お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】目の夢の意味とは? 目が見えない、開かないなど状況別暗示13選

夢占い

ヤササキミカ

「目が見えない」「目が開かない」など、目の夢には少し怖いイメージのものもありますよね。夢占いにおいて、目の夢にはどのような意味があるのでしょうか? シーン別に解説します。

目が見えない、目が開かない、目から出血する、など。目の夢はインパクトが強く、起きてからもなかなか忘れられないことがあります。

夢占いにおける目の夢は、その状況によって警告を表わすことも。

今回は、目の夢の意味を状況別に解説していきます。目の夢を見て何の暗示なのか気になっている人は、参考にしてみてくださいね。

「目の夢」は基本的に心の状態を表す

「目の夢」は、基本的に心の状態を反映していると考えられます。

目は精神的な力を表わし、「知力」「洞察力」「判断力」「直感力」「集中力」などを象徴するものです。

目が見えない、開かないなど、目にトラブルが起こるような夢は警告を意味することが多いとされます。

反対に、目から光線が出る、目が多いなど、目が進化するような夢は吉夢の場合もあるようです。

次ページ:状況別「目の夢」の意味

SHARE