【医師監修】妊娠時の基礎体温はどうなる? 妊娠の兆候が見られるパターンとは

【医師監修】妊娠時の基礎体温はどうなる? 妊娠の兆候が見られるパターンとは

基礎体温は体調を知るひとつのバロメーターであり、身体の変化に気づくサインでもあります。妊娠した場合、基礎体温にはどのような変化があるのでしょうか。また、基礎体温で流産の兆候などを知ることはできるのでしょうか。妊娠に関する基礎体温変化についてお伝えします。


一般的な妊娠時の基礎体温パターンとは

Getty logo

※画像はイメージです

妊娠すると、基礎体温はどのようなグラフになるのでしょうか。通常の基礎体温パターンをおさらいしたうえで、妊娠の可能性がある基礎体温グラフについてお伝えします。

通常の基礎体温グラフ

成人女性の基礎体温は、通常、低温相と高温相の2つに分かれます。28日周期の場合は、低温相が12~18日間、高温相が11~16日間持続するとされています。この低温相と高温相の境目に排卵が起こります。

排卵が起こると、卵子が飛び出た後に残った卵胞は黄体という状態に変化し、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌します。この黄体ホルモンには体温を上昇させる作用があるため、排卵後は体温が上昇して高温相になるというわけです。妊娠が成立しないと、黄体はおよそ2週間でしぼんでいきます。すると、黄体ホルモンの分泌がなくなるため体温はもとの低温に戻り、子宮内膜がはがれて月経が起こります。

基礎体温が正常かどうかのチェックポイントとしては、低温相と高温相の差が0.3℃以上、高温相の持続期間が10日以上、高温相に落ち込みがないこと、低温相から高温相へ3日以内に移行していること、この4つが挙げられます。

妊娠の可能性がある基礎体温パターン

妊娠が成立すると、黄体は妊娠黄体として黄体ホルモンを分泌し続けるので、体温は下がりません。一般的に、高温相が17日以上続く場合は妊娠が疑われます。

人によっては、妊娠が成立した場合でもまれに生理予定日頃に少量の出血が見られることがあり、これを一般的に「月経様出血」と言います。生理時より量が少なく、出血期間も1~3日と短いことがほとんどといわれますが、中には生理時と同じくらい出る人もいるようです。生理かどうか判断できないときは、基礎体温をチェックしてみましょう。出血が見られたときの前後で体温が下がっていれば生理であり、高温が続いている場合は妊娠による出血の可能性があります。この場合は、適切なタイミングで妊娠検査薬を使いましょう。そして、産婦人科で診てもらうようにしましょう。

【医師監修】受精時に症状はある? 妊娠の兆候が出始める時期はいつ?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1092

妊娠を心待ちにしている方にとって、生理(月経)予定日前後は期待と不安でいっぱいの時期かと思われます。一般的に、妊娠は生理の遅れで気づくことが多いようですが、その他の妊娠の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。受精時の症状の有無など、さまざまな妊娠の兆候についてお伝えします。

妊娠中の基礎体温は一般的にどうなっている?

妊娠すると黄体ホルモンの分泌によって高温相が続きますが、一般的に胎盤が完成する時期とされる妊娠12~16週(妊娠4、5ヶ月ごろ)を過ぎると少し下がる傾向にあります。ただ、体温が下がる時期には個人差があるので、これより前に下がる人もいれば、もう少し高温が続く人もいます。

妊娠初期に基礎体温が下がったら流産の兆候?

高温相になるとされる妊娠初期に基礎体温が下がると、もしかして流産の兆候なのでは……と不安になるかもしれません。でも、基礎体温の上下と流産・早産はイコールではありません。きれいな高温相になっていても流産することがありますし、逆に多少ジグザグしていても経過が良好な場合もあります。そのため、胎嚢(胎児が入っている袋)が見えた後(およそ妊娠5~6週以降)は、妊娠中に基礎体温をつける意味はあまりないとする医師もいます。妊婦健診で異常がなく、赤ちゃんが元気に育っているようであれば基礎体温はあまり気にする必要はないでしょう。

基礎体温にまつわる不安・疑問

妊娠に関すること以外にも、基礎体温について疑問や不安に思うことがあると思います。そこで、ここからは基礎体温について多く聞かれる疑問について見ていきましょう。

低温と高温の差があまりないのは問題?

