[PR]