【医師監修】妊婦は虫歯になりやすい?妊娠中、虫歯や親知らずの治療はどうする?

【医師監修】妊婦は虫歯になりやすい?妊娠中、虫歯や親知らずの治療はどうする?

妊娠している間に虫歯が増えてしまったという先輩ママの声が少なくないようです。妊娠すると虫歯になりやすいのでしょうか? 虫歯の痛みは耐えがたいものであることが多いですが、治療が必要になった時、すぐに治療できるものでしょうか? 妊娠中の虫歯と治療についてまとめます。


この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

妊娠すると虫歯になりやすい?

Getty logo

経験談として「妊娠中に虫歯になった、増えた」というママの声があるように、妊娠は口や歯のトラブルを起こしやすい口腔環境になることがあるため、虫歯や歯周病になりやすいのは事実です。

詳細は後ほど解説しますが、歯周病が妊娠の経過や赤ちゃんへ悪い影響を及ぼすことがわかっているので、妊娠期間中は普段以上に虫歯や歯周病の予防ケアが大切なのです。

お口や歯のトラブルを起こしやすいのはなぜ?

妊娠中にお口や歯のトラブルを起こしやすい口腔環境になるのは、次のような原因からです[*1]。

女性ホルモンの影響などママの体の変化

妊娠を機に女性ホルモンが急激に増加することで、本来のホルモンバランスが崩れるなど、妊娠によって女性の体にはさまざまな変化が起きています。

その影響で病原菌に対する抵抗力はやや低下していて、歯周病原性細菌に感染しやすく、炎症・出血が起きやすくなっています。また、女性ホルモンが歯周病の原因となる細菌の増殖を促すということもトラブルのリスクとなります。

お口の自浄作用の低下

妊娠中は、妊娠していない時期より唾液の粘性が強く(ネバネバしている)なってしまいます。すると唾液が口の中をきれいにするはたらき(自浄作用)が低下してしまいます。

口腔ケアが不十分になる

つわりなどの影響で丁寧な歯磨きや歯垢除去、歯肉ケアを怠ってしまうという場合も多くなります。
また、食事の嗜好の変化やおう吐も、口内環境の悪化の一因となります。

妊娠中のお口のトラブルとリスクは?

妊娠中のお口のトラブルのリスクとして医学的根拠が明らかなのは、歯周病が早産、低体重児出産のリスクとなる可能性があるということです。

また、妊娠中に限らず歯周病は糖尿病や循環器疾患などのリスクを高めることがわかっていて[*2] 、妊娠糖尿病、妊娠高血圧腎症などのリスクである可能性も示されています[*3] 。

いつ歯科で治療を受ける?

Getty logo

妊娠・授乳中も歯科治療はいつでも受けられます[*1]。

また、歯科で行われるレントゲンや局所麻酔はママと赤ちゃんの安全に配慮して行われますから、安心して受けられます。虫歯が痛む時などは我慢せず歯科にかかり、妊娠している旨を告げて治療を受けましょう。お口や歯のトラブルの程度によって、次のようなスケジュールで受診するのもいいかもしれません。

お口や歯のトラブルを感じていない場合

現在、特にお口や歯のトラブルを感じていないなら、つわりがおさまる4~5ヶ月頃[*4] に歯科健診を受けます。つわりの期間に無理は禁物で、トラブルがないなら急ぐことはありません。ただし体調がよければ妊娠初期に歯科健診を受けるのもOKです。

歯科健診でトラブルが見つかったら歯科医と相談し、治療計画を立てます。体調が安定していて、歯科治療中にとる体勢の負担も比較的少ない妊娠中期に必要な歯科治療を済ませるなど、体調に無理のない計画を立てましょう。

妊娠した時点で虫歯や歯周病があった場合、治療中の場合

産科医・歯科医と相談し、必要な治療の程度により今後の治療計画を立てます。たとえば「軽度の虫歯なので妊娠中期に入ってから治療する」「出血を伴う抜歯は経過観察し、産後まで延期する」といった具合で、体調に無理のない計画を。

産後になってから治療を受ける際は、赤ちゃんとの生活が始まっていることも考慮し、赤ちゃんを一時的に預けることができる体制などについても考えておく必要がありますね。

「歯科では、つわりなどで消化器症状があるときにも行いやすい歯の磨き方や口腔ケア法を教えてもらいましょう。後期にも消化器症状が出る時期があるので役立ちます。産科ではなかなか受けられにくいアドバイスなので、ぜひ!」(松峯先生)

妊婦が歯科治療を受けるのときの注意点

歯科で治療を受ける時には次のことに気をつけてください。

・歯科治療に当たっては母子健康手帳を提示すること。また、産婦人科医から注意を受けていることがあれば、必ず歯科医師に伝えましょう。
・できるだけ楽な姿勢で治療を受け、体調や気分が悪くなった時は遠慮なく申し出ましょう。

健康なお口・歯を維持していこう

Getty logo

口腔ケアの習慣は親から子に伝わるので、ママ(パパも!)の意識や習慣がとても大切だと考えられています。歯科健診&ケアを受け、お口や歯のトラブルを改善したら、健やかさを保ちましょう。

