ママのための悩み解決サイト
【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

陣痛の始まりは我慢できる程度の痛みやお腹の張りなど症状が様々。前駆陣痛・本陣痛の2種類は規則性や強弱の有無でその違いを見極めます。陣痛の開始は赤ちゃんをお腹の外へと誕生させるための道しるべ。出産の段階を把握し、娩出を促します。必要な時まで体力を温存するためにも、陣痛の痛みの期間や強さなどの正しい知識を持って臨みましょう


この記事の監修ドクター
女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、
女性のライフサイクルを応援します。
藤東クリニック 藤東淳也先生
https://fujito.clinic

陣痛の覚えておきたい基礎知識

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

陣痛と聞くと、真っ先に「鼻からスイカ」と連想する方も多いのではないでしょうか。それほどまでに痛いというイメージが先行する陣痛とは、赤ちゃんをお腹の外へと産み出すために子宮が収縮している状態に伴う痛みのことです。陣痛には、大きく分けて前駆陣痛と本陣痛の2つがあり、そのはじまりは不規則で、お腹の張りや生理痛のような痛みから始まり、だんだんと規則的な痛みの波へと変わっていきます。赤ちゃんが産道を通って出てくる時が痛みのピークであるといわれていますが、人によっては子宮口が全開になるまでの陣痛を逃がしている間のほうが過酷であったと感じる人もいるようです。

前駆陣痛と本陣痛の特徴と違い

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

陣痛には大きく分けると「前駆陣痛」と「本陣痛」の2つがあります。出産が近づくと、産院から「陣痛の痛みの間隔が10分間隔になったら病院に連絡してください」といった指導を受けますが、この10分間隔の痛みとは「本陣痛」のことを指しています。しかしながら痛み出せば心配になるもので、痛みの感じ方には個人差もあり、備えれば備えるほど前駆陣痛と本陣痛の区別がつくかどうかの不安が拭えずにいる人も多いといいます。前駆陣痛と本陣痛の違いを見極めるポイントは「規則性があるかどうか」です。落ち着いてその時を迎えられるよう、知識を深めていきましょう。

前駆陣痛

前駆陣痛とは、子宮下部や子宮頸管の動きを柔らかくして赤ちゃんの通り道の準備をするための痛みで、本番の陣痛の予行練習のようなものです。不規則な痛みが続く、忘れたころに痛みがやってきては遠のくといったことが起こりますが、この段階では分娩にはつながらないため、別名を「偽陣痛」といいます。陣痛は痛みの波が押し寄せてきては引いていく、といった感じが繰り返されます。前駆陣痛はその痛みの間隔が長く不規則で、最初のうちは気づかない人も多く、本陣痛に比べれば弱いもの。前駆陣痛からすぐに本陣痛へと変化していき出産に至る妊婦さんもいますし、振り返ってみれば前駆陣痛が始まってから、2、3日後の出産だったというケースも珍しくありません。臨月に入ってからよくお腹が張る人もいますが、お腹の張りも前駆陣痛の兆候一つであるといわれています。

<前駆陣痛の特徴>
・圧迫感や不快感が繰り返し訪れる
・お腹が張る・張りを繰り返している
・我慢できる程度の痛みがある
・生理痛や下痢などの体調不良時に似た感じの痛みがある
・姿勢を変えることで楽になる・治まる
・いずれの症状も強弱がバラバラ、時間が空いたり間がなかったりと不規則
・中には全く症状を感じなかったという人もいる

本陣痛

本陣痛は正式な医学用語では「分娩陣痛」といいます。いよいよ本格的に出産へ向けて子宮口が広げられ子宮が強く収縮を繰り返すため、それまでの前駆陣痛の症状とは明らかに違い、激しい痛みが規則的に訪れます。どんどんその間隔も短くなり、痛みは増す一方。その度合いによっては痛みを感じながら長さや間隔を記録するのが大変ですが、陣痛間隔を計って伝えることが、出産が近づいているかどうかの判断材料になります。産院に到着し、陣痛を記録する機械が装着されるまでは自分で記録しましょう。

