ママのための悩み解決サイト

臨月に関する記事


【医師監修】ついに臨月! 妊娠10ヶ月はどんな風に過ごしたらいい?

【医師監修】ついに臨月! 妊娠10ヶ月はどんな風に過ごしたらいい?

妊娠10ヶ月は、いよいよ「臨月」です。長かった妊娠期間もあと1ヶ月。赤ちゃんにやっと会えるという期待に胸が躍る一方で、間近に迫る出産や育児のことを考えると、不安な気持ちになるお母さんも多いかもしれません。ここでは、この時期のお母さんに現れやすい症状や、赤ちゃんの状態、この時期にしておきたいことなどをご紹介していきます。


【医師監修】妊娠中の食事で気をつける9つのこと、OK&NGな食べ物

【医師監修】妊娠中の食事で気をつける9つのこと、OK&NGな食べ物

「妊婦さんは赤ちゃんの分まで食べなくちゃ!」というのは一昔前の話。現代人の食生活にその言葉を当てはめてしまうと、様々なトラブルを引き起こす可能性が出てしまいます。妊婦の食事は下痢や貧血、つわりなどにも関連します。赤ちゃんのためにも、楽しいマタニティーライフを送るためにも、妊娠中に心がけたい食事のポイントをご紹介します!


【医師監修】予定日がせまる! 出産直前に絶対に知っておくべき6つのこと

【医師監修】予定日がせまる! 出産直前に絶対に知っておくべき6つのこと

特に初めての出産(初産)は不安だらけですよね。出産の予定日が迫った出産直前には何をしたらよいのかをご紹介します。出産予定日の超過(遅れ)だけでなく、予定日より前であっても、何か心配事があったら早めに病院へ連絡しましょう。


【専門家監修】条件に当てはまる方は忘れずに! 出産手当金の申請可能期間と申請方法

【専門家監修】条件に当てはまる方は忘れずに! 出産手当金の申請可能期間と申請方法

出産にはたくさんの費用が必要です。働く女性は産休による収入の減少など、お金のことも心配ですよね。今回は働く女性が申請すれば受け取ることのできる「出産手当金」についてご説明します。ご自身が条件に合うかどうか、いくらもらえるのかなど参考にしてください。


【医師監修】臨月に足の付け根が痛くて歩けない原因と対策

【医師監修】臨月に足の付け根が痛くて歩けない原因と対策

臨月になりお腹が大きくなってくると、足の付け根が痛くなって歩くのも動くのも億劫になることがあります。「もうすぐ赤ちゃんと出会える! 」といった喜びの一方で、思うように歩けないつらさは計り知れません。今回は、臨月に足の付け根が痛くなる原因と簡単にできる対策についてご紹介します。


【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

【医師監修】陣痛の始まりってどんな痛み? 痛みの時間 ・間隔・程度など

陣痛の始まりは我慢できる程度の痛みやお腹の張りなど症状が様々。前駆陣痛・本陣痛の2種類は規則性や強弱の有無でその違いを見極めます。陣痛の開始は赤ちゃんをお腹の外へと誕生させるための道しるべ。出産の段階を把握し、娩出を促します。必要な時まで体力を温存するためにも、陣痛の痛みの期間や強さなどの正しい知識を持って臨みましょう


【医師監修】頻尿や腰痛が関係!? 出産間近の兆候10コ

【医師監修】頻尿や腰痛が関係!? 出産間近の兆候10コ

妊娠したと同時にお母さんは、ホルモンの変化や、悪阻、お腹が大きくなったりと、さまざまな変化を経験します。そして出産はもう目の前。出産間近にもお母さんの身体は変化していきます。頻尿や腰痛もその一つです。ここでは、焦ったり、不安になったりしないために、出産間近の兆候についてご紹介していきます。


【医師監修】ガスが原因? 妊婦のお腹がはるときの対処法6つ

【医師監修】ガスが原因? 妊婦のお腹がはるときの対処法6つ

妊娠すると、身体の中で様々な変化が起き、いろんな症状が出てきます。悪阻、味覚や好みの変化、嗅覚が敏感になる、などは良く聞くものですね。そして、初期から感じる方もいれば、中期になってから感じる方、時期はそれぞれですが”お腹の張り”を感じることが出てきます。今回は、この”お腹の張り”についてお話ししたいと思います。


【医師監修】臨月のお腹の張りは陣痛? お腹が張る原因と見分け方

【医師監修】臨月のお腹の張りは陣痛? お腹が張る原因と見分け方

臨月になるとほとんどの人が体験するお腹の張り。初めての妊娠だと「陣痛?」と焦ることも。「赤ちゃん苦しくないかな?」と心配になったりしますね。どうして臨月になるとお腹が張ることが増えるのでしょうか? ここでは臨月に頻繁に起こるお腹の張りについて、原因や陣痛との違い、苦しいときの対処法などについてご紹介していきます。


【医師監修】双子は自然分娩できる? その確率や体験談も紹介

【医師監修】双子は自然分娩できる? その確率や体験談も紹介

双子を妊娠した場合、「自然分娩は難しい」「帝王切開での出産になる」といったイメージはありませんか? ところが、自然分娩で双子の出産をしているお母さんも少なくないんですよ! 双子の自然分娩はどのくらいの確率でできるのでしょうか? 体験した方のお話も交えてご紹介します。


【医師監修】早期・前期破水の違いとは? 破水の原因と症状

【医師監修】早期・前期破水の違いとは? 破水の原因と症状

「破水」と聞くと“羊水が突然あふれ出す”というイメージを持つ人も多いはず。しかし破水といっても、その程度、症状は様々です。漠然したイメージを持ってはいるけれども、実はよく知らない、というママのために、破水の種類と、症状、その原因についてまとめてみました。


【医師監修】臨月に下痢やおならが出る原因は出産の兆候? 

