マタニティマークはいつから?つけない妊婦さんが急増中な理由とは?

マタニティマークはいつから?つけない妊婦さんが急増中な理由とは?

妊婦さんがバッグなどにつけているマタニティマーク。保健所へ母子手帳の交付にいくともらえるものが一般的ですが、最近ではキャラクターがついたものなども出ています。とはいえ、このマタニティマーク。つけない人も増えているそうで……。


マタニティマークの意味を知っていますか?

Lazy dummy

妊婦さんがバッグなどにつけているマタニティマーク。保健所へ母子手帳の交付にいくともらえるものが一般的ですが、最近ではキャラクターがついたものなども出ています。さて、これは一体どういうものなのでしょうか?

マタニティマークとは

妊婦さんの安全を目的に、厚生省が事務局を務める国民運動計画「健やか親子21」推進検討会によって発表されたマークです。主に、電車やバスといった交通機関を利用する際に、周りに妊娠中である事を示して配慮を求める目的としてつくられました。交通機関以外にも、飲食店などにもポスターを掲示するなど、浸透が進められています。

マタニティマークは母子手帳とともに交付されるチャームの他、JRや私鉄の主要駅でももらうことができます。貰う際には母子手帳の提示を求められる場合があります。その他、妊婦向け雑誌の付録についていたり、通販サイトなどで売られていることも。そういったものは、キャラクターつきやオリジナルのイラストがベースになっているなど可愛いデザインのものもあります。

いつからつけていいのかと悩む妊婦さんもいますが、病院で妊娠が確認されてからは、いつつけても問題がないものです。

マタニティマークが持つ意味とは

現在妊娠中、妊婦であることを意味します。主に、外見から妊婦さんかどうかが判断されづらい初期の妊婦さんを対象にしたものです。交通機関の優先席では、高齢者、身体障害者、乳幼児同伴者とともに妊婦さんが優先されることとなっていますが、その際の目印となることが目的とされています。また、階段の上り下りをしているときに気を配ったり、周囲で喫煙をしないなどの配慮も求められています。

賛否両論? マタニティマークが与える印象

Lazy dummy

できた当時は「画期的!」と思われていたマタニティマークですが、昨今では賛否両論を呼んでいます。ネット上をはじめ、議論も多くされていますが、本来は役立つもののはずが……。

人によっては違和感を感じる意見も

マタニティマーク自体に抵抗を持つ人もいるようです。妊婦さんへの配慮を強制されている気分になったり、長い間、不妊に悩んでいる人はつらく感じてしまうようです。

妊娠初期でも、気づきやすいという意見

もちろんマタニティマークをつけていることで、周りに親切にしてもらったり、気を使ってもらったという人もたくさんいます。満員電車で、安全に配慮して降りられるように周りに声をかけてもらったり、買い物中に買い物かごを運んでもらったり。または、お年寄りなどから優しい言葉をかけてもらった、という方などもいます。不快な気分になるという方がいる反面、サポートしようとする人が多くいるのも事実です。

何故、マタニティマークで誤解されてしまうのか!?

マタニティマークに抵抗を感じるという人の意見をまとめると、妊娠していることを<アピール>しているという認識が強いようです。これに対して、妊婦さん自身は、主に緊急時のために妊娠していることを<表示>しているという意識が強いようです。この認識のズレが誤解を生み出しているようです。

あえてマタニティマークをつけない妊婦さんが急増

Lazy dummy

現在では、イヤな思いをしたり、危険を感じたこともあるため、「妊婦だと悟られたくない」とマタニティマークをつけない選択をする女性も少なくありません。臨月などになれば見た目で判断できますが、妊娠初期は、つわりなど体調の変化が著しく、もっともつらい時期。見た目からは妊婦だと判断できない時期こそ、マタニティマークが必要なのですが……。

ネット上での反対意見

ネット上でも、妊婦さんや元妊婦さんの間でも、マタニティマークをつけるかつけないかの意見が交わされています。つけないという意見の方は、実際に不快な体験や危険な体験をした方が多いようです。自慢をしているように思われるのではないか、と感じている方も多くいるようです。中には、周囲の状況を見て、つけたり外したりをして調整する妊婦さんもいるようです。

実際につけても特に変わらない環境

 マタニティマークをつけなくなったという妊婦さんからは、実際につけてみても状況が変わらなかったいう体験も報告されています。例えば、満員電車に立って乗っていたとしても誰も席を譲ってくれないなどというのがよくあるケースでしょう。

時には暴言や暴力を受けてしまう人たちも

なかには、マタニティマークをつけていることにより、暴言や暴力を受けてしまったという方々もいます。酔っぱらいに「調子に乗るな」と怒鳴られてからまれたり、電車で優先席の付近に立っているとサラリーマンに「席を代われってことか、妊婦が電車なんか乗るなよ、こっちの方が疲れてんだ」と言われたり、悪質な例になると「本当に妊娠してるのか?」と言われながら腹部を叩かれたり、故意に足をかけられて転倒しそうになったり……などという人も。