<本陣痛の特徴>
・初産の場合は10分おき、経産婦は15分おきに規則的に痛みが訪れる
・痛みの強さがどんどん増し、我慢できない痛みへ変化する
・痛みを感じる範囲がどんどん広がっていく
・痛みの間隔が短くなり、痛んでいる時間が長くなっていく
・姿勢を変える、体を動かすなどしても痛みが治まらなくなる

陣痛の始まりに起こる痛み

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

一般的に、陣痛は出産予定日の前後2週間で始まるとみられています。だいたい妊娠36~40週の臨月の時期になる場合が多いようで、妊婦健診では妊娠末期(36週以降)になると、子宮口の開き具合を診察し、いつ陣痛が始まるかを予測します。早い人では臨月に入る前から前駆陣痛が起こり、遅い人では出産日まで何もなかったというケースもあります。痛みの感じ方は個人差も大きいものです。自分の陣痛が聞いていた一般的なものと違っていたとしても心配はいりません。痛みが引いている間は動くことができるので、慌てずに、痛みが収まったタイミングで産院に連絡をしましょう。医師の指示を信じ、落ちついて臨むことが大切です。

痛む時間の長さと間隔はどのくらいで始まり、どう変わる?

陣痛の始まり段階である前駆陣痛は痛みの時間・間隔・程度のどれもが不規則です。始まりの頃の痛みの長さは一般的に10秒から20秒程度。前駆陣痛のうちは痛みが長くなっていくようなことはありません。本陣痛では20秒程度の短い痛みが次第に長くなっていき、気づけば1時間に4~5回の間隔、つまり10~15分間隔。子宮口が開いてくると、30秒~60秒の陣痛が5分間隔程度へと変化します。出産間近には痛みのピークを迎え、60秒程の長い痛みが1~3分間隔。いよいよ生まれる直前の時には、60~90秒の陣痛が1分程度の短いスパンで押し寄せてきます。産院では子宮収縮を計測し、お産の進行をしっかり把握していますから、安心して医師と助産師の指示に委ねましょう。

痛みの程度、注意するべき痛み

陣痛の始まりの痛みは、下痢のような痛みだという人もいれば、少々悪寒が伴うシクシクした感じだったという人もいて、実にさまざまです。その他には生理痛のような痛み、日常生活を普通に送ることができる程度の痛みという声も。人によってはお腹が強く張る状態が前駆陣痛の症状であることがあり、陣痛の始まりに気づかないというのはこういった場合とも推測されます。臨月に入ってからの胎動が前駆陣痛と紛らわしいというケースもあり、「グイグイと子宮口が押されるような痛みが」「膀胱が圧迫されるような違和感」といった症状で、特に規則性がなく、姿勢や体制を変えてもかわすことができないような時は胎動である場合があります。注意すべき危険な痛みは「陣痛の波のような満ち引きがなく、強い痛みが持続的である場合」。この場合は早期胎盤剥離などが疑われます。母子の命にかかわる危険の可能性がありますので、不安に思ったらすぐに受診しましょう。

痛む場所ってどの辺り?

痛む場所は痛み方と同じくお産が進むにつれて変わっていきます。お産が始まったばかりの頃は、腰や下腹部に痛みを感じる人が多いといいます。生理痛のような痛みから始まり、しだいに強く痛むようになり、規則性が見られていきます。お産の進行が中盤に差し掛かかると赤ちゃんが下がってくるため、骨盤が押し広げられ、腰や太もも、足の付け根に刺すような痛みや割れるような痛みを感じます。いよいよ出産直前の頃には、赤ちゃんの頭が押し寄せてくるため膣口周辺が痛むようになります。排便時の痛みに似ていると感じる人も多いようですが、思わずいきんでしまいそうになるのを自分でコントロールするのが大変な状態だと言えます。

陣痛で救急車を呼ぶべき2つのケース

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1119

「そろそろ出産かな」と分かっていても、いざ陣痛が来ると救急車を呼んでしまう人もいるようです。通常、救急車は必要ありませんが、呼んだほうがいい場合もありますので、確認していきましょう。

