お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

トッポに人気チョコレート専門店「テオブロマ」監修の新製品登場

ゆず香る苺のケーキ

株式会社ロッテは、トッポ(1994年4月発売)が発売20年を迎えることを記念し、「大人のトッポ〈ゆず香る苺のケーキ〉〈ごま香る栗のケーキ〉」を8月27日(火)から発売する。

【あなたの食べ方で分かる性格】

この製品は人気チョコレート専門店「テオブロマ」の土屋公二シェフが監修した、通常のトッポと比べて太くて長いサクサク食感のプレッツェルの中に、上質なデザートのように仕立てたチョコをたっぷり入れた大人向けフレーバーが特徴。

〈ゆず香る苺のケーキ〉は、柚子のアクセントを効かせ、苺のケーキをイメージしたエアインチョコレートをプレッツェルの中に閉じ込めた、さっぱりした柚子のアクセントが甘すぎないフレーバーが特徴だ。また〈ごま香る栗のケーキ〉は、黒ごまのアクセントを効かせ、栗のケーキをイメージしたエアインチョコレートをプレッツェルの中に閉じ込めた、香ばしい黒ごまの香りが鼻に抜けるフレーバーとなっている。

さらに店舗連動企画として、〈ゆず香る苺のケーキ〉〈ごま香る栗のケーキ〉の味と連動したケーキ2品を、「テオブロマ」渋谷本店で8月27日(火)より期間限定販売。女子大生を含む20代女性をターゲットとして想定しているという。

監修を務める人気チョコレート専門店「テオブロマ」土屋公二シェフは、21歳で渡仏し、数々のショコラトリー、パティスリーで修行。1999年『ミュゼ・ドゥ・ショコラ テオブロマ』をオープン。日本を代表する世界のトップショコラティエの一人だ。フランスで最も権威のある製菓コンクールの一つであるシャルルプルースコンクール銀メダルを始め、国内外で数々の賞を受賞した経歴を持つ。

土屋シェフは、「最初の試作品からかなりおいしくできていて、ロッテの技術力にはとても感心し、おどろきました。私の想像を超える美味しさのお菓子を作ってもらいたいと思って臨みました。私が監修した大人のトッポをイメージしたオリジナルスイーツを、テオブロマの店舗で販売します。そちらもお楽しみください。」とコメントしている。

また動画投稿サイト「YouTube」では、土屋公二シェフとともに商品を開発している様子を「チョコモーションTV」で公開する。

お役立ち情報[PR]