【助産師解説】新生児微笑ってなに?赤ちゃんの笑顔の段階と見られる時期

【助産師解説】新生児微笑ってなに?赤ちゃんの笑顔の段階と見られる時期

新生児微笑とはどういったもので、なぜ見られるのかについて助産師が解説します。新生児微笑が起こる時期から、人に対して笑いかける社会的微笑が出てくるまでの過程もお伝えしています。


新生児微笑はいつからいつまで見られる?

Lazy dummy

先輩ママの中には新生児微笑が見られたという方もいれば、見たことがないという方もいます。この新生児微笑とは医学的にはどういうもので、いつ、どのようなときに見られることがあるのでしょうか?ここからは赤ちゃんの微笑みについて助産師が詳しく解説します。

新生児微笑とは

新生児期には、寝入りばなや寝ている間に、ほんの1~2秒ほどですが赤ちゃんが目を閉じたままにっこりすることがあります。これが、「天使の微笑」や「えな笑い」とも呼ばれる新生児微笑(生理的微笑)というものです。

新生児微笑は、おもしろいことや嬉しいことなど外的な刺激を受けて笑っているわけではなく、反射的に起こる、この時期特有の生理的な笑いといわれています。不随意運動(自分の意志とは関係なく体が動くこと)なので、いわゆる「微笑み」ではないという意見もありますが、授乳後、気持ちよく眠っている場合などに起こりやすいことから、やはり心地よさや満足感の表現だろうと考える専門家もいます。また、レム睡眠のときに微笑が見られることが多いことから、もしかしたら夢を見て笑っているのかも? という考えもあるようです。レム睡眠は身体は眠っているのに脳だけは働いている状態なので、この間は口をもぐもぐさせたり、手足がぴくっと動くこともあります。このような一連の動きとともに、新生児期には微笑が見られることもあるというわけですね。

このように、現象に対する要因はまだはっきりしたことがわかっていませんが、いずれにしろ外部から与えられた刺激に対する反応ではないことは確かなことから、内因性微笑とも呼ばれています。

【助産師解説】モロー反射ってなに?動きや時期、発生パターン、てんかんとの違い

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/3514

赤ちゃんが急にびくっとするモロー反射。これはなぜ起こり、発達への問題はないのかと心配するママも多いでしょう。発生パターンや原因、てんかんとの違いについて助産師が解説します。先輩ママの体験談もチェック!

新生児微笑が見られる時期は?

新生児微笑は生後間もない頃から見られます。

そして、生後2ヶ月頃になると、新生児微笑はほとんど見られなくなってしまいます。生理的な微笑みはなくなりますが、この頃からは抱っこやあやしといった外からの刺激に対して反応する「社会的微笑」が出てくるようになります。

社会的微笑が出てくる時期と笑いの段階

Lazy dummy

新生児微笑は生後6週間~2ヶ月頃見られなくなってきますが、その後は外からの刺激に対する反応としての微笑みが出てきます。この、社会的微笑が出始める一般的な時期と、成長のステップについてお伝えします。

社会的微笑が始まるのは生後2ヶ月頃

生後2ヶ月頃になると新生児微笑がなくなり、それとともにママなど、人の顔を見てにっこり笑う「社会的微笑」が見られ始めるようになります。親子の絆が目に見える形となったようで嬉しいかぎりですが、残念ながらこの頃の笑顔は人形や写真などを見ても起こる「普遍的微笑」と呼ばれるもので、ママだから笑いかけているというわけではないんですね。

こう言われるとがっかりしてしまうかもしれませんが、これは成長過程として当たり前のステップです。顔や表情というものをある程度認識できるようになってきて、それに対する反応が出てくるようになったということは、発達における重要なステップのひとつです。

生後4ヶ月頃になると、微笑に変化が

この頃になると、視覚と聴覚、触覚などの各機能が連携をはじめます。音がする方を探して見つけたり、気になるものに手をのばすようになることも。首がしっかりすわって縦抱きも楽になるので、より多くの動きができるようになり、視野にも変化が出てきます。

このような過程で、ママなどの顔をじっと見て、静かににっこり笑うという、普遍的微笑とは明らかに違った微笑みに気づくことが多くなるでしょう。“何かの顔”といった漠然としたものに対する微笑ではなく、ある特定の人に対する微笑に変化したということですね。

