産後はどうなる? 体型が変わった人と変わらない人の違いって?

産後はどうなる? 体型が変わった人と変わらない人の違いって?

女性の身体が大きく変わると言われている、出産。今回はママたちに、出産してから体型が変わったと感じたことがあるかどうか、聞いてみました。


Q.出産して、体型が変わりましたか?

変わった53.6% / 変わらない46.4%

出産してから体型が変わったという人は、過半数に上りました。出産してから太りやすくなったり、下半身やおなかに贅肉がついてしまって、洋服のサイズが変わったと答えた人もいました。一方で変わらないよう努力した人もいるようです。詳しく見ていきましょう。

出産して体型が変わったという人の意見

産後太りしてしまった

・腰の周辺はお肉が落ちないし全体的に贅肉が付き落ちない。体重も増し増し。(40歳以上/6歳以上/パート・アルバイト/食品・飲料)

・ありえないほど太ってしまった。ストレスでの過食など。(37歳/1歳児/その他/その他)

産後に太ってしまったという人が大多数。また出産時に皮膚が伸びてたるんでしまった、などといった回答もたくさんありました。

産後に体型が戻らない

・お腹が戻らなくなった。(34歳/1歳児/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・お腹や顔に付いた贅肉が落ちない(28歳/2歳時/正社員(一般事務)/医療・福祉)

産後に太ってしまったものの、育児に忙しくてダイエットにも取り組めず、痩せないといった回答が。また、骨盤が開いて戻らないので下半身が太ったという体型の変化についての声もありました。

バストの形の崩れ

・バストトップが確実に下がった。授乳のさだめとは言えやはりショックはある。(34歳/2歳時/自営業・フリーランス/その他)

・ぽっこりお腹。乳が小さくしぼんだ。(37歳/4歳児/主婦)

授乳が終わるとバストが下向きになった、貧弱になって戻らないという悩みもたくさん見受けられました。

出産後、体のトラブルがあったママは○% 知っておきたい変化とは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/776

出産後、まずはこれから始める育児に備えてしっかり体を休ませることが重要です。徐々に体調や体力も回復していきますが、なかには思わぬ体のトラブルに直面することも? どんな変化があるのか聞いてみました。

出産後も体型が変わらなかった人の意見

Lazy dummy

育児で体重が落ちた

・母乳で自然にダイエットになったのと、なるべくストレッチをするようにした。(40歳以上/6歳以上/正社員(総合職)/人材派遣・人材紹介)

・母乳育児をしていたら、妊娠前よりも体重が落ちたので、特に対策というものはない。(30歳/3歳児/主婦)

母乳育児で体重が落ちてしまった、何も努力をしなくても体重は減った、もともとやせていた、などといった回答が並びました。

もともと太らない努力をしていた

・妊娠中と出産後の体重管理をしっかりする。(35歳/6歳以上/パート・アルバイト/アパレル・繊維)

・妊娠時にあまり体重を増やしすぎないように、暴飲暴食しないように心がけていた。(24歳/0歳児/パート・アルバイト/ホテル・旅行・アミューズメント)

妊娠中から体重管理をしっかりしたり、出産後もバランスの良い食事をしたり間食を控えたりすることで、太らないよう努力をしていたという意見が目立ちました。

お金や時間をかけ努力している

・きちんとジムでダイエットしました。(25歳/1歳児/正社員(総合職)/運輸・倉庫)

・ジムやエステ等、お金と時間をかけて努力してるので(34歳/3歳児/正社員(一般事務)/自動車関連)

出産後、太ってしまった身体を元に戻すためにエステやジムなどに通う人も。お金や時間をかけて、努力しているようです。

出産後、何が変わった? ママたちが直面していること

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/802

子供の誕生は、感動的なもの。出産を経て、自分の考え方や価値観が変わったと感じる人はどのくらいいるのでしょうか? ママのみなさんに聞いてみました。

まとめ

出産して体型が変わった・変わらないという人は、ほぼ大差ありませんでした。体型が変わったと答えた多くの人が、産後太りがなおらない、下半身だけ贅肉が付きやすくなったといった意見がありました。一方で体型が変わらなかったという人は、妊娠中から太りすぎないように努力をしたり、出産後にダイエットをしたりと、しっかりコントロールしていたようです。個人差はありますので、あまり体型の変化は気にしすぎずに、育児に慣れて余裕ができてからケアを始めてみるのもいいかもしれません。


