【医師取材】産後の骨盤はどういう状態? 気をつけたい生活習慣とは

【医師取材】産後の骨盤はどういう状態? 気をつけたい生活習慣とは

妊娠・出産で大きく変化する骨盤。ママの体内では一体何が起こり、身体はどのような状態になるのでしょうか? 産前産後の骨盤の状態と、元に戻るメカニズム、気をつけるべき生活習慣について解説します。


そもそも骨盤とは?

Lazy dummy

骨盤とは医学的には「腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)を合わせた総称の寛骨(かんこつ)と仙骨(せんこつ)・尾骨(びこつ)からなる部分」と定義されています。ちなみに、骨盤内の関節としては仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節部分が可動域としてあるのみです。つまり、骨盤自体はそもそも可動性が低いため、骨盤の変形は妊娠や怪我などで外から強い力が加わるといった特殊な状況でない限りほとんど起こることはありません。

産後の骨盤の状態って?

妊娠中は、女性の骨盤腔内には胎児がいるため、骨盤腔内を広げようとレラキシン(リラキシン)というホルモンが出て、骨盤関節部の靭帯(じんたい)が緩くなります 。一方、産後はその必要がなくなるのでオキシトシンというホルモンにより緩くなった靭帯が数ヶ月かけて戻ろうとします。こうして、多くの人の骨盤が元の形に戻っていきますが、まれに出産を繰り返しているなどにより、元に戻りにくくなっている可能性はあります。しかし、それはあくまで妊娠・出産にあわせた変化であり「骨盤がゆがんでいる」というわけではありません。

出産後に歪みやすいわけではない!

日常会話やメディアなどで「産後は長時間の抱っこなど同じ姿勢が続くから、骨盤がゆがみやすい」などといった話を見聞きした人も少なくないはず。しかし実際は、骨盤自体が妊娠・出産で一時的に変化することはあっても、出産後に特に骨盤がゆがみやすいということはありません。「骨盤がゆがんでしまっている」と思っていることの多くは骨盤自体がゆがんでいるのではなく、骨盤周囲の関節部分に起因するもの。また、長時間抱っこする際に楽な姿勢をとろうとしてしまうため、姿勢が悪くなってしまった状態を「ゆがみ」としてとらえているのです。つまり、ゆがみと思っているものの正体は、普段の生活習慣・日常動作における姿勢やくせ、長時間の抱っこすることで一部の筋肉に疲労がたまり楽な姿勢をとろうとすることによるものなのです。これは、産前・産後というのはあまり関係ありません。出産で骨盤の形が一時的に変わることはあっても、はるかに普段の生活の動作による影響の方が大きいのです。

産後の骨盤矯正は本当に必要なの?

前述のように、出産後に一時的に広がった骨盤の回復はホルモンによってもとにもどっていきます。なので、骨盤矯正をしなくても自然に回復するのを待つだけでも十分かと思います。ただ、脚を組んだり、バッグを左右片方だけでずっと持ってしまったりと、日々の生活でくせのある姿勢や身体の使い方を続けていると、よく使われる部分や負担のかかる部分に疲労が溜まりやすくはなってしまっています。なので、出産をきっかけに日常的な体のくせや使い方を見直していくことはお勧めですよ。もし、産後の骨盤矯正やストレッチを行う場合は、無理をしない範囲で行ってくださいね。

まとめ

産後の骨盤はホルモンの関係で自然に戻るので、基本的にはそのままで問題ありません。腰痛やおしりの痛み、もともとの体のバランスが気になる方は、脚を組むのを止めてみたり、両方の手でバッグを持つようにしたりするなどを心がけてみてください。

この記事の取材先ドクター
整形外科・スポーツ医学・救急科、眞鍋憲正 先生
信州大学医学部卒業、安曇野赤十字病院整形外科・救急部を経て、信州大学大学院スポーツ医科学講座勤務。医師+(いしぷらす)所属。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.05.28)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【医師監修】産後の膀胱炎 | その原因と7つの対処法

