ママのための悩み解決サイト
【医師取材】産後の骨盤はどういう状態? 気をつけたい生活習慣とは

【医師取材】産後の骨盤はどういう状態? 気をつけたい生活習慣とは

妊娠・出産で大きく変化する骨盤。ママの体内では一体何が起こり、身体はどのような状態になるのでしょうか? 産前産後の骨盤の状態と、元に戻るメカニズム、気をつけるべき生活習慣について解説します。


この記事の取材先ドクター
整形外科・スポーツ医学・救急科、眞鍋憲正 先生
信州大学医学部卒業、安曇野赤十字病院整形外科・救急部を経て、信州大学大学院スポーツ医科学講座勤務。医師+(いしぷらす)所属。

そもそも骨盤とは?

Getty logo

骨盤とは医学的には「腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)を合わせた総称の寛骨(かんこつ)・仙骨(せんこつ)・尾骨(びこつ)からなる部分」と定義されています。ちなみに、骨盤内の関節としては仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節部分が可動域としてあるのみです。つまり、骨盤自体はそもそも可動性が低いため、骨盤の変形は妊娠や怪我などで外から強い力が加わるといった特殊な状況でない限りほとんど起こることはありません。

産後の骨盤の状態って?

妊娠中は、女性の骨盤腔内には胎児がいるため、骨盤腔内を広げようとレラキシン(リラキシン)というホルモンが出て、骨盤関節部の靭帯(じんたい)が緩くなります 。一方、産後はその必要がなくなるのでオキシトシンというホルモンにより緩くなった靭帯が数ヶ月かけて戻ろうとします。こうして、多くの人の骨盤が元の形に戻っていきますが、まれに出産を繰り返しているなどにより、元に戻りにくくなっている可能性はあります。しかし、それはあくまで妊娠・出産にあわせた変化であり「骨盤がゆがんでいる」というわけではありません。

出産後に歪みやすいわけではない!

日常会話やメディアなどで「産後は長時間の抱っこなど同じ姿勢が続くから、骨盤がゆがみやすい」などといった話を見聞きした人も少なくないはず。しかし実際は、骨盤自体が妊娠・出産で一時的に変化することはあっても、出産後に特に骨盤がゆがみやすいということはありません。「骨盤がゆがんでしまっている」と思っていることの多くは骨盤自体がゆがんでいるのではなく、骨盤周囲の関節部分に起因するもの。また、長時間抱っこする際に楽な姿勢をとろうとしてしまうため、姿勢が悪くなってしまった状態を「ゆがみ」としてとらえているのです。つまり、ゆがみと思っているものの正体は、普段の生活習慣・日常動作における姿勢やくせ、長時間の抱っこすることで一部の筋肉に疲労がたまり楽な姿勢をとろうとすることによるものなのです。これは、産前・産後というのはあまり関係ありません。出産で骨盤の形が一時的に変わることはあっても、はるかに普段の生活の動作による影響の方が大きいのです。

産後の骨盤矯正は本当に必要なの?

前述のように、出産後に一時的に広がった骨盤の回復はホルモンによってもとにもどっていきます。なので、骨盤矯正をしなくても自然に回復するのを待つだけでも十分かと思います。ただ、脚を組んだり、バッグを左右片方だけでずっと持ってしまったりと、日々の生活でくせのある姿勢や身体の使い方を続けていると、よく使われる部分や負担のかかる部分に疲労が溜まりやすくはなってしまっています。なので、出産をきっかけに日常的な体のくせや使い方を見直していくことはお勧めですよ。もし、産後の骨盤矯正やストレッチを行う場合は、無理をしない範囲で行ってくださいね。

まとめ

産後の骨盤はホルモンの関係で自然に戻るので、基本的にはそのままで問題ありません。腰痛やおしりの痛み、もともとの体のバランスが気になる方は、脚を組むのを止めてみたり、両方の手でバッグを持つようにしたりするなどを心がけてみてください。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.05.28)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【医師解説】産後の頑固な便秘!その原因って何? 対処法はあるの?

【医師解説】産後の頑固な便秘!その原因って何? 対処法はあるの?

