着床出血に関する記事


【医師監修】着床出血の量が多いと危険? 注意が必要な出血とは?

【医師監修】着床出血の量が多いと危険? 注意が必要な出血とは?

妊活中、「着床出血が来た!」といったん喜んだけど、どうも量が多い……これって大丈夫? 着床はしているの? というか、もしかして生理……?? と心配している・迷っている女性のために、ここでは着床出血の特徴と、それ以外の出血原因、注意が必要な出血への対処法を解説します。


【医師監修】着床出血 | 量や色、痛み、症状などの疑問まとめ

【医師監修】着床出血 | 量や色、痛み、症状などの疑問まとめ

妊娠した時に起こることがあるという着床出血。生理や他の出血との見分けはつくのでしょうか。また、着床出血がある場合、ない場合で、何か違いはあるのでしょうか。今回は、着床出血について量などの具体的な症状や原因、特徴についてまとめました。


【医師監修】着床出血とは? 生理の症状との違いと妊娠の可能性

【医師監修】着床出血とは? 生理の症状との違いと妊娠の可能性

妊娠を心待ちにしている人は、着床したかどうか毎月気になることでしょう。もしかしたら、着床した時に出血が見られる「着床出血」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。これはどんなものなのでしょうか? 生理との違いや妊娠しているかどうかの見分け方についてお話します。


【医師監修】生理がこない or 遅れる!生理前の兆候と妊娠初期症状の違い

【医師監修】生理がこない or 遅れる!生理前の兆候と妊娠初期症状の違い

女性は妊娠すると生理が止まり、体内で大切な命を育みます。しかし生理が来ないからといって妊娠しているとは限りません。妊娠以外の心理的・身体的要因で生理が遅れることもあるからです。生理前の兆候と妊娠初期に起こる症状の違いを理解していきましょう。


【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?

【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?

妊娠したかどうかが気になって、待ちきれない……!! そんなとき、気になるのが「着床出血」があるかどうか。でも着床出血がある時期は、生理が起こるころでもあります。ここでは着床出血の量と特徴、生理と見分けるときのポイントについて紹介します。


【医師監修】生理並みの出血があったのに妊娠していたら。考えられる可能性は?

【医師監修】生理並みの出血があったのに妊娠していたら。考えられる可能性は?

妊娠の可能性があるとき、生理が来たら「妊娠しなかったんだな」と判断しますよね。でも、生理並みの出血があったにもかかわらず、実は妊娠していたということは起こりうるのでしょうか。そういった場合、どんな可能性が考えられるのか調べてみました。


【医師監修】着床出血はいつ来るの? 時期の目安をおしえて!

【医師監修】着床出血はいつ来るの? 時期の目安をおしえて!

「着床出血」とは、受精卵が子宮内膜に「着床」することで起こる出血のこと。「着床が起こる=妊娠が成立する」ということなので、妊娠を待ち望む人にとってはとても気になる現象です。ここでは、着床出血はいつ来るものなのか、またどんな特徴があるのかなどについて解説します。