【医師監修】赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔を引き出すコツ

【医師監修】赤ちゃんが笑うのはいつから?笑顔を引き出すコツ

赤ちゃんの笑いの段階と笑顔を引き出すコツについて、医師が解説します。いつになったら笑顔が見られる? なかなか笑わない……と心配されるときの考え方と対応についてもお伝えしています。


赤ちゃんはいつから笑うの?笑顔の段階と発達過程

Getty logo

赤ちゃんの笑顔は、ママやパパにとって何にも代えられない喜びですよね。その天使の笑顔は、いったいいつ頃から見られるようになるのでしょうか?赤ちゃんが笑い始める時期と、その過程について見ていきましょう。

赤ちゃんに初めに現れる笑いは「新生児微笑」

Getty logo

赤ちゃんの笑顔は、実は新生児期からすでに見られることがあります。寝入りばなや寝ている間、ほんの1~2秒間目を閉じたままにっこりすることがあるのですが、これが赤ちゃんに初めて見られる笑顔のようなもので、新生児微笑(生理的微笑)と呼ばれます。一般的には、「天使の微笑」や「えな笑い」と呼ばれることもあります。

ただ、新生児微笑は反射的に起こる生理的な笑いで、面白いことや嬉しいことなど、外的な刺激を受けて引き出される笑顔とは違います。新生児微笑が現れるはっきりとした理由はわかっていませんが、授乳後、気持ちよく眠っている場合などに起こりやすいことから、心地よさや満足感の表現だろうと考える専門家もいます。また、顔の筋肉のけいれんで微笑みとは無関係という意見もありますが、いずれにしろ外部から与えられた刺激に対する反応ではありません。

新生児微笑が現れるのは寝ている間のほんの一瞬なので、中には一度も見られなかったというママもいます。もちろん、現れ方にも個人差があるので、見られないからといって心配することはありません。見られたらラッキーくらいに考えるといいでしょう。

生後2ヶ月頃からは「社会的微笑」が見られるように

新生児微笑は生後間もない頃から出てくるようになり、2ヶ月前後になるとほとんど消えてしまいます。そして、新生児微笑がなくなるとともに、この頃からは人の顔を見てにっこり笑う「社会的微笑」が見られるようになってきます。生理的な微笑とは異なる、外的刺激を受けての笑いが見られ始めるということですね。

ただ、この頃の笑顔は、まだ人形や写真などを見ても起こるもので、「ママ・パパだから笑う」といった深い意味合いはありません。人、ぬいぐるみなどに関わらず、顔と見られるものに対しては何にでも笑いかける可能性があるということです。

成長過程の中で、赤ちゃんはママなどの顔をじっと見てにっこり笑うようになったり、あやす、話しかける、歌いかけることに反応して声をたてて笑うことも多くなってきます。普遍的な微笑から人に対する微笑へと、笑いが深い感情をともなうものに変化していくというわけです。

スキンシップや一緒に遊ぶことで、赤ちゃんは楽しい・嬉しいという感情を持って笑うことが多くなってきます。ママやパパがたくさん笑いかけ、話したり歌ったりするようにすると、赤ちゃんの笑顔や笑いが見られやすくなるでしょう。

あまり笑わないけど大丈夫?

Getty logo

では、生後2~3ヶ月を過ぎてもなかなか笑顔が見られない、笑う頻度が少ない……という場合は、何か問題があるのでしょうか? ここからは、笑わない赤ちゃんへの対応と考え方についてお伝えします。

笑う時期や頻度には個人差がある

一般的には生後2ヶ月頃から社会的微笑が現われ、3~4ヶ月頃には嬉しい・楽しいという感情からの笑いが見られ始めるようになるとされますが、その時期や頻度には個人差があるのも事実です。他の子と違ってなかなか笑わない、笑うことが少ないという場合も、それはその子なりの成長スピードで、大きな問題ではないことがほとんどです。

なお、人見知りが始まりやすい生後6ヶ月頃になると、知らない人が近くにいると表情が固まってあまり笑顔が見られなくなることも珍しくありません。この頃になると、あまり人見知りをしない子と人見知りが激しい子で笑う頻度に差が出てくることもよくあること。笑わないことも一つの個性ととらえ、心配しすぎないようにしましょう。

どうしても気になるときは専門家に相談を

とはいえ、子供の発達はとても心配なものです。あやしても反応がないなど、気になる様子が見られるときは、ひとりで悩まず、かかりつけの小児科などで相談してみるといいでしょう。

まとめ

赤ちゃんが笑うのは、生後2ヶ月を過ぎた頃からが一般的です。その前にも「新生児微笑」と呼ばれる笑いが見られることがありますが、これは反射的に起こる生理的な笑いです。赤ちゃんの笑顔はママとパパにとって元気の源になるとともに、あまり笑わないと何か問題が?と心配の要素にもなるでしょう。でも、笑う頻度には個人差があり、人見知りの程度でも変わってくるので、あまり心配しすぎないでくださいね。あやしても反応しないなどがある場合は、一度医療機関で相談してみてください。

この記事の監修ドクター
大越陽一先生
杏林大学医学部卒業、杏林大学医学部小児科学教室任期助教、埼玉県立小児医療センター循環器科医長を経て現在アルテミスウイメンズホスピタル小児科勤務。小児科専門医

(文・構成:マイナビウーマン編集部、監修:大越陽一先生)

※画像はイメージです

参考元
畑江芳郎ほか「STEPシリーズ 小児科」(海馬書房)

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビネクスト「ラップクラッチ」が2020年度日本子育て支援大賞受賞

コンビの子会社でアパレル事業を行っているコンビネクストの製品「ラップクラッチ」は、このほど、「2020年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。


母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

母乳育児を快適に! ピジョン「母乳フリーザーパック」リニューアル

ピジョンは8月17日より、「母乳フリーザーパック」を保存パックの口の部分をダブルチャックにリニューアルし、さく乳器「母乳アシスト(R)」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」を新発売します。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

【医師監修】赤ちゃんが舌を出す意味とは? 心配な病気もあるの?

赤ちゃんが何度も舌を出していると、ご機嫌でも何かのサインではないか、何か意味があるのではないかと気になってくる親御さんもいるのではないでしょうか。赤ちゃんが舌を出す理由や、関わりがある病気についてまとめました。


最新の投稿


離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の豆腐はいつから?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

やわらかくてやさしい味の豆腐は離乳食にも大活躍!今回は、絹豆腐と木綿豆腐どちらを選べばいいか、加熱の際の注意点など、離乳食の豆腐について解説します。


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。