前駆陣痛〜本陣痛〜出産までの流れと痛みの変化

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

陣痛の痛みを可能な限り理解しておきたいのであれば、お産全体の流れとともに把握するのが良いでしょう。お産の経過は大きく3つに分かれます。規則的な陣痛開始から子宮口全開までを「分娩第1期(開口期)」、子宮口全開から赤ちゃん誕生までを「分娩第2期(娩出期)」、赤ちゃん誕生から胎盤が出るまでを「分娩第3期(後産期)」といいます。出産にかかる時間、つまり分娩第1期~第3期の全てに要する時間の平均は、初産婦では約15~16時間、経産婦では約6~8時間とされています。

分娩第1期前半(開口期前半) 潜伏期の特徴

・陣痛の間隔:5~10分、3~5分の場合も
・痛みの持続時間:30~60秒程度
・子宮口の開き:3~4cmから7cmへと広がっていく
・潜伏期を過ごす時間の目安(初産婦):平均8時間半(最長20時間)
・潜伏期を過ごす時間の目安(経産婦):平均6時間(最長12時間)
・有効的な呼吸法:「ゆっくり深く」「1で吸って2、3で吐く」
・子宮の収縮がはじまり、次第に強く規則的になる
・痛みは規則的に起きているものの、動けないほどではない
・痛みが引いている間が存在し、その間は動いたり談笑したりできる

お産の全体にかかる時間から見て、第1期が最も長い時間を占めています。この時間をどう過ごし、いかに体力を蓄えておくことができるかがとても重要です。痛みはそれほど強い段階ではないのですが、恐怖感・不安・緊張・疲労などが加わることで、痛みが増強されてしまいます。陣痛の谷間には「シムズの体位」などで自分が楽な姿勢をとり、できるだけリラックスしましょう。

分娩第1期後半(開口期後半) 活動期の特徴

・陣痛の間隔:2~5分
・痛みの持続時間:40~60秒程度
・子宮口の開き:4~10cm
・活動期を過ごす時間の目安(初産婦):平均6時間
・活動期を過ごす時間の目安(経産婦):平均3時間
・有効的な呼吸法:「軽く口を開けて呼吸する」
・つらくなってきたら「ヒ・ヒ・フー」と声に出して細かく息を吐き、合間で吸う
・胎児の体の一部(通常は頭部)が妊婦の骨盤を通過し始める
・赤ちゃんが骨盤を通過し始め、耐え難い痛みを伴う
・赤ちゃんの頭が骨盤の下まで来る頃、子宮口が全開になり自然といきみたくなる。
・医師や助産師からまだいきみは我慢するように指示される
・尿道が圧迫され排尿が困難になっていく(トイレへ行っておく、導尿してもらう)

痛みの持続時間がまるで永遠続くかのように感じる頃です。立ち会いの人や助産師に腰を押してもらう、または硬さのあるもので圧迫してもらうなどして、痛みを逃がしましょう。誰かが体に触れていてくれるだけでも安心でき、痛みが和らぐように感じることもあります。つい混乱してしまう時ですが、呼吸法をリードしてもらうなどして、落ち着くように意識しましょう。

分娩第2期(娩出期)

・陣痛の間隔:1~3分、どんどん狭くなり30秒間隔になる人も
・痛みの持続時間:40~90秒程度
・子宮口の開き:全開(約10cm)
・娩出期を過ごす時間の目安(初産婦):平均2時間
・娩出期を過ごす時間の目安(経産婦):平均1時間
・有効的な呼吸法:「収縮がきたら2回深く呼吸、3回目で深く吸う」
・赤ちゃんの頭が子宮口から見えかくれする
・赤ちゃんの頭が見えてきたら「浅く速い呼吸」に切り替えるよう指示される
・卵膜が破られ、羊水が流れ出る
・赤ちゃんが旋回しながら産道を下降してくる
・会陰部分の損傷軽減のため、あえて会陰切開をする場合がある