通常、低温相と高温相には0.3~0.5℃の差が出ます。この差が0.3℃を下回る場合、高温相が10日未満の場合は、黄体機能不全が疑われます。一度産婦人科で検査してもらいましょう。

また、個人差があるので一概には言えませんが、一般的に高温相は36.7℃前後になることが多いとされます。高温相でも36℃台前半で、低温相には35℃台にまで体温が下がるという場合は、基礎体温がもともと低いのかもしれません。基礎体温が低いのは、睡眠不足や栄養バランスの偏り、ストレスなど、身体に何かしらの不調がある影響も考えられます。低温と高温の差に問題はないけど体温が平均的に低いという場合は、一度自分の生活を見直してみることをおすすめします。

生活リズムが不規則でも基礎体温はつけられる?

基礎体温はできれば毎朝同じ時間帯に測るのが理想的ですが、仕事の都合などで生活が不規則になる方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は測る時間が多少違ってもいいので、毎朝起床直後に測るようにしてください。測る時間が3時間以上ずれると誤差が出るともいわれますが、大切なのは基礎体温がしっかり高温相と低温相に分かれているか、いつから高温相に入ったのかを知ることで、日々のちょっとした体温の誤差はあまり問題ではありません。ほぼ一定の時間に測れるけどたまに時間がずれるという場合は、いつもと違う日はグラフにメモを残しておくといいでしょう。後々見たときに変化の理由がわかりやすいです。

ワキで測ったら正確ではない?

ワキで測ることが絶対にいけないわけではありませんが、基礎体温は口内で測ることが推奨されています。これは、口腔粘膜の中は温度の変動が起こりにくく、より正確に測ることができるためです。ワキは口内に比べると外気温に左右されやすいので、正しく測れない可能性があります。また、計測には一般の体温計ではなく、専用に作られた婦人用の電子体温計を使いましょう。わずかな体温の差にも対応できるよう、一般のものより精度が高くなっています。

まとめ

排卵後は黄体ホルモンが多く分泌される影響から、体温は0.3~0.5℃ほど上昇します。そのため、排卵が正常に起こっていれば基礎体温は低温相と高温相になります。一般的に、高温相が17日以上続けば妊娠の可能性が高くなります。適切なタイミングで妊娠検査薬を使って確認しましょう。妊娠中の基礎体温変化はあまり気にする必要はないでしょう。妊娠時以外にも、基礎体温は体調変化を知るひとつのバロメーターになります。できればこまめにつけてチェックすることをおすすめします。

この記事の監修ドクター
産婦人科専門医 中林稔 先生
日本医科大学卒業、虎の門病院医長を経て、現在三楽病院産婦人科部長。 診療のみならず、学会・各地講演をはじめとする医学の普及活動を行う傍ら、教育にも幅広く従事しており、2008年には中林助産師学院を共同設立。自ら講師を務め、6年間連続助産師国家試験合格率100%を達成中。医師+(いしぷらす)所属

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.27)

※記事の修正を行いました(2019.06.07)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


 こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

こだわり満載! ママ向け夏用・子ども用はらまきが、期間限定で実店舗にて販売

オーガニックコットン衣料ブランド「プラスニド」から、夏用はらまき「あなたになじむなつのはらまき」と、子ども用「ママがたすかるキッズはらまき」が、期間限定で実店舗にて販売されます。


【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

【新型コロナウイルス】妊婦さんにはどんな変化があった? 今抱える悩みや不安とは

ビーボは、現在妊娠中の女性を対象に「妊娠初期の悩みや不安」に関する調査を実施しました。


【医師監修】50歳での妊娠は可能?  妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

【医師監修】50歳での妊娠は可能? 妊娠できる年齢と高齢出産のリスク

晩婚化が進み、40代後半に出産する女性もそれほど珍しくなくなってきました。しかし50歳以上となるとまだまだ稀。加齢とともに妊娠することは難しくなり、また妊娠期間中や出産によるリスクも低くありません。ここでは50歳以降の妊娠・出産の可能性について詳しく解説していきます。


【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

【医師監修】「想像妊娠」って本当にあるの? 妊娠との見分け方と対処法

実際には妊娠していないのに生理が止まる、つわりのような症状が出るといった、妊娠時と似た変化が身体に生じる「想像妊娠」。ドラマや映画の世界ならともかく、現実でも本当に起こりうる現象なのでしょうか。また、想像妊娠と本当の妊娠を見分けるにはどうすれば良いのでしょうか。


【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

【医師監修】排卵日は予測できる? 排卵日を知る主な4つの方法

妊活でタイミングを計りたいとき、いつ排卵をするのか、排卵日がいつなのかを知ることがポイントになります。排卵の機会は限られているので、できるだけ正確に予測したいですね。ここでは排卵日の予測について主な4つの方法を紹介します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。