マタニティマークが生んだ幸せなエピソード

もちろん、マタニティマークが生んだ幸せなエピソードの報告もたくさんあります。電車の中で、女子高生に気を使ってもらったり、遠くから視線を送って席を譲ってくれる人がいたり。

また高速道路の駐車場にマタニティマークの表示板設置がされるようになるなど、マタニティマークへの理解を求める広がりも進んでいます。本来、車椅子のマークがついた駐車スペースの優先は妊婦も対象なのですが、それが世間に浸透していないことを憂慮して行われたものです。このように社会では広がってきています。

まとめ

マタニティーマークは賛否両論あるようですが、突然具合が悪くなってしまったり緊急の対応が必要な時には「妊娠中である」というサインを示し、大切な役割を果たしてくれます。危険な目にあうのは避けたいですが、カバンの中には入れておくなど持ち方を工夫して対応していきたいですね。

妊娠に関する記事一覧を読む

#妊娠初期についてもっと見る!
#妊娠中期についてもっと見る!

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠7ヶ月】そろそろ産休への準備。お金関連、人事への書類準備など #ワーママへの道

【妊娠7ヶ月】そろそろ産休への準備。お金関連、人事への書類準備など #ワーママへの道

妊娠発覚後、どのような手続をしたらいいのかわからず不安になるかもしれません。いつから業務の引き継ぎ準備が必要か、保育園探しは……? など。ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠7ヶ月編をお届けします。


【漫画】どうして……? 子宮頚管が短い! 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.2

【漫画】どうして……? 子宮頚管が短い! 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.2

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産までの記録をお届けします。


【漫画】恐怖の妊婦健診、涙の転院。 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.2

【漫画】恐怖の妊婦健診、涙の転院。 妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」Vol.2

2020年5月、37歳で第4子チイくんを出産したあおのそらこさん。4度目の出産なのでスムーズかなと思っていたら、最高値をたたき出す血圧、望まない転院、さらにコロナ禍と、予想外の出来事が連続で……! 年の差3兄妹と夫の応援を受け、今は無事に6人家族となったそらこさんの、出産までの記録をお届けします。


【漫画】夫を捨てても、楽にはなれない。『夫を捨てたい』より「夫を捨てた日」Vol.14

【漫画】夫を捨てても、楽にはなれない。『夫を捨てたい』より「夫を捨てた日」Vol.14

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出しての短期集中連載、ついに最終回!


【漫画】涙もろい夫が、好きだった、のに。『夫を捨てたい』より「夫を捨てた日」Vol.13

【漫画】涙もろい夫が、好きだった、のに。『夫を捨てたい』より「夫を捨てた日」Vol.13

「好きだから結婚したはずなのに、どうしてこうなっちゃったんだろう。私は夫を捨てたいと思っている……」ギクリとするような言葉ではじまる、いくたはなさんのコミックエッセイ『夫を捨てたい』。この話題作から、衝撃のクライマックスにあたる4章「夫を捨てた日」を切り出して短期集中連載! 毎日17:30の更新です。


最新の投稿


【漫画】引っ越し直後の繁忙期をコロナ禍が直撃! 『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.4

【漫画】引っ越し直後の繁忙期をコロナ禍が直撃! 『ワーキング母ちゃん日記 〜おうち仕事編〜』Vol.4

2020年春、パパの転勤で大阪に引っ越したあいさんファミリー。ちょうどそのころ、コロナによる緊急事態宣言が。おうち仕事はどうなる?『いけいけどんどん! ワーママ奮闘記』で働くママたちの共感を集めたあいさんが、フリーランスデザイナーになり、主に在宅で働き出してからを描くコミックエッセイ、大好評連載中です。


「たすけて~」え、そこで助けをよぶのかい? わらっちゃう子供のポーズ3連発

「たすけて~」え、そこで助けをよぶのかい? わらっちゃう子供のポーズ3連発

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のネコマスさん。ネコマスさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。


“ちゃんと”にとらわれない。目標は「楽しくやりがいのある管理職」 商社勤務 高畑恵さん #働くママの人生

“ちゃんと”にとらわれない。目標は「楽しくやりがいのある管理職」 商社勤務 高畑恵さん #働くママの人生

赤ちゃんとの生活がスタートして一息ついたと思ったら、保活・職場復帰、仕事との両立などなど、働くママは心も体も忙しい毎日。他のママたちはどんな風に一日を過ごしているのか、どんな考え方で育児をしているのか、夫婦間での分担は?など、働くママが知りたい、リアルな日常をインタビュー。


【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

【漫画】どんぐりお持ち帰り問題に、究極の解決法『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.4

秋冬になるとお持ち帰り率高まるのが……そう、どんぐり! 毎日増えていくどんぐりにモヤモヤしっぱなしのモチコさんでしたが……!? 子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


【漫画】静かと思いきや…?うちの子「ティッシュ引き抜く職人」になります。

【漫画】静かと思いきや…?うちの子「ティッシュ引き抜く職人」になります。

マイナビウーマン子育てのInstagramで人気のharumamaさん。harumamaさんの投稿から人気があったものを編集部がピックアップして紹介します。