いよいよ赤ちゃん誕生の時です。いきみのポイントは、あごを引いてお腹を見て、お腹に意識を集中して「押し出す」感覚で腹圧をかけること。そして痛みの合間に少しでも休むことです。ふいに逃げたくなるような心境にかられることもありますが、赤ちゃんも狭くて暗い中、出口を求めて必死に戦っています。医師や助産師のリードを信頼して、自らを奮い立たせましょう。

分娩第3期(後産期)

赤ちゃんを出産し、胎盤を排出するまでの間を分娩第3期(後産期)といいます。初産なら15~30分、経産婦なら10~20分程の短い間です。赤ちゃんが産まれた10分後くらいに軽い陣痛がきて、胎盤を外へ押し出します。その際は痛みを感じなかった、とても軽い痛みであったという産婦がほとんどです。胎盤の摘出が済めば長かった妊娠生活もお産もおしまいです。その後、娩出から2時間程度は分娩第4期とも呼ばれることがある時間を過ごします。後産期で収縮した子宮の弛緩や産道の裂傷による異常出血の危険に用心して、傷の縫合や洗浄後2時間程度は安静となります。いよいよ赤ちゃんとの生活がスタートします。

陣痛の体験談

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「人それぞれ」とはどのようなものなのでしょうか。自分の陣痛が他の人のどの経験にも当てはまらないこともありますが、知識は取り入れておきたいものです。

・「自然に陣痛が来なくて、途中から促進剤を入れても微弱。点滴を中断して、翌日に再トライ。促進剤で陣痛がきて、痛みに耐えながら必死で耐えること、そこから24時間。やっと出てきてくれました。でも、こちらはぐったり。死ぬかと思いました。」(29歳/IT/その他)

・「陣痛が2日弱続き、壮絶な痛みに耐え抜きました。。。分娩台にいたことは全然記憶にありません」(35歳/出版関連/専門職)

・「初産にもかかわらず、陣痛からスムーズにお産が進み、5時間でスポーンと出産しました。里帰り出産だったため、主人が到着に間に合わず残念でした」(32歳/サービス業/その他)

前駆陣痛は数日かけて訪れる場合もあれば、内診をきっかけにスタートする、待っているのになかなか来ないなど、人それぞれです。また、人により陣痛と同時あるいは陣痛後におしるしがある場合もあります。症状も必ずしも陣痛にているとは限らず、吐き気を伴う人もいます。痛みは不規則で、前駆陣痛が来てもすぐに本陣痛につながらないことも多いようです。痛みに耐えている人も、待ち望んでいる人も、前駆陣痛は過ごし方が大切です。痛みがつらい時は自分にとって最も楽な姿勢をとり、今後に備えて出来るだけ体を休めておきましょう。

【医師監修】おしるしから陣痛までの順番と時間は? 通常の流れと例外

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/130

出産予定日が近付いてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える楽しみ、出産に対する不安で胸がいっぱいになりますよね。特に初産婦の場合、自分の場合はどんな流れになるのか、夜も寝付けない程に緊張してしまうことも。おしるしから出産までどのような流れなのか、通常と例外のお話しを詳しくしていきたいと思います。

まとめ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「気がつくのが遅かったらどうしよう」「痛みに耐えられるのか心配」と不安に思われているかもしれませんが、陣痛を自覚して、ものの数分で産まれてしまうことはまずありません。本陣痛を迎えていても子宮口が全開になるまでに時間を要する人も多く、パニックに陥ってしまい、痛みを逃がせずに体力を消耗し過ぎてしまうことの方が危険です。場合によっては、陣痛促進剤が使われることも。陣痛・出産の痛みは必ず乗り越えることができます。意識して自らを落ち着かせるよう心構えをしましょう。そのためにも陣痛の種類やお産の過程、それぞれに効果のある呼吸法などを予習しておくことはとても大切です。パートナー、医師、助産師などたくさんの人がついていますし、あなたと一緒にお腹の赤ちゃんも生まれようと頑張っています。赤ちゃんを応援してあげるためにも、落ちついて出産の時を迎えてくださいね。

【医師監修】陣痛促進剤のリスクと副作用は? 赤ちゃんに悪い影響を及ぼす確率は?