マイナビウーマン子育て調べ
調査日時:2016年11月30日~12月6日
調査人数:140人(22歳~40代までのプレママ・ママ)

(マイナビウーマン子育て編集部)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


2020年8月生まれベビーの名前は猛暑の影響で「夏」ネームが増加

2020年8月生まれベビーの名前は猛暑の影響で「夏」ネームが増加

ベビーカレンダーはこのほど、2020年8月生まれの子ども13,302名(女子:6,559名/男子:6,743名)を対象に「8月生まれベビーの名づけトレンド」に関する調査を行いました。


【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

【医師監修】産後の恥骨痛 | 痛みの原因と解消法 は?

「恥骨」は骨盤を構成する骨のひとつです。出産時は左右の恥骨のつなぎ目が開くため恥骨あたりが痛むのは普通ですが、これは通常あまり長引きません。産後、恥骨の周囲に痛みが続く場合は、どのように対処すればよいのでしょうか。


【医師監修】出産で痔になった時の対処法と6つのホームケア

【医師監修】出産で痔になった時の対処法と6つのホームケア

産後の悩みの1つとして話題にのぼることが少なくない「痔」のトラブル。先輩ママの中には「陣痛より、何より痔の痛みがつらかった」といった声も! その原因や症状と治療方法、ホームケアで気をつけるポイントについてまとめます。


【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

【助産師監修】ニップルシールド(乳頭保護器)って何? 授乳の乳首痛で使えるの?

「ニップルシールド(乳頭保護器)」は、母乳育児がうまくいかないときのお助けアイテムのひとつ。市販されていて誰でも購入できますが、使用にはいくつか注意点があります。特に痛みがあるときの使用については、よく確認した方がよさそうです。ニップルシールドの利点とリスク、使うときの注意点を紹介します。


コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビと通販サービス「Cake.jp(ケーキジェーピー)」は、『マタニティさんをお祝いするベビーシャワーケーキ』の販売を開始しています。


最新の投稿


【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

【妊娠5ヶ月】産後の生活をパートナーと話し合う、育児と仕事両立の情報収集も #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……?など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠5ヶ月編をお届けします。


離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

お家ではもちろん、外出先での食事にも便利な、離乳食用ハサミ。箸で切るよりも簡単に手早く食材が切れて、赤ちゃんを待たせません。この記事では、離乳食用ハサミの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。


涙の数だけ強くなれ! 働くママが体験した愛おしくもほろ苦い“おっぱい川柳

涙の数だけ強くなれ! 働くママが体験した愛おしくもほろ苦い“おっぱい川柳

待望の我が子が無事に生まれてきてくれて、ひと安心……と思いきや、ひと息つく間もなく育児に追われる日々。とくに初めての出産・育児における「授乳」は、働くママたちの悩みの種のひとつではないでしょうか? 今回は、職場復帰後の働くママたちが実際に経験した、愛おしき“おっぱいエピソード”を川柳形式で紹介します。


離乳食の中期(生後7ヶ月・8ヶ月ごろ)の進め方は?モグモグ期(離乳中期)の量とかたさ 【管理栄養士監修】

離乳食の中期(生後7ヶ月・8ヶ月ごろ)の進め方は?モグモグ期(離乳中期)の量とかたさ 【管理栄養士監修】

離乳食にもだいぶ慣れてくる離乳中期は、どんな食材を、どのように与えていけばいいのでしょうか? 調理のポイントや新しい食材の取り入れ方など、この時期の離乳食の進め方と注意点について専門家がお伝えします。


【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?

【医師監修】寝返り返りはいつできる? できない場合の練習は?

寝返りをした状態からあお向けに戻る「寝返り返り」はいつごろできるようになるのでしょうか? できない場合、何か問題はあるのでしょうか? 始まる時期の目安やできない場合、練習は必要なのかなどについて説明します。