人に対する微笑みが見られ始めると、あやしたり、話しかけたり、歌いかけたりすることに反応して、声をたてて笑うことも多くなってきます。

まとめ

Lazy dummy

新生児微笑は、生後間もない頃から2ヶ月頃までに見られる生理的な現象です。寝入りばなや寝ている間に見られることが多いですね。ほんの1~2秒という一瞬のことなので、一度も見られずに成長してしまうこともあるでしょう。生後2ヶ月頃からは、外の刺激に対する「社会的微笑」が現れ始めます。最初は人形や絵を見ても笑う普遍的な微笑みですが、月齢が進むにつれてはっきりと人に向ける笑顔が出てくるように。笑顔ひとつにも成長があることを知ると、その段階を楽しい気持ちで見守ることができますね。

この記事の解説助産師
佐藤 裕子先生
日本赤十字社助産師学校卒業後、大学病院の総合周産期母子医療センターで10年勤務。現在は助産院マタニティハウスSATOにて、妊娠から出産、産後のトータルケアを担っています。「日々ママや赤ちゃんに寄り添い、笑顔になってくれるのが何よりのやりがいです 」

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修・解説:佐藤裕子先生)

※画像はイメージです

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、助産師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 家事スキルの低い夫も教育して、 次なる戦いは……そう、保活! 子をもつ主婦の就活のリアルを描きます。


【漫画】子どものお手伝いが戦力に……と思ったら!?『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.9

【漫画】子どものお手伝いが戦力に……と思ったら!?『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.9

子どもがお手伝いを申し出てくれて……感動! と、なかなかうまくはいかないのが現実で……子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

【漫画】子どもの寝起き、悪いのは平日限定という不思議『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.8

子どものかわいい寝顔は天使のよう♪ なーんて、平日の朝には言っていられませんよね! ところが週末は……子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

【漫画】強迫性障害の父が怖くてイヤだった……過去の記憶『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』Vol.8

3人の子のママであるわたしの、毎晩のローテーション。子どもたちが寝室に入る前に、床にはいつくばってベッドの下を確認、クローゼットを開けてまた確認……。強迫性障害を抱えながらの子育てを描くコミックエッセイ連載『今日もはいつくばっています!~ママは強迫性障害~』。父もまた強迫性障害で、それが嫌だったのに……。


最新の投稿


離乳食の桃はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の桃はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

やさしい味わいと甘い香りで人気の高い桃ですが、赤ちゃんはいつごろから食べられるのでしょうか。離乳食に詳しい管理栄養士が、桃を使う際の注意点などを解説します。魚や肉を使った桃の離乳食レシピもご紹介しますので、一度試してみてくださいね。


離乳食のぶどうはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のぶどうはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

甘酸っぱくて、香りが良くて、年代問わずファンの多いぶどうですが、赤ちゃんはいつごろから食べられるのでしょうか。窒息を防ぐためのぶどうの切り方や、「レーズンはOK?」「皮はどこまでむく?」などよくある離乳食のぶどうについての疑問などと併せて解説します。記事の最後で紹介するぶどうの離乳食レシピもチェックしてくださいね!


離乳食の柿はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の柿はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

秋になると店先でよく見かける柿は、いつごろから赤ちゃんでも食べられるのでしょうか。柿の開始時期目安とともに「干し柿はOK?」「柿は冷凍保存できるの?」など、離乳食で柿を取り入れる際の疑問にお答えします。離乳食の柿レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


離乳食のスイカはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のスイカはいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

夏の風物詩とも言えるスイカですが、赤ちゃんはいつごろから食べられるのでしょうか。今回は離乳食でのスイカの下処理のコツや加熱の必要性などについて解説します。スイカの離乳食レシピもご紹介しますので、ぜひ家族でおいしいスイカを楽しんでくださいね。


離乳食の梨はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の梨はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

独特の歯ごたえとみずみずしさが魅力の梨ですが、赤ちゃんにはいつから食べさせていいものでしょうか。離乳食での梨の開始時期目安とともに、保存方法や選び方、そして梨の離乳食レシピをご紹介します。