お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
PR 恋愛

女子のココ見てる!? 男子座談会で聞いた「恋が冷めた瞬間」とは?

女子のココ見てる!? 男子座談会で聞いた「恋が冷めた瞬間」とは?

新年度を迎え、新しい出会いが多いこの時期。できることならたくさんの人と、良好な人間関係を築いていきたいところですが、何気な~くしていた自分の仕草や行動が、「ドン引き」されている可能性も……。そうなれば、相手に不快感を与えてしまい、せっかくの出会いも丸つぶれ。そこで今回は、お年頃の男性3名に集まっていただき、「100年の恋も冷めた瞬間・ドン引きエピソード」をぶっちゃけてもらいました。「えっ、そんなところまで見られているの!?」という告白の数々に、衝撃必至です。

今回協力してくれたのはMさん(26歳)、Kさん(27歳)、Tさん(31歳)の3人。
最初はみなさん、「ドン引きしたことなんかないです!」とかなり控えめでしたが、話しているうちに、発言がどんどんエスカレート! 自分のことは棚に上げて~!

うぁ、もう近づきたくない……
職場でドン引きした女性の行動とは?

Mさん
「僕は、自分のデスクで靴を脱いでいる人を見ると、だらしない~と思いますね。この間なんか、打ち合わせ中に脱いでいる人がいて……。どうしても脱ぎたいなら、足元が見えないように膝掛けとかで隠してほしい。最低限のマナーは身につけてほしいですね」

Kさん
「それわかるー、ガサツな子は萎えるよね。僕は、世の女性を敵に回してしまうかもしれないけれど、ムダ毛問題。たとえば不意に腕をまくったときにチラッと発見した瞬間! 見えない部分もしっかりお手入れしていてほしい。あとニオイも。素敵だと思っていた女性と至近距離で話していたら、なんか悪臭がして、それがその人の口のニオイだったことがあって。ショック過ぎました」

ぐぐぐ……、みなさんそんな細かいところまでしっかり注目しているんですね。女性に幻想を抱き過ぎ!とも思えますが、一理あるし、女子力が低いとも思われたくないので、気を付けねばなりませんね。

ぽっこりお腹、たるみ尻は、
彼女候補から脱落!?

Tさん
「あとさー、最近トップスをインするファッションが流行っているじゃないですか。素敵に着こなしている人もいるけれど、あれは結構下っ腹が目立つんだよね。スタイルよく見せているのかもしれないけど、細身の女性でもお腹がちょっと気になるかな」

Kさん
「あと後ろ姿も大事。ピタッとしたトップスとか着ていると気になるのが、下着のはみ肉! 下着のサイズがあっていないのか、プヨってお肉が……。お尻のたるみもちょっとアウトかな! 逆にお尻がキュッと引き締まった美しいボディラインの女性って、何を着ても似合うし、ドキッとする 足首がキュッとしていて、スラットした脚も魅力的だよね。ふくらはぎはスカートだとやっぱり見てしまう」

Mさん
「僕の場合は、太っているのが嫌ってわけではないんですが、『何も気を遣ってないんだろうな~』っていうメリハリのない体だと、かわいい子でもあんまり魅力的に思えないんですよね。」

お腹はともかく、自分であまり見ることができない後ろ姿まで……チェックが厳しい~! 年齢を重ねれば、体型が変化していくのは仕方のないことですが、たしかに自己管理能力が問われますよね。

怠慢のわがままボディにガッカリ
開き直る・怠けすぎに注意!

Mさん
「逆に開き直る人もいません?  “ありのまま”の着飾らない女性は素敵だけど、だからと言って『これが私だから~』なんて怠慢のわがままボディをさらけ出しちゃっているのは、いかがなものかと……」

Tさん
「そうそう、女を捨てているって感じで引くよね。僕はいつまでも美しくいてもらうために、妻との旅行は、いつもリゾート地を選ぶようにしています。そうすれば必然的に水着を着ることになるから、体型を維持しようと日頃から努力してくれるじゃないですか」

「ありのままで良い」と思っているなら、自然体の魅力として認定されそうですが、「本当は痩せたいのに言い訳ばかりしている」のはだらしない、と見えてしまうようですね。

一生懸命な女性は輝いて見える……
そのための努力を忘れずに

「自分を磨くことに一生懸命な女性は輝いて見えるよね」とMさん。完璧は求めないけれど、女性にはいつでもキレイでいてほしいというのが、男性の本音のよう。気づかぬうちに、彼女候補になり損ねているかもしれませんよ!? ナイスバディとは言わないまでも、女性らしいボディをキープするためにも、ある程度の努力は必要ですね。あなたはキレイになる努力をしていますか?

「俺のためにキレイでいてくれる!」
自分磨きを頑張っている女性って魅力的!

「女子がキレイでいるために努力している姿を見ると、応援したくなります。もし彼女がそうだったら、俺のために努力してくれているのかなって、惚れ直すかも」とKさん。「そうそう、パパとママになっても、いつまでも男と女の関係でいたいんだよね」とTさん。相手がいてもいなくても、努力を忘れずに、いつもキレイを追求して自分磨きをしている女性は自然と魅力的に映るもの。それが愛され女子への近道なのかも!

いますぐオンナを磨くなら?

提供:ニューアート ラ・パルレ

お役立ち情報[PR]