妊娠5ヶ月

妊娠5ヶ月に関する記事

妊娠5ヶ月の特徴と過ごし方のポイント・注意点について紹介しています。一般的に安定期に入るこの時期。体重管理のコツや体調の良い日にやっておきたいこと、マタニティエクササイズの始め方や注意点など、過ごし方についてチェック。起こりうるトラブルや気を付けたい感染症なども確かめておきましょう。

妊娠5ヶ月に関連するキーワード

妊娠16週目 妊娠19週目 妊娠17週目 妊娠18週目
>>妊娠5ヶ月に関連するキーワード一覧

【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

「逆子ですね」健診の際にそう言われて、気になっている人もいるのでは? お腹の中は見えないので、赤ちゃんがいつまで逆子でいるのか気になりますね。赤ちゃんの胎動で逆子かどうかを見分けることはできるのでしょうか。


【医師監修】妊娠中期のおりものの特徴は?受診するのはどんなとき?

【医師監修】妊娠中期のおりものの特徴は?受診するのはどんなとき?

妊娠中、特に中期になると量の増加が顕著になる「おりもの」。多くは心配のない生理的な変化ですが、中には病気などのトラブルのサインのこともあります。妊娠中のおりものについて、どんな時に受診した方がいいのか、早速チェックしてみましょう。


【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

【医師監修】胎児の成長が気になる!小さめと言われたら? 妊娠月数別赤ちゃんの成長

妊娠中、お母さんとお腹の中の赤ちゃんは四六時中一緒にいるわけですが、赤ちゃんの様子は妊婦健診のエコー以外で見ることはできません。愛らしい姿が見られる健診が待ち遠しい一方、発育具合も気になるところです。胎児は時期ごとにどのような成長をするのでしょうか?赤ちゃんに起こっていることを知ることを妊娠月数・週数ごとに解説します。


【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

【医師監修】出産予定日と妊娠週数の計算方法とは?

「今、妊娠何ヶ月?」「出産予定日は?」という会話はよくするものの、一体どうやって計算しているのか知っていますか? 正しい妊娠週数、出産予定日の計算方法や、正しい妊娠週数を把握するべき理由などをまとめました。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【医師監修】妊娠安定期はいつから?過ごし方と8つのトラブル&注意点

【医師監修】妊娠安定期はいつから?過ごし方と8つのトラブル&注意点

妊娠中期に入るとつわりが治まることが多く、お腹の赤ちゃんもこれ以降ぐんぐん大きくなっていきます。俗に「安定期」と呼ばれますが、妊婦さんにはうれしい時期ですね。でも、油断は禁物。充実したマタニティライフを送るためにこの時期に注意すべきこと、つわりが落ち着いてくる時期だからこそしておきたいことなどをご紹介します。


【医師監修】妊娠19週のエコー写真付|胎動をはっきりと感じられる時期

【医師監修】妊娠19週のエコー写真付|胎動をはっきりと感じられる時期

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠19週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠18週のエコー写真付|胎動を感じ始めるころ

【医師監修】妊娠18週のエコー写真付|胎動を感じ始めるころ

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠18週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠17週のエコー写真付|性別がわかることも

【医師監修】妊娠17週のエコー写真付|性別がわかることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠17週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠16週のエコー写真付|呼吸する様な動きがみられることも

【医師監修】妊娠16週のエコー写真付|呼吸する様な動きがみられることも

妊婦健診でもらう「エコー(超音波)」検査の写真をみると、愛おしい気持ちが高まりますね。ここでは、妊娠16週の赤ちゃんの特徴をイラストつきで解説するとともに、このころのエコー写真とママ達のエピソードを多数紹介します。


【医師監修】妊娠中期に出血したらどうすればいいの? 考えられる原因と対処法

【医師監修】妊娠中期に出血したらどうすればいいの? 考えられる原因と対処法

妊娠初期には少なくありませんが、妊娠中期になると不正性器出血はあまり見られなくなります。だからこそ、この時期に出血があったら自己判断せず、きちんと対応しなければなりません。妊娠中期の出血にはどんな問題が考えられるか、その原因と対応、不正性器出血に間違う可能性がある出血についても解説します。


【医師監修】妊娠中期の貧血。立ちくらみなどの症状と原因・対策、鉄分の摂り方

【医師監修】妊娠中期の貧血。立ちくらみなどの症状と原因・対策、鉄分の摂り方

妊娠中期は実は「貧血」が起こりやすいころです。女性はもともと貧血になりやすいのですが、それは生理でほぼ毎月血液が失われるから。妊娠するとホルモンの影響でさらに貧血になりやすくなります。ここでは、妊娠中期の貧血について、対処法、鉄分摂取のポイントを含め解説します。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


【医師監修】妊娠中期の肌荒れ、対策は?かゆみがある場合はどうする?

【医師監修】妊娠中期の肌荒れ、対策は?かゆみがある場合はどうする?

つわりの症状もひと段落してくる妊娠中期(妊娠14週~27週)ですが、この時期になって感じ始めるマイナートラブルも。そのひとつに肌トラブルがあります。今回は「妊娠中期の肌荒れ」について解説していきます。


【医師監修】妊娠中期の息苦しさ、主な原因3つとやるべきこと

【医師監修】妊娠中期の息苦しさ、主な原因3つとやるべきこと

妊娠中期(妊娠14~27週)に入ると、つわりが徐々に落ち着き、食事も十分にとれるようになる妊婦さんが多いことでしょう。しかし、今度はつわり以外のマイナートラブルに悩まされる人が増えてくるかもしれません。今回は妊娠中期以降の妊婦さんの訴えに多い「息苦しさ」について解説します。


【医師監修】妊娠中期のイライラ・苛立ちはどうして? 4つの対処法

【医師監修】妊娠中期のイライラ・苛立ちはどうして? 4つの対処法

お腹のふくらみがわかりやすくなり、胎動も感じ始める妊娠中期。赤ちゃんがいることを実感する日々を送りつつも、どうしてもイライラした気持ちが止められないときがあります。今回はそんな「妊娠中期のイライラ・苛立ち」について考えてみましょう。


【医師監修】妊娠中期のいや〜な胃もたれ、原因は? 予防策3つ

【医師監修】妊娠中期のいや〜な胃もたれ、原因は? 予防策3つ

つわりの症状は妊娠12~16週ごろには治まってくることが多く 、妊娠中期(妊娠14~27週)には「食べられる喜びをかみしめる」なんてことも。一方、妊娠中期に胃もたれで悩む人も少なくないようです。これはいったいどんな原因で起こっているのでしょうか。


【医師監修】妊娠中期、食事の栄養素で気をつけることは?

【医師監修】妊娠中期、食事の栄養素で気をつけることは?

妊娠中期に入ると徐々に「つわりの気持ち悪さが減ってきた」「食べられるようになった」と感じる人が多くなります。そうすると気になるのが食事内容ではないでしょうか。この記事では特に、「妊娠中期に気をつけたい食事の栄養素」について解説します。


【医師監修】妊娠中期の腹痛の原因は? タイプ別の対処法と受診の目安

【医師監修】妊娠中期の腹痛の原因は? タイプ別の対処法と受診の目安

妊娠中に腹痛を感じることは決して珍しいことではありません。しかし、中には気を付けたほうが良いものも。今回は妊娠中期に起こる腹痛の対処法と受診の目安を、痛みのタイプ別に紹介します。