【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?

【医師監修】着床出血で生理並みに出血することはあるの? 着床出血の特徴、生理との見分け方は?

妊娠したかどうかが気になって、待ちきれない……!! そんなとき、気になるのが「着床出血」があるかどうか。でも着床出血がある時期は、生理が起こるころでもあります。ここでは着床出血の量と特徴、生理と見分けるときのポイントについて紹介します。


着床出血で「生理並みに出血する」ことはある?

Getty logo

そもそも起こる時期がほとんど同じで、まぎらわしい「着床出血」と「生理」。着床出血で生理ほど出血することはあるのでしょうか。

着床出血は「軽い出血」

着床出血は、一般的に「出血」と聞いて想像するほどの量の血液は出ないとされています。ですから、たとえ着床出血があったとしても、生理並みに出血することはほとんどないと考えられます。

そもそも生理の出血量ってどのくらい?

ただし、生理の量はもともと人によってさまざま。生理期間中の出血量の合計は、正常範囲自体20~140mLと幅があり、多い人では少ない人の7倍も出血しています[*1]。

自分が生理でどのくらい出血しているのか、数字ではなかなかわかりづらいものですが、海外の研究では、ふつうの日用の生理用ナプキンに少しだけ経血が付いていた場合で1~2mL、半分ぐらいなら3mL前後、全体的に広がっていたら5mLぐらいとしているものがあります[*2](実際の量は、ナプキンの大きさや吸収力などによって異なります)。

話を戻すと、もともと生理の量が少ない人では着床出血を生理と勘違いすることもあるかもしれませんが、これは珍しいでしょう。着床出血で生理用ナプキンやタンポンが必要なほど出血することはあまりないようです。

着床出血なしに妊娠する人のほうが多い

着床出血をいまかいまかと待っている人に、もうひとつ知っておいて欲しいことがあります。それは「着床出血は必ずあるものではない」ということ。

むしろ、着床出血なしに妊娠する場合のほうが多いのです。着床出血があるのは、妊娠した女性のうち8~25% [*3]とされています。

着床出血と生理を見分ける方法は?

着床出血は普通、軽い出血であることを説明しましたが、そのほかの特徴などから生理と見分ける方法はあるのでしょうか。

着床出血の特徴まとめ

一般に、着床出血は以下のような特徴があるとされています[*3, 4]。

・生理開始予定日またはその数日前ごろから起こる
・「出血」というほどの量はなく、淡いピンクや茶色のおりもののようなものがトイレットペーパーや下着に少し着く程度
・生理の経血に混じるような血の塊はない
・着床出血がある期間は生理より短く、数時間~3日間程度

※個人差が大きいので、上記の特徴が必ずあるわけではありません

生理と見分ける方法

さきほど紹介した特徴があって、着床出血のような気がする場合、それを確かめる方法はあるのでしょうか。

妊娠検査薬を使ってみる

一番簡単なのは、妊娠検査薬を使ってみることです。陽性が出れば着床出血であった可能性が高いでしょう。ただし、妊娠検査薬は通常、生理開始予定日から1週間後以降の使用が推奨されています。それより早く使用すると、「実際は妊娠しているのに陰性と判定される(偽陰性)」の可能性があることに注意が必要です。くわしくは下記の記事を参照してください。

【医師監修】妊娠検査薬ってフライングで使ってもOK? 早く使える検査薬と注意点

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/7766

妊娠を待ち望む人にとって、妊娠の有無は一刻も早く知りたいもの。市販の妊娠検査薬をつい早めに使ってしまう……ということもあるでしょう。そもそも妊娠検査薬はフライングで使ってもよいものなのでしょうか? また、通常の妊娠検査薬より早く調べられる検査薬とはどんなものなのでしょうか? ここでくわしく紹介します。

基礎体温が変化したか確認する

以前から基礎体温を記録していた人なら、高温期が17日以上続いているかどうか確認することでも妊娠の可能性を推測できます。もし、高温期が続いているようなら、妊娠検査薬を使ってみましょう。

【医師監修】妊娠の可能性がある基礎体温表とは? 高温期の持続期間とグラフの特徴

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/80

基礎体温をつけていると妊娠の兆候を早めに知ることができます。高温期が17日以上続いていたら、妊娠の可能性が高いといわれるからです。妊娠の可能性がある基礎体温表についての知識と妊娠検査薬を使う時の注意をまとめました。

その他の方法はないの?

妊娠検査薬と基礎体温の確認以外に、妊娠の可能性があるかどうか、自宅で調べる方法は、残念ながらありません。妊娠すると、着床出血以外にも下記の記事にまとめたような症状のみられる場合はありますが、生理前に起こるPMS(月経前症候群)の症状と見分けのつかないものが多いので、あくまでもそんなことがあるかもしれない、くらいに考えてください。

【医師監修】妊娠初期を見分ける16の症状チェックリスト!兆候はいつから?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/67

この症状ってもしかして妊娠……? 月経が遅れたり、いつもと違う体調の変化が見られたりすると「妊娠したかも」と気になるところ。妊娠検査薬を使って調べる方法もありますが、時期が早すぎると判定が出ない場合もあります。早く知りたい人にとって、判断の目安となる妊娠初期の兆候について見ていきましょう。

妊娠の可能性をできるだけ確実に知りたいのなら、やはり適切な時期に妊娠検査薬を使ってみるのが一番です。陽性が出たら、産婦人科を受診して超音波検査で確定してもらうことを忘れないでくださいね。

まとめ

着床出血で生理並みに出血することはあるのかどうか、解説しました。生理の量は個人差もありますが、同じ人でもその時々で多い月、少ない月があったりもします。いつもよりかなり出血量が多い、腹痛がひどいなどの症状もある場合は、できるだけ早く医療機関を受診するようにしてください。着床出血でみられるような軽い出血の場合は、はやる気持ちを少し抑えてから、適切な時期に妊娠検査薬を使ってみましょう。

この記事の監修ドクター
窪 麻由美先生
Fika Ladies‘ Clinic フィーカレディースクリニック(東京都中央区日本橋)副院長。順天堂大学医学部附属浦安病院非常勤助教。東京女子医科大学卒業後、順天堂大学医学部附属順天堂医院、順天堂大学医学部附属静岡病院などを経て、2009年に順天堂大学大学院医学研究科を卒業、博士号を取得。医学博士、日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医、日本医師会認定健康スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター、日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医、女性のヘルスケアアドバイザー

(文:マイナビウーマン子育て編集部/監修:窪 麻由美先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1]病気がみえるvol.9婦人科・乳腺外科, p.26, メディックメディア, 2018 .
[*2]Magnay JL et al.: A systematic review of methods to measure menstrual blood loss, BMC Womens Health. 2018 Aug 22;18(1):142.
https://bmcwomenshealth.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12905-018-0627-8>
[*3]池ノ上克ほか「NEWエッセンシャル産科学・婦人科学」(医歯薬出版)p.327
[*4]American Pregnancy Association:What is Implantation Bleeding?
https://americanpregnancy.org/getting-pregnant/what-is-implantation-bleeding/>

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


最新の投稿


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のほうれん草はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

葉物野菜の定番、ほうれん草は離乳初期から取り入れられる食材です。今回は離乳食でも下処理のコツ(レンジ加熱OK? 塩茹でする?)などを解説します。初期・中期・後期、それぞれの時期の赤ちゃん喜ぶ離乳食レシピもお試しください。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。