お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 女性の身体

“女子のおなかトラブル”事情!? 密かに悩むのは、ぽっこりおなか(おなかのハリ)

“女子のおなかトラブル”事情!? 密かに悩むのは、ぽっこりおなか(おなかのハリ)

あなたにもきっと経験があるはず。 できれば避けたい“おなかトラブル”体験。「外出中なのにガスでおなかが張ってるのが気になる」「ドライブデート中におならが出そうでつらい」……などなど、なかなかガマンできない生理現象に見舞われたときの辛さったらないですよね。そこで今回は、みんなのおなかトラブル事情と、いざというときの改善方法を調査してみました!

誰もが共感!?
“女子のおなかトラブル”あるあるアンケート

お腹が張ってしまった経験はありますか?
日常生活で「おなら」を我慢することはありますか?

20〜30代の働く女性201名に、おなかにまつわるトラブルについてマイナビウーマン読者にアンケートをとってみたところ、なんと8割近くが「お腹が張ってしまった経験がある」と回答。さらに、日常生活でおならをガマンしたことがある女子も約7割いるという結果に! 静かな空間や仕事の打ち合わせ中など集中しなければいけない時ほど、気になってしまうようです。では、具体的にどんなシチュエーションでのおなかトラブルに悩んでいるのでしょうか。

“女子のおなかトラブル”あるあるエピソード

“悲劇なできごと”その1

おなかぽっこりで、お気に入りのパンツやスカートがきつい!

おなかぽっこりで、お気に入りのパンツやスカートがきつい!

「おなかのハリによって、普段着ているパンツやスカートがきつく感じる時がある。仕事中もウエストの食い込みが気になってしまい、集中できない」(36歳/医薬品関連/総合職)。
調子のいいときはスッキリと着こなせるタイトめのボトムスも、おなかが張っていると「ファスナーを上げにくい」「ホックが留めづらい」なんてことに……。特に食後のデスクワーク中、ウエスト周りがきつくて、仕事に集中できない女子も多いようです。仕事終わりに彼とのデート♡ なんて日も、おなかのハリが気になってしまいそう。

“悲劇なできごと”その2

空腹じゃないのに、
大事な会議中におなかが鳴って気まずい空気に……

空腹じゃないのに、大事な会議中におなかが鳴って気まずい空気に……

「シーンとした会議中に、お腹が空いていないのにおなかが鳴ったことがある。『ダイエットもほどほどに』と嫌みを言われた。空腹ではなく、お腹のハリだったのに!」(36歳/商社/事務職)。
ランチタイム後の会議にもかかわらず、おなかから「グー」と地鳴りのような音が……。その場にいる全員からの視線が集中したり、上司から嫌みを言われたりと、気まずい思いをしてしまった経験がある人も少なくないはず。

“悲劇なできごと”その3

本来なら幸せなはずなのに……。
気になる先輩の隣の席が苦行に!

本来なら幸せなはずなのに……。気になる先輩の隣の席が苦行に!

「ちょっと気になる先輩と席が隣なので、夕方になるとおなかが張って苦しいけど、なんとかぽっこりしたおなかを見せないように必死におなかをへこませています。先輩との席が隣で嬉しい反面、試練でもあるのがつらい」(32歳/事務職)。
おなかのハリは、まさに乙女の天敵! 気になる相手に自分のことを少しでも「いいな」と思ってもらいたいからこそ、ぽっこりおなかは絶対に見せたくないのが本音ですよね。楽しく会話をしたくても、おなかが気になって、まったく会話が弾まないなんて悲劇も。

そもそもなんで “おなかトラブル”が起きてしまうの?
そもそもなんで
“おなかトラブル”が起きてしまうの?

原因は腸にたまったガスかも!?

原因は腸にたまったガスかも!?

おなかが張ったり、ぽっこりしたりする原因は、腸にたまったガスの可能性が! ガスは、腸内環境の乱れや、ストレスなどによる胃腸運動の低下、でんぷん質の多い食べ物の過剰摂取、便秘など、さまざまな要因で発生します。さらに、おならの元となる空気の7割は食べ物と一緒に飲み込んだ空気だとも言われているので、早食いも厳禁。また、おならをガマンすると余計にお腹が張ったり便秘になったりと悪循環に……。おなかトラブルから解放されるためにも、まずは生活習慣を改善することが大切です!

“おなかトラブル”が起きる原因をもっと詳しく理解する

ぽっこりおなかに導くNG習慣! あなたは何タイプ?

おなかの悩みに邪魔されないために!
ポーチにこっそり入れておきたいのは……?

おなかの悩みに邪魔されないために! ポーチにこっそり入れておきたいのは……?

第3類医薬品 1錠:0.6g/直径:12.0mm/厚さ:5.3mm

ビオフェルミン® ぽっこり整腸チュアブル®

おなかの悩みを少しでも改善するには、ゆっくりとした食事を心がけたり、ガスが発生しやすい食品を食べ過ぎないようにしたり、スキマ時間におなか周りを伸ばしたり……と生活習慣から変えていくことが大切。とはいっても、生活習慣を変えるのは大変だと感じたり、なかなか悩みがつきない、そんなときは、薬の力を借りるのもひとつ。
10月に新発売された「ビオフェルミン® ぽっこり整腸チュアブル®」は、ガスなどによるおなかのハリを改善してくれるのだとか。

どうやっておなかのハリを改善するの?

消泡剤「ジメチルポリシロキサン」が発生したガスの気泡をつぶし、生薬「ケツメイシ」が腸のはたらきを整え、便を出しやすくします。さらに、「ビフィズス菌」と「ラクトミン」の2種類の乳酸菌が悪玉菌の増殖を抑え、ガスの発生しにくい腸内環境に!

3つのポイントが働く女子にもおすすめ

3つのポイントが働く女子にもおすすめ

「ビオフェルミン® ぽっこり整腸チュアブル®」を詳しくチェックする

“おなかトラブル”を気にせず
どんな時も笑顔で過ごそう♪

“おなかトラブル”を気にせずどんな時も笑顔で過ごそう♪

「おなかにガスがたまりすぎて食欲がない」「おなかが張ってお気に入りのスカートがきつい」「仕事やデート中におなかのガスがポコポコ鳴る」……など働く女子を日頃から悩ませているおなかトラブルは「ビオフェルミン® ぽっこり整腸チュアブル®」が味方に♪ バッグやデスクに常備しておけば、気になるときにサッと飲めます。

“おなかトラブル”が起きる原因をもっと詳しく理解する

第3類医薬品
ビオフェルミン® ぽっこり整腸チュアブル®
 効能:おなかのハリ・便秘・整腸

「人にはヒトの乳酸菌。」というフレーズでおなじみのビオフェルミン製薬株式会社が開発した「ビオフェルミン® ぽっこり整腸チュアブル®」は、お腹に溜まったガスや便秘によるぽっこりおなかにアプローチ。不規則でストレスフルな毎日を送る、働く女子にぴったりの整腸薬です♪

ビオフェルミン® ぽっこり整腸チュアブル®

提供:ビオフェルミン製薬株式会社

※アンケート出典元:マイナビウーマン調べ(2018年11月実施webアンケート/対象:20~30代の働く女性/有効回答数201件)

お役立ち情報[PR]