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/219

自然分娩の場合、「陣痛促進剤」を使う場合があります。聞きなれない方も多いかもしれませんが、これはその名の通り、陣痛を促すための薬です。薬を使うことに不安を持つ方もいるかもしれませんが、必要なケースもあります。陣痛促進剤のリスクや副作用などについて調べてみました。

関連する投稿


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。


【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

【医師監修】産後の抜け毛の原因と実践的な3つのケア

出産後の身体の変化にはいろいろありますが、産後半年くらいからの「抜け毛」にびっくりするママも多いのではないでしょうか? シャンプーのあと、排水口にびっしりと付く抜け毛に「この状態はいつまで続くの?」と不安になることもあるはず。今回は産後の抜け毛の原因と、抜け毛のケア方法について解説します。


【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

【医師監修】汗疹(あせも)が赤ちゃんにできる原因と4つの対策法

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗っかき。気温が高くなってくると、さらに汗をかくことが多くなりますよね。こまめにケアをしているつもりでも、汗をかきやすい背中や足の付け根などがあせもで真っ赤に……という経験を持つママも少なくないはず。今回は、赤ちゃんのあせも(汗疹)の原因と対処法についてまとめました。


【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

【医師監修】赤ちゃんの後追い行動はいつから? 5つの対策方法

赤ちゃんが成長していく過程には、ママがどこ行くにもついて来て、少しでも離れると泣き出してしまう時期があります。家事もままならず、トイレに行くにも苦労するようになり、イライラしたり悩んだりしてしまうママは多いようです。今回は、この後追い行動について、後追いの意味や時期、効果的な対処方法などをまとめてみました。


【医師監修】産後の悪露(おろ)でママが知っておきたい4つの疑問

【医師監修】産後の悪露(おろ)でママが知っておきたい4つの疑問

初めて出産を経験したママの多くは、無事に分娩を終えた後に、少なくない量の出血が続くことに驚くのではないでしょうか。自分の状態が正常なのかどうか、まず不安になるものです。ここでは、産後の悪露とはどういうものか、いつまで続くのか、量や色、臭いはどのように変化するのかなど、知っておくと安心な情報をご紹介します。


最新の投稿


災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

災害に備えている? 子どもを守る、防災頭巾の性能について

子どもと災害対策について話し合ったことがありますか? 万が一の時に身を守る手段、身を守る術を知っておくことが重要です。子どもを守る古くからの防災グッズとして利用されている防災頭巾を用意しておくことをおすすめします。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

出産予定が近くなってから腹痛を感じると、陣痛なのか、それともお腹の赤ちゃんに何か起きているか、気になってしまいますよね。臨月になると腹痛を感じる妊婦さんは多いようです。 臨月に感じる腹痛の原因、そして経過をみて良い痛み、すぐに受診すべき痛みについてまとめてみました。


【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠すると、身体にさまざまな変化が現れます。体温の上昇や気分の不快感などいろいろありますが、その中のひとつが「オリモノの変化」。具体的にどのようにオリモノが変化するのでしょうか? 気を付けておきたいオリモノの病気とともにご紹介します。


【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

【医師監修】双子妊娠の4つのリスクとは? 産み分けはできる?

双子の妊娠と単胎妊娠では、妊娠の兆候や経過、症状にどのような違いがあるのでしょうか?妊娠中の母体・赤ちゃんの状態と、起こり得る4つのリスクについて説明します。できれば双子がほしい!という方に向けて、双子妊娠の確率と産み分けに関する情報もお伝えします。


【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

【医師監修】乳腺炎の予防に葛根湯が効く? 飲み方と予防法

授乳中に、乳腺が詰まって炎症がおこる「乳腺炎」にかかったママも多いのではないでしょうか? おっぱいが腫れて痛むだけでなく、ひどくなるとしこりができたり、39~40度といった高熱が出たりすることも…。そんな辛い乳腺炎ですが、漢方薬の「葛根湯」を飲むと予防することができるのだとか。今回は乳腺炎と葛根湯についてまとめました。