【医師監修】臨月に下痢やおならが出る原因は出産の兆候? 

妊娠すると様々な体調の変化が訪れます。妊娠の症状は初期の悪阻だけでなく、後期になっても悩まされるものは沢山あります。 初産婦さんの場合は特に、些細な変化でもたまらなく心配になってしまうものです。 今回は、臨月に現れた下痢やおならは妊娠の兆候なのか? ということを原因と共にお話ししていきたいと思います。 


【医師監修】陣痛誘発剤との違いも押さえておきたい陣痛促進剤の効果・副作用

【医師監修】陣痛誘発剤との違いも押さえておきたい陣痛促進剤の効果・副作用

陣痛が微弱でお産が長引く場合や、破水後なかなか陣痛が始まらないなど異常の心配がある時は、「陣痛促進剤」が使用されます。出産が間近に迫ってきて、「陣痛促進剤」の存在を初めて知った人も多いかもしれませんが、実際に使うとなった時に慌ててしまわないよう、その効果やリスクについて事前に知っておくと、心に余裕ができて安心ですよね。


【医師監修】おならや下痢って……出産の前兆で見られる7つの症状

【医師監修】おならや下痢って……出産の前兆で見られる7つの症状

臨月に入ると、それまではなかった不快な症状も目立ってきますよね。おならや下痢もその一つ。最近お腹の調子が悪いのかな、と思っていませんか? 実はその症状、出産の前兆かもしれません。今回は出産の前兆で見られる症状や出産当日の流れについてお伝えします。


【医師監修】いつから準備すべき? 出産時の入院でバックに入れる持ち物リスト

【医師監修】いつから準備すべき? 出産時の入院でバックに入れる持ち物リスト

出産で入院するタイミングは、お母さんや赤ちゃんの状態によって様々です。入院でどのようなものが必要か、あったら便利なグッズなどもご紹介します。


【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

【医師監修】臨月にお腹が痛い原因とは? ずっとチクチクする・下痢などは要注意?

出産予定が近くなってから腹痛を感じると、陣痛なのか、それともお腹の赤ちゃんに何か起きているか、気になってしまいますよね。臨月になると腹痛を感じる妊婦さんは多いようです。 臨月に感じる腹痛の原因、そして経過をみて良い痛み、すぐに受診すべき痛みについてまとめてみました。


【医師監修】産後の骨盤ガードルの選び方

【医師監修】産後の骨盤ガードルの選び方

出産で歪んだ骨盤は放っておくと、産後太りの原因になってしまいます。整体で矯正したいけど時間が無い…。そんな方は骨盤ガードルはいかがですか。骨盤矯正の効果があり産後の腰痛や尿漏れの解消にも繋がるので、ガードルを活用しているママも多いのではないでしょうか? ガードルの上手な取り入れ方や効果、人気商品を厳選してご紹介します。


【医師監修】おしるしから陣痛までの順番と時間は? 通常の流れと例外

【医師監修】おしるしから陣痛までの順番と時間は? 通常の流れと例外

出産予定日が近付いてくると、もうすぐ赤ちゃんに会える楽しみ、出産に対する不安で胸がいっぱいになりますよね。特に初産婦の場合、自分の場合はどんな流れになるのか、夜も寝付けない程に緊張してしまうことも。おしるしから出産までどのような流れなのか、通常と例外のお話しを詳しくしていきたいと思います。


【医師監修】陣痛促進剤のリスクと副作用は? 赤ちゃんに悪い影響を及ぼす確率は?

【医師監修】陣痛促進剤のリスクと副作用は? 赤ちゃんに悪い影響を及ぼす確率は?

自然分娩の場合、「陣痛促進剤」を使う場合があります。聞きなれない方も多いかもしれませんが、これはその名の通り、陣痛を促すための薬です。薬を使うことに不安を持つ方もいるかもしれませんが、必要なケースもあります。陣痛促進剤のリスクや副作用などについて調べてみました。


【医師監修】夫が出産立ち会いの準備でできる4つのこと

【医師監修】夫が出産立ち会いの準備でできる4つのこと

出産の立ち会いをするとき、ただ痛がる妻の側にいて見守ればよいというわけにもいきません。夫には、妻が安心して出産に臨めるようにサポートをするという、大切な役割があります。何も知らずにその大役を果たすのは難しく、結局何もできなかったということにならないよう、妊娠中から準備しておきたいことをまとめています。