マタニティマークはいつから?つけない妊婦さんが急増中な理由とは?

マタニティマークはいつから?つけない妊婦さんが急増中な理由とは?

妊婦さんがバッグなどにつけているマタニティマーク。保健所へ母子手帳の交付にいくともらえるものが一般的ですが、最近ではキャラクターがついたものなども出ています。とはいえ、このマタニティマーク。つけない人も増えているそうで……。


マタニティマークの意味を知っていますか?

Getty logo

妊婦さんがバッグなどにつけているマタニティマーク。保健所へ母子手帳の交付にいくともらえるものが一般的ですが、最近ではキャラクターがついたものなども出ています。さて、これは一体どういうものなのでしょうか?

マタニティマークとは

妊婦さんの安全を目的に、厚生省が事務局を務める国民運動計画「健やか親子21」推進検討会によって発表されたマークです。主に、電車やバスといった交通機関を利用する際に、周りに妊娠中である事を示して配慮を求める目的としてつくられました。交通機関以外にも、飲食店などにもポスターを掲示するなど、浸透が進められています。

マタニティマークは母子手帳とともに交付されるチャームの他、JRや私鉄の主要駅でももらうことができます。貰う際には母子手帳の提示を求められる場合があります。その他、妊婦向け雑誌の付録についていたり、通販サイトなどで売られていることも。そういったものは、キャラクターつきやオリジナルのイラストがベースになっているなど可愛いデザインのものもあります。

いつからつけていいのかと悩む妊婦さんもいますが、病院で妊娠が確認されてからは、いつつけても問題がないものです。

マタニティマークが持つ意味とは

現在妊娠中、妊婦であることを意味します。主に、外見から妊婦さんかどうかが判断されづらい初期の妊婦さんを対象にしたものです。交通機関の優先席では、高齢者、身体障害者、乳幼児同伴者とともに妊婦さんが優先されることとなっていますが、その際の目印となることが目的とされています。また、階段の上り下りをしているときに気を配ったり、周囲で喫煙をしないなどの配慮も求められています。

賛否両論? マタニティマークが与える印象

Getty logo

できた当時は「画期的!」と思われていたマタニティマークですが、昨今では賛否両論を呼んでいます。ネット上をはじめ、議論も多くされていますが、本来は役立つもののはずが……。

人によっては違和感を感じる意見も

マタニティマーク自体に抵抗を持つ人もいるようです。妊婦さんへの配慮を強制されている気分になったり、長い間、不妊に悩んでいる人はつらく感じてしまうようです。

妊娠初期でも、気づきやすいという意見

もちろんマタニティマークをつけていることで、周りに親切にしてもらったり、気を使ってもらったという人もたくさんいます。満員電車で、安全に配慮して降りられるように周りに声をかけてもらったり、買い物中に買い物かごを運んでもらったり。または、お年寄りなどから優しい言葉をかけてもらった、という方などもいます。不快な気分になるという方がいる反面、サポートしようとする人が多くいるのも事実です。

何故、マタニティマークで誤解されてしまうのか!?

マタニティマークに抵抗を感じるという人の意見をまとめると、妊娠していることを<アピール>しているという認識が強いようです。これに対して、妊婦さん自身は、主に緊急時のために妊娠していることを<表示>しているという意識が強いようです。この認識のズレが誤解を生み出しているようです。

あえてマタニティマークをつけない妊婦さんが急増

Getty logo

現在では、イヤな思いをしたり、危険を感じたこともあるため、「妊婦だと悟られたくない」とマタニティマークをつけない選択をする女性も少なくありません。臨月などになれば見た目で判断できますが、妊娠初期は、つわりなど体調の変化が著しく、もっともつらい時期。見た目からは妊婦だと判断できない時期こそ、マタニティマークが必要なのですが……。

ネット上での反対意見

ネット上でも、妊婦さんや元妊婦さんの間でも、マタニティマークをつけるかつけないかの意見が交わされています。つけないという意見の方は、実際に不快な体験や危険な体験をした方が多いようです。自慢をしているように思われるのではないか、と感じている方も多くいるようです。中には、周囲の状況を見て、つけたり外したりをして調整する妊婦さんもいるようです。

実際につけても特に変わらない環境

 マタニティマークをつけなくなったという妊婦さんからは、実際につけてみても状況が変わらなかったいう体験も報告されています。例えば、満員電車に立って乗っていたとしても誰も席を譲ってくれないなどというのがよくあるケースでしょう。