【医師監修】産後の膀胱炎 | その原因と7つの対処法

トイレに行くたびに痛みがある……、それは膀胱炎かもしれません。産後は、膀胱炎になりやすいといわれます。それはどうしてでしょうか。また対策はあるのでしょうか。産後の膀胱炎の原因と対処法について解説します。


【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

【医師監修】産後におならが止まらない! 3つの原因と対処法

産後、なんだか「おなら」が多くなった気がする、ちょっとおなかに力を入れるだけで、出てしまう……そんな悩みはありませんか? 産後はおならが出やすくなるものなのでしょうか。また、対処方法はあるのでしょうか。産後のおならについて解説します。


【医師監修】産後のシミが消えない!すぐに実践できる3つの対処法

【医師監修】産後のシミが消えない!すぐに実践できる3つの対処法

産後、肌の調子が変わったと感じる人は少なくありません。シミが消えない、そばかすが増えたみたい、ということもそのひとつ。これはいったい何が原因で起こるのでしょうか。また、対処方法はあるのでしょうか。産後のシミ対策に必要なことを考えてみましょう。


【医師監修】産後のイライラ原因と対処法の3つのコツ

【医師監修】産後のイライラ原因と対処法の3つのコツ

産後、わけもなくイライラすることが増えると「これがマタニティブルーズか」と納得するママも多いかもしれません。はたして原因はそれだけでしょうか? どのような対処をすると穏やかになれるでしょうか? 産婦人科医に聞いてまとめます。


【医師監修】産後ママの体型対策で絶対やってはいけないNG3つ

【医師監修】産後ママの体型対策で絶対やってはいけないNG3つ

妊娠をきっかけに太ったり、産後、体重は戻ってもお腹周りなどがすっきりしないのが悩みのタネになることがあります。体型を戻すために、産後の今、やってはいけないことはなんでしょうか。産婦人科医のアドバイスをまとめます。


最新の投稿


【妊活〜妊娠中の食事と葉酸】先輩ママに聞く栄養の摂り方

【妊活〜妊娠中の食事と葉酸】先輩ママに聞く栄養の摂り方

妊活中や妊娠中に気になる、葉酸などの栄養摂取。どんな食べものから、どれくらい摂ったらいいのでしょうか? 今回は、先輩ママたちが心がけていたことや、リアルな声をまとめてみました。「これをやっておけばよかった」という本音もご紹介! 栄養摂取の基礎知識とともに、先輩ママたちの実体験エピソードを、ぜひ参考にしてみてくださいね。


【医師監修】妊娠初期に太る原因 | 体重増加を防ぐ3つのポイント

【医師監修】妊娠初期に太る原因 | 体重増加を防ぐ3つのポイント

妊娠初期は、つわりがひどくて体重が減ってしまったという人がいる一方、食欲が増して太ったという人もいます。妊娠初期に太るのは、どんなことが原因なのでしょう。対策や注意すべきポイント、体重増加の目安などを解説します。


【管理栄養士監修】つわりのレシピ8選 簡単すっきりメニュー

【管理栄養士監修】つわりのレシピ8選 簡単すっきりメニュー

つわりの時期、少しでも楽になれて、気持ち悪くならずに食べられるものはないか......と悩むものですよね。今回は母子栄養協会の川口由美子先生に、つわり中でも食べやすいおすすめレシピを教えていただきました! 簡単メニューでつわりを乗り越えていきましょう!


11月4日は、おしりたんていの誕生日!お祝い企画が盛りだくさん!

11月4日は、おしりたんていの誕生日!お祝い企画が盛りだくさん!

11月4日は「いい(11)おしり(04)の日」。この日に誕生日を迎えるおしりたんていの楽しい企画が発表されました。


【ミスタードーナツ】ポケットモンスターとの期間限定コラボドーナツを発売

【ミスタードーナツ】ポケットモンスターとの期間限定コラボドーナツを発売

ダスキンが運営するミスタードーナツがポケットモンスターとコラボレーション。“ミスドでポケモンといいことあるぞ”をテーマに、11月上旬より期間限定ドーナツなどの企画を順次展開します。