「虫歯予防になるキシリトールガムを噛む、歯磨きの際にアルコールフリーのマウスウォッシュを併用するのもいいとアドバイスしています。ただし、キシリトールは摂りすぎると下痢をすることがあるので、摂取しすぎには注意してくださいね」(松峯先生)

まとめ

妊娠と虫歯に直接的な因果関係はないということですが、妊娠中は口腔環境が悪化しやすく、お口や歯のトラブルを起こしやすいとは言えるようです。そして歯周病が妊娠経過に影響を及ぼすリスクも示されているので、トラブルを感じていない場合にも、歯科健診を受けましょう。母子手帳にも「妊娠中と産後の歯の状態」という項があり、歯科健診が推奨されているので確認してみてください!

(文・構成:下平貴子、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
[*1] 産婦人科診療ガイドライン―産科編, p329,日本産科婦人科学会, 2017.
[*2] 国立国際医療研究センター 糖尿病情報センター 歯周病と糖尿病の深い関係
http://dmic.ncgm.go.jp/general/about-dm/070/040/01.html
国立循環器病研究センター 循環器病情報サービス 歯周病と循環器病
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph105.html
[*3] 歯周病と産婦人科疾患の関連性 最近の研究動向について 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科歯周病学分野 中村梢,立石ふみ,中村利明,野口和行,2012.
https://www.jstage.jst.go.jp/article/perio/54/1/54_5/_pdf

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

妊娠中のお悩み肌&赤ちゃんにも使える「薬用モイストホワイトニングクリーム」が登場

0歳からの赤ちゃんとママが一緒に使えるスキンケアブランド『MEDIBABY(メディベビー) 』から、「薬用モイストホワイトニングクリーム」、「薬用保湿ローション」、「薬用保湿ミルクジェル大容量」が、6月29日より発売されます。 


【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

ビーボは、現在妊娠中の女性を対象に「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査を実施しました。


コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビ×「Cake.jp」のベビーシャワーケーキがかわいい! 妊婦も食べられる安心素材

コンビと通販サービス「Cake.jp(ケーキジェーピー)」は、『マタニティさんをお祝いするベビーシャワーケーキ』の販売を開始しています。


クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランス、妊娠中の肌にうるおい&しなやかに整える“ボディクリーム”が登場

クラランスから、妊娠中にダメージを受けやすい肌を、よりやわらかくしなやかに整えるボディ用マッサージクリーム「ボディパートナー」が、4月中旬より発売されています。


【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

【医師監修】着床後は何が起こるの? 着床によって起こることと妊娠の進み方

妊娠したい場合、排卵のころに合わせてセックスをしたら、その後気になるのが「着床」したかどうか。排卵、受精、着床という流れはよく注目されますが、「着床の後」には何が起こるのでしょうか。ここでは無事、着床したら赤ちゃんはその後どのように育っていくのか、あらましを紹介します。


最新の投稿


【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

【助産師解説】新生児からOK! 縦抱き授乳のやり方 メリットって?

授乳というと横抱きのイメージですが、縦抱きでも授乳はできます。でも、生まれたばかりの赤ちゃんはとても小さくて柔らか。首も腰も据わらずふにゃふにゃしているので、抱っこをするのにもドキドキしてしまいますね。そんな月齢が低い赤ちゃんでも縦抱きで授乳しても大丈夫なのか、どんな場合に向いているかなどを解説します。


【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

【助産師解説】胎動が激しいのはおかしい?赤ちゃんの変化と受診のポイント

胎動の激しさと赤ちゃんの発達・発育には関係があるのでしょうか?赤ちゃんの動きが激しいことで悩むママに向けて、助産師が詳しく解説します。胎動に関する注意点や、赤ちゃんの変化にいち早く気づく方法についてもチェック!


【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

【助産師解説】新生児のゆるゆるうんちは下痢?回数・色・状態は?

新生児のうんちは、大人とはかなり違うんです。少々緑がかっていても、下痢かと思うほどゆるゆるでも、多くの場合は心配なし! ではどんなときが心配? 健康のバロメーターでもある赤ちゃんのうんち、どこをチェックすればよいか、助産師さんが解説します。


【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

【助産師解説】胎動が痛い! 赤ちゃんの動きが激しい時の対処法

胎動による痛みが強いときの対処法や生活の工夫について、助産師が解説します。胎動が激しくて痛すぎる!というママはぜひチェックを。痛いくらい激しいのは問題あり?という疑問にもお答えします。


【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

【助産師解説】産後の生理っていつから?授乳中は生理が来ない?

産後のママの体の変化のひとつが「生理(月経)の再開」です。妊娠を機におよそ40週の間ストップしていた生理は、産後しばらくしてまたスタートします。今回は「産後の生理はいつ再開するの?」「授乳中はずっと生理がこないの?」などの疑問に答えるほか、産後の性生活に関するアドバイスや注意もお伝えします。