時には暴言や暴力を受けてしまう人たちも

なかには、マタニティマークをつけていることにより、暴言や暴力を受けてしまったという方々もいます。酔っぱらいに「調子に乗るな」と怒鳴られてからまれたり、電車で優先席の付近に立っているとサラリーマンに「席を代われってことか、妊婦が電車なんか乗るなよ、こっちの方が疲れてんだ」と言われたり、悪質な例になると「本当に妊娠してるのか?」と言われながら腹部を叩かれたり、故意に足をかけられて転倒しそうになったり……などという人も。

マタニティマークが生んだ幸せなエピソード

もちろん、マタニティマークが生んだ幸せなエピソードの報告もたくさんあります。電車の中で、女子高生に気を使ってもらったり、遠くから視線を送って席を譲ってくれる人がいたり。

また高速道路の駐車場にマタニティマークの表示板設置がされるようになるなど、マタニティマークへの理解を求める広がりも進んでいます。本来、車椅子のマークがついた駐車スペースの優先は妊婦も対象なのですが、それが世間に浸透していないことを憂慮して行われたものです。このように社会では広がってきています。

まとめ

マタニティーマークは賛否両論あるようですが、突然具合が悪くなってしまったり緊急の対応が必要な時には「妊娠中である」というサインを示し、大切な役割を果たしてくれます。危険な目にあうのは避けたいですが、カバンの中には入れておくなど持ち方を工夫して対応していきたいですね。

妊娠に関する記事一覧を読む

#妊娠初期についてもっと見る!
#妊娠中期についてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

【ママ調査】妊婦健診、夫と一緒に行った? #プレママ1年生

妊娠すると、数週間に一度、妊婦健診を受ける必要があります。特に初めての妊娠は、ひとりで受診することを不安に感じ、旦那さんに付き添ってもらう人も少なくないようです。では実際、どれくらいの人が旦那さんと一緒に妊婦健診に行ったのでしょうか? 「行く」派と「行かない」派のエピソードも合わせてご紹介します。


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

【医師監修】妊娠後期の「キリキリ、チクチク」腹痛。その原因と対処法

出産が目の前に迫ってきた妊娠後期。お腹が大きくなり、日常生活のちょっとした動作もだんだん負担に感じてくる時期です。このころ、「キリキリ」「チクチク」とした腹痛があったら何が原因なのでしょうか。対処法とともに解説します。


【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

【医師監修】「よだれつわり」で気持ち悪い……その原因と対処法

妊娠初期の女性の多くが経験する「つわり」。通常思い浮かべる「吐き気」や「おう吐」と言った症状のほかに、妊娠してから「よだれ(唾液)」が止めどなく出るようになり、不快な思いをする妊婦さんもいます。ここでは、そんな「よだれつわり」について原因や対処法を紹介します。


【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

【医師監修】「妊娠超初期におりものが少ない」こともある? 妊娠とおりものの関係

妊娠のかなり早い段階のことを、俗に「妊娠超初期」と呼びます。「妊娠中はおりものが増える」と聞くことがありますが、「ということは、おりものが少ないと妊娠していないということ?」と不安に思う人がいるかもしれません。「妊娠超初期におりものが少ない」ことはあるのでしょうか。早速見ていきましょう。


最新の投稿


離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のたらはいつから? 後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

鍋料理には欠かせない魚のたら(漢字では「鱈」)は、離乳食ではいつから食べられるのでしょうか。加熱のコツやベビーフードの利用など、離乳食でたらを使う際のポイントを解説します。後期からのおすすめ離乳食レシピもご紹介しますので、試してみてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

【医師監修】赤ちゃんの手足が冷たい! 関連する病気と対処法

赤ちゃんの手足を触ってみたら、冷たくなっていたことはありませんか? そんなときは、寒かったり体調が悪かったりしないかと心配になるでしょう。そこで今回は、赤ちゃんの手足が冷たくなる原因と対応、注意すべき場合などをまとめました。


離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の大根はいつから?大根の葉は?初期・中期・後期レシピ【管理栄養士監修】

根菜の定番、大根はクセがないので赤ちゃんにも大人気の食材です。今回は離乳初期・中期・後期それぞれの時期にオススメの大根レシピとともに、やわらかく調理するコツやレンジ加熱の目安などを解説します。


離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食の鮭はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

今回は離乳食での鮭について、開始時期の目安や調理法などを解説します。魚はたくさんの種類があり、赤ちゃんにはどれをいつから食べさせていいか迷うものですよね。いくつかのポイントを押さえて、楽しくおいしく家族みんなで鮭を食べてくださいね。


【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

【医師監修】赤ちゃんがくしゃみをしやすい理由と注意点

赤ちゃんのくしゃみはかわいいものですが、自分のくしゃみに驚いて起きてしまったり、泣いてしまうことも。また、あまり回数が多いと病気ではないかと心配にもなりますね。そこで赤ちゃんのくしゃみの理由や、注意すべきポイント、受診の目安を紹介します。