お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

cresc. by ASTALIFTから乾燥・敏感肌用洗顔フォームとUV化粧下地が登場!

#ビューティーニュース

エボル

富士フイルムは2024年2月1日、乾燥肌や敏感肌をケアするスキンケアブランド「cresc. by ASTALIFT(クレスク バイ アスタリフト)」から、洗顔フォーム「クレスク by アスタリフト クリーミー クリアフォーム」と、UV化粧下地「クレスク by アスタリフト スムースフィット マルチシールド」を発売します。

クリーミー クリアフォーム(左)、スムースフィット マルチシールド(右)

ただやさしいだけでない。乾燥・敏感肌の原因からアプローチ

「クリーミー クリアフォーム」は、肌がゆらぐ※1原因となる、毛穴の中の汚れをやさしく取り除く洗顔フォーム。「スムースフィット マルチシールド」は、花粉・PM2.5・ちりなどの微粒子による汚れが付着することで引き起こされるダメージから、肌をしっかりバリア※2するUV化粧下地です。

クリーミー クリアフォーム

洗顔フォーム「クリーミー クリアフォーム」は、「角栓クリア成分※6」などを配合した、濃密な泡をつくりだす独自処方により、毛穴の中で固まった角栓汚れをやさしく取り除きます。

さらに、肌にうるおいをもたらす保湿成分を配合。つっぱりがちな肌をしっとりと洗い上げます。

特長:
1. 肌がゆらぐ※1原因となる毛穴の汚れを取り除く
2. 「うるおいオン処方」で、乾燥から素肌を守る
3. 弾力のある「特濃もっちり泡」
4. 低刺激設計
5. みずみずしく、しっとりした肌を表現したパッケージ

スムースフィット マルチシールド

また、UV化粧下地「スムースフィット マルチシールド」は、花粉・PM2.5・ちりなどの微粒子による汚れが付着することで引き起こされるダメージから、肌をしっかりバリア※2。

さらに、肌保護成分「マグワ根皮エキス」をはじめ、美容成分を配合。独自の処方設計のくずれない密着膜で、一日中※7うるおいを与えます。くすみを抑え※8、透明感のある肌※9に仕上げます。

特長:
1. 肌がゆらぐ※1原因となるダメージからバリア※2
2. くずれない密着膜で、一日中※7うるおう。くすまない※8
3. 肌にフィットするテクスチャー
4. 低刺激設計
5. コントラストのあるデザインで、高い機能性を表現したパッケージ

商品概要

発売日:2024年2月1日

クレスク by アスタリフト クリーミー クリアフォーム <洗顔フォーム(敏感肌用)>
容量:120g/約2カ月分
価格:2,530円

クレスク by アスタリフト スムースフィット マルチシールド <UV化粧下地(敏感肌用)>
SPF50・PA+++
容量:30g/約2カ月分
価格:3,300円

販売方法:
(1)富士フイルム ヘルスケア ラボラトリーより通信販売。
インターネット https://h-jp.fujifilm.com / 電話 0120-596-221
(2)Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどの外部通販サイトより販売。
(3)バラエティショップ 「メイクアップソリューション」などの店舗にて販売。
(4)直営店「ASTALIFT 六本木店(フジフイルム ヘルスケアショップ)」、および「ASTALIFT GINZA(アスタリフト ギンザ)」にて販売。

※1 季節の変わり目などの環境変化によって肌が乾燥し敏感になるということ。
※2 物理的な効果で肌への侵入を防ぐこと。
※3 季節の変わり目などの環境変化によって乾燥し敏感になりやすい肌のこと。
※4 同社調査(2021年8月実施、対象者:25-39歳女性の乾燥・敏感肌ユーザー60名と一般ユーザー180名)。
※5 同社調査(2023年2月実施、対象者:25-39歳女性の敏感肌ユーザー24,281名)。
※6 洗浄成分:結晶セルロースのこと。
※7 朝塗布してから夕方洗顔するまで。
※8 光が拡散することで発揮されるメイクアップ効果によるもの。
※9 光の拡散により発揮されるメイクアップ効果で明るく見える肌のこと。

(エボル)

※この記事は2023年12月08日に公開されたものです

エボル

ネットを中心にさまざまなサービスやビジネスを創造する企業。特にコンテンツ開発分野においては、さまざまな分野で活躍する多彩なライター陣と経験豊かなエディターを中心に各ネットメディア向けて最適化された、品質の高いコンテンツを企画制作しています。マイナビウーマンではニュース記事を担当。
https://e-vol.co.jp
https://pro-web.jp

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ビューティーニュース」をもっと見る

MORE

SHARE