産後、便秘になったというママも多いのではないでしょうか? 産後はホルモンバランスや生活の変化などによって、ママの身体は便秘になりやすくなります。そこで今回は産後の便秘について、原因と対処法を詳しく解説します。


最後の平成生まれ! 4月生まれベビーの人気名前ランキング

最後の平成生まれ! 4月生まれベビーの人気名前ランキング

ベビーカレンダーは、2019年4月生まれの赤ちゃん1万6,375名を対象に実施した『4月生まれベビーの名づけトレンド』に関する調査結果を発表しました。


【助産師解説】後陣痛はいつまで続く?経産婦はひどい?緩和方法は?

【助産師解説】後陣痛はいつまで続く?経産婦はひどい?緩和方法は?

分娩の際、激しい痛みを伴う陣痛。これで痛いのは終わり! ……と思ったら、「後陣痛」(こうじんつう)を体験しびっくりしたママも少なくないようです。出産後にママが経験する母体回復の過程のひとつである後陣痛について、今回はその原因や持続期間ほか、緩和方法などをお伝えしたます。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。


【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

【助産師解説】産褥期ってなに?産後の肥立ち?産褥期のママの心身と過ごし方

産後の女性にとって大変重要な時期である「産褥期」(さんじょくき)。ママの心身に様々な変化が生じますが、この時期の過ごし方には注意が必要です。今回は「産後の肥立ち(ひだち)」という言葉の意味も含め、産褥期について詳しくご紹介します。


最新の投稿


【医師監修】緑色(黄緑)っぽいおりものこれって病気? 迷ったときの対処方法

【医師監修】緑色(黄緑)っぽいおりものこれって病気? 迷ったときの対処方法

下着などについたおりものの色が、いつもと違っていたら気になります。そんな変化に気づけたのは、日頃から健康を心がけて生活している女性だからこそ。その気づきをむだにしないよう対処しましょう。この記事では、おりものが「普段より緑色(黄緑)っぽい?」と気づいたときの一般的な原因や対処方法をまとめました。


【医師監修】 妊娠超初期はおりものも変わる? 妊娠時に気をつけたいおりものの症状

【医師監修】 妊娠超初期はおりものも変わる? 妊娠時に気をつけたいおりものの症状

妊妊娠がわかると、体に起き始めたさまざまな変化に意識が向きます。特に妊娠初期(~13週)の頃は、体調や生活の大きな変化を感じる人も多いでしょう。また、妊娠初期の中でも生理予定日前などのごく早期を、俗に「妊娠超初期」と呼ぶこともあるようですが、この時期は体の些細な変化でも「これは妊娠の兆候?」と気になるものです。


【医師監修】 着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

【医師監修】 着床後はおりものが変化する? 妊娠の兆候とおりものの基礎知識

妊娠は女性の心身に劇的な変化をもたらすものなので、特に妊娠を望んでいるときなどはちょっとした変化もそれが妊娠の兆候かどうか、気になるかもしれません。 この記事では、一般的に受精卵が子宮に着床(ちゃくしょう)したとき、おりものが変化するのか、また「着床出血」と呼ばれる症状や、妊娠の兆候などについてご紹介します。


【漫画】4人目妊娠…どうしよう?ノープラン子沢山ママの道のり vol.1

【漫画】4人目妊娠…どうしよう?ノープラン子沢山ママの道のり vol.1

Nina'sで人気の漫画連載「4人育児はエンターテインメント うちのヒフミヨ! 」が、マイナビウーマン子育てでも第1回のみ、読めるようになりました。4人を育児中のMOTOKOさんが描く4コマ漫画は、笑いと癒やしでいっぱい。育児のほっと一息タイムにぜひ!


【医師解説】産後の頑固な便秘!その原因って何? 対処法はあるの?

【医師解説】産後の頑固な便秘!その原因って何? 対処法はあるの?

産後、便秘になったというママも多いのではないでしょうか? 産後はホルモンバランスや生活の変化などによって、ママの身体は便秘になりやすくなります。そこで今回は産後の便秘について、原因と対処法を詳しく解説します。