【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える? 原因や予防法を紹介

【医師監修】妊娠線はいつからできて、いつ消える? 原因や予防法を紹介

妊娠がわかると、嬉しい反面、体の変化に戸惑うこともたくさんあります。特に妊娠線(にんしんせん)に悩む方は多いようですね。今回は「妊娠線」について解説していきます。


いつからできていつ消える? 妊娠線の原因に迫る

Getty logo

妊娠線はおおよそいつごろからできるのでしょうか? 一度できてしまったら完全には消えないのでしょうか? 妊娠してお腹が大きくなり始めると、こんなことが気になり始めますよね。妊娠線ができる原因や仕組みなど、妊娠線について詳しく解説していきましょう。

できる原因は? いつから妊娠線ができ始めるか気になる……

お腹に妊娠線ができる原因は、妊娠によって急激に腹部が大きくなることです。皮膚の表面にある表皮には比較的、弾力があり、急激な伸縮にも対応できます。しかし、表皮の下にある真皮と皮下組織は弾力性に乏しく、急激に皮膚が引き伸ばされることにより、皮膚組織が破壊されてしまうのです。その際にできた亀裂が、妊娠線です。

妊娠線ができ始める時期は、個人差がありますが、お腹が大きくなり始める6ヶ月前後からが目安となります。でき始める部位は、下腹部が多いようです。

いつ消えるか心配! 妊娠線ができやすい妊婦さんの条件

妊娠線は、妊婦さんの8割以上にできるとも言われています。しかし、全くできない人もいれば、通常よりもひどくできてしまう人もいるといったふうに、個人差も大きいようです。では、妊娠線ができやすいのはどんな人でしょうか?

<妊娠線ができやすい人の特徴>

●体質的に皮下脂肪が厚い人
皮下脂肪には弾力性が乏しいという特徴があります。そのため、表皮の伸展についていけず、断裂を起こしやすくなります。

●乾燥肌の人
お肌が乾燥していると、弾力が乏しくなりますし、妊娠線自体も目立ちやすくなってしまいます。妊娠中は保湿クリームを用いて、保湿を行うようにするとよいでしょう。

●経産婦
一度出産を経験している人のほうが、初めて妊娠した人よりも妊娠線ができやすいと言われています。

一度できてしまった妊娠線は、いったいいつになったら消えるのでしょうか? 残念ながら、一度できてしまった妊娠線が完全に消えることはほぼありません。ただし、妊娠中は赤く目立つ妊娠線も、産後は自然と徐々に白くなり、目立たなくなっていきます。

お腹や腕も? 妊娠線ができる部位

妊娠線と聞くと、お腹にできるものという印象がありますが、実は妊娠線ができやすい部位は他にもあります。

<妊娠線ができやすい場所>

●お腹
やはりお腹が一番できやすい場所です。特に恥骨の上あたり~下腹部にかけてができやすい場所です。

●胸
妊娠すると乳腺が発達して、それに伴いバストも大きくなります。これに伴い胸にも妊娠線ができる場合があります。とくに胸の横や下は、鏡で見ても見過ごすことが多いのですが、気づくとできていたということがあるようです。

●ヒップ
妊娠すると、出産に向けて腰からお尻にかけてどっしりと肉がついてきます。これに伴い、妊娠線もできやすくなります。

●太もも
外側にできることが多いのですが、内側にできたものは見過ごしてしまいがちです。

妊娠線のケアはいつから? いつ消えるか悩まないために

保湿クリームを塗ったり、体重をコントロールしたり……といった妊娠線のケア、いつ頃から始めたらよいのでしょうか?

いつから妊娠線をケアするべき?

妊娠線ができてしまってからでは遅いもの。そのため、お腹が大きくなり始める前から予防のケアをするのが鉄則です。妊娠線のケアというと保湿クリームが真っ先に頭に浮かぶ妊婦さんも多いと思いますが、実はクリームの使用が妊娠線の予防に役立つかどうかは報告によって意見が分かれています。

妊娠線は、最初に紹介したように急激に皮膚が伸びてしまうことでできるので、保湿やマッサージで皮膚の弾力を保つのは良いことと考えられますが、これより気を付けたいのは、急激に体重を増やさないことと、適度に運動をしてあまり皮下脂肪をため込みすぎないことです。

つわりが治まって来始める妊娠4、5ヶ月ごろから徐々に、気を付けるようにすると良いでしょう。

生まれつきある妊娠線!?

妊娠して腹部の皮膚に浮かび上がる線には、妊娠線の他にもう1つ、正中線(せいちゅうせん)があります。お臍(へそ)を中心に縦に1本伸びる線です。こちらは妊娠してからできる妊娠線と違って、本来は男女問わず生まれつきあるものです。それが妊娠によってお腹が大きくなることによって、また妊娠期間中、大量に分泌されるようになる女性ホルモンの刺激でメラニン色素が増加することによって、クッキリと現れる場合があるのです。妊娠線と混同されがちですが、違うものです。

出産してホルモンバランスが落ち着けば、色も落ち着いてくるので、気にし過ぎないようにしましょう。

まとめ

妊娠中はさまざまな体の変化に戸惑うことも多いでしょうが、あまり悩み過ぎたりストレスを抱え込んだりしないようにしましょう。無理なくケアをして、妊娠線を予防しましょう。

この記事の監修ドクター
皮膚科 土屋佳奈 先生
東京医科大学卒業後、JR東京総合病院勤務を経て、医療法人社団 尾泉医院で皮膚科診療を行う。 皮膚科専門医。女医+(じょいぷらす)所属。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.06.25)

※記事の修正を行いました(2019.06.12)

マタニティマークはいつから?つけない妊婦さんが急増中な理由とは?

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1563

妊婦さんがバッグなどにつけているマタニティマーク。保健所へ母子手帳の交付にいくともらえるものが一般的ですが、最近ではキャラクターがついたものなども出ています。とはいえ、このマタニティマーク。つけない人も増えているそうで……。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

【医師監修】妊娠中期の便秘の解消法は? いきんでもOK?など疑問Q&Aも紹介

妊娠してから便秘がち。週数が進むとともにさらにひどくなって、妊娠中期には常に便秘の状態……という妊婦さんは少なくないでしょう。このころの便秘を解消するのに良い方法はあるのでしょうか。赤ちゃんへの影響、排便の時いきんでも大丈夫?など、気になる疑問についても解説します。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。