【医師取材】産後の骨盤はどういう状態? 気をつけたい生活習慣とは

【医師取材】産後の骨盤はどういう状態? 気をつけたい生活習慣とは

妊娠・出産で大きく変化する骨盤。ママの体内では一体何が起こり、身体はどのような状態になるのでしょうか? 産前産後の骨盤の状態と、元に戻るメカニズム、気をつけるべき生活習慣について解説します。


そもそも骨盤とは?

骨盤とは医学的には「腸骨(ちょうこつ)・恥骨(ちこつ)・坐骨(ざこつ)を合わせた総称の寛骨(かんこつ)と仙骨(せんこつ)・尾骨(びこつ)からなる部分」と定義されています。ちなみに、骨盤内の関節としては仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節部分が可動域としてあるのみです。つまり、骨盤自体はそもそも可動性が低いため、骨盤の変形は妊娠や怪我などで外から強い力が加わるといった特殊な状況でない限りほとんど起こることはありません。

産後の骨盤の状態って?

妊娠中は、女性の骨盤腔内には胎児がいるため、骨盤腔内を広げようとレラキシン(リラキシン)というホルモンが出て、骨盤関節部の靭帯(じんたい)が緩くなります 。一方、産後はその必要がなくなるのでオキシトシンというホルモンにより緩くなった靭帯が数ヶ月かけて戻ろうとします。こうして、多くの人の骨盤が元の形に戻っていきますが、まれに出産を繰り返しているなどにより、元に戻りにくくなっている可能性はあります。しかし、それはあくまで妊娠・出産にあわせた変化であり「骨盤がゆがんでいる」というわけではありません。

出産後に歪みやすいわけではない!

日常会話やメディアなどで「産後は長時間の抱っこなど同じ姿勢が続くから、骨盤がゆがみやすい」などといった話を見聞きした人も少なくないはず。しかし実際は、骨盤自体が妊娠・出産で一時的に変化することはあっても、出産後に特に骨盤がゆがみやすいということはありません。「骨盤がゆがんでしまっている」と思っていることの多くは骨盤自体がゆがんでいるのではなく、骨盤周囲の関節部分に起因するもの。また、長時間抱っこする際に楽な姿勢をとろうとしてしまうため、姿勢が悪くなってしまった状態を「ゆがみ」としてとらえているのです。つまり、ゆがみと思っているものの正体は、普段の生活習慣・日常動作における姿勢やくせ、長時間の抱っこすることで一部の筋肉に疲労がたまり楽な姿勢をとろうとすることによるものなのです。これは、産前・産後というのはあまり関係ありません。出産で骨盤の形が一時的に変わることはあっても、はるかに普段の生活の動作による影響の方が大きいのです。

産後の骨盤矯正は本当に必要なの?

前述のように、出産後に一時的に広がった骨盤の回復はホルモンによってもとにもどっていきます。なので、骨盤矯正をしなくても自然に回復するのを待つだけでも十分かと思います。ただ、脚を組んだり、バッグを左右片方だけでずっと持ってしまったりと、日々の生活でくせのある姿勢や身体の使い方を続けていると、よく使われる部分や負担のかかる部分に疲労が溜まりやすくはなってしまっています。なので、出産をきっかけに日常的な体のくせや使い方を見直していくことはお勧めですよ。もし、産後の骨盤矯正やストレッチを行う場合は、無理をしない範囲で行ってくださいね。

まとめ

産後の骨盤はホルモンの関係で自然に戻るので、基本的にはそのままで問題ありません。腰痛やおしりの痛み、もともとの体のバランスが気になる方は、脚を組むのを止めてみたり、両方の手でバッグを持つようにしたりするなどを心がけてみてください。

この記事の取材先ドクター
整形外科・スポーツ医学・救急科、眞鍋憲正 先生
信州大学医学部卒業、安曇野赤十字病院整形外科・救急部を経て、信州大学大学院スポーツ医科学講座勤務。医師+(いしぷらす)所属。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビ子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.05.28)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】「がんばろう!」と力が湧いてきた日『外科医が母になりました。』Vol.6(最終回)

【漫画】「がんばろう!」と力が湧いてきた日『外科医が母になりました。』Vol.6(最終回)

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【漫画】母親が赤ちゃんを怖がる理由。外科医のメスが遅くなる理由。『外科医が母になりました。』Vol.5

【漫画】母親が赤ちゃんを怖がる理由。外科医のメスが遅くなる理由。『外科医が母になりました。』Vol.5

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【漫画】1ヶ月健診で同期に再会! 思わず口をついて出た疑問『外科医が母になりました。』Vol.4

【漫画】1ヶ月健診で同期に再会! 思わず口をついて出た疑問『外科医が母になりました。』Vol.4

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【漫画】はじめての出産、退院後の眠れない夜。『外科医が母になりました。』Vol.3

【漫画】はじめての出産、退院後の眠れない夜。『外科医が母になりました。』Vol.3

はじめての赤ちゃん。かわいくてかわいくて、でも、それだけじゃなかった……! 外科医として働くミューさんの、はじめての出産、子育てを描く連載『外科医が母になりました。』。医師だからこそ感じることもあれば、ほかのママと同じように悩むこともあって……。


【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

【助産師監修】ディーマー(不快性射乳反射)とは?授乳の不快感の原因と対処法

授乳はママも赤ちゃんも幸せな気持ちになれるというイメージがありますが、中には反射によって授乳する時に不快感やつらい気持ちになるママもいます。ここでは、こうした気持ちの原因になる「不快性射乳反射」についてお話しします。


最新の投稿


【漫画】健診外の受診で知れた我が子の成長。でも夫は眉をひそめて……?『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.17

【漫画】健診外の受診で知れた我が子の成長。でも夫は眉をひそめて……?『新米ママは今日も心配のタネを抱えています!』Vol.17

元・強迫性障害の私が予期せぬ妊娠!? “心配のタネ”をお腹に抱えた新米ママ・わたしが送るマタニティライフとは? そして、妊娠をきっかけに生じた夫婦の溝はどうなる? 毎週水・土曜日の更新です。


押入れ収納を完全攻略! 片づけ初心者基本のノウハウ

押入れ収納を完全攻略! 片づけ初心者基本のノウハウ

押入れは使いこなすのが難しいスペースのひとつ。今回は、そんな押入れの中をどうゾーニングすると使い勝手がよくなるかのポイントと、収納のポイントについてご紹介いたします。


離乳食のトマト缶いつから?後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のトマト缶いつから?後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

スーパーなどで簡単に手に入り、保存もきくトマト缶は家庭で料理する際の強い味方ですね。そして離乳食でも大活躍しますよ。今回は赤ちゃんにトマト缶をあげるときの調理のコツやおいしいレシピなどをご紹介します。


【兄弟愛】僕は弟がそんなに好きじゃない、でも……

【兄弟愛】僕は弟がそんなに好きじゃない、でも……

Instagramで子育て漫画を発信される森野kumaさん。森野kumaさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【ヤバいこと聞いてしまった…】切羽詰まった表情の息子、一体何が?

【ヤバいこと聞いてしまった…】切羽詰まった表情の息子、一体何が?

Instagramで子育て漫画を発信される愛すべき宇宙人(男の子って宇宙人)さん。愛すべき宇宙人(男の子って宇宙人)さんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。