お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合いたてのスキンシップはどうする? 種類やタイミングを解説

#Lily_magazin

付き合いたては、スキンシップのタイミングなどに悩みますよね。恋人同士になったばかりの頃は特に、スキンシップが多い? キスはOK? など、さまざまな疑問を抱くもの。今回は、付き合いたてのスキンシップについて、種類やタイミングを紹介します。

恋人にとってスキンシップとは、お互いの愛情や関係を深める大切なコミュニケーション手段。

付き合い始めの頃は、どのようにスキンシップとれば良いか分からずに悩むものですよね。

この記事では、付き合いたてカップルが距離を縮めるのにおすすめのスキンシップや、タイミングを解説します。

付き合いたてカップルのスキンシップ6選

付き合いたては、一緒にいるだけでドキドキするもの。スキンシップをとることで距離が縮まり、カップルとしての絆が深まるかもしれません。

まずは、付き合いたてカップルにおすすめのスキンシップの種類を紹介します。

(1)手をつなぐ

手をつなぐのは王道のスキンシップ。特に、お互いの指を絡め合って手をつなぐ「恋人つなぎ」がおすすめです。

初めて感じる相手の体温にドキドキすると同時に、「本当に恋人同士になったんだ」という実感を得られるでしょう。

(2)腕を組む

腕を組むスキンシップは、手をつなぐことに比べて少し難易度が高いもしれません。

手をつなぐ時は「手つなごうか」と手を差し出すことができますが、腕を組む時の誘い方って難しいですよね。

例えば「寒いね~」と言いながら相手の腕にしがみついてみると、自然と腕を組めるかもしれません。手をつなぐよりも距離が近くなるので、さらにドキドキするはず!

(3)体を寄せる

人にはそれぞれパーソナルスペースがあるもの。それを超えられるのも、恋人の特権です。

例えばデートの途中に座って一休みする時や夜景を見る時などに、グッと相手に体を寄せてみましょう。相手の肩に頭を預けてみるのも良いかもしれません。

恋人らしい雰囲気が出ることで、きっとデートが盛り上がるはずですよ。

(4)ハグをする

お互いを抱きしめ合うハグもスキンシップの定番。体が密着することで、ドキドキ感を高められるでしょう。

ただし突然ハグをして相手を驚かせないように気をつけて。タイミングには十分に注意しましょう。

(5)頬や髪の毛に触る

相手の頬や髪の毛に触れるのもスキンシップの1つです。

友人同士では、肩や背中をポンっと叩くことはあるかもしれません。しかし、頬や髪の毛に触れるのは、カップル特有のものであるイメージが強いもの。

この時も、突然触って嫌がられないように「髪がきれいだね」と言ってから触れるなど、自然なタイミングになるよう心掛けて。

(6)キスをする

好きな人との初めてのキスはとても緊張するもの。タイミングや場所選びなどに悩んでしまうかもしれません。初めてのキスは、2人にとって一度きりの大切な思い出です。

そんな思い出をすてきなものにするためにも、お互いの様子を見ながらキスをしましょう。急ぐあまりにタイミングを失敗しないように気をつけてくださいね。

次ページ:付き合いたてにスキンシップをするタイミングとは

SHARE