お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人にDMを送るには? きっかけとなる話題や脈あり・脈なしサイン

汐見でこ

好きな人とのDMから判断できる脈なしサイン

反対に、どんな場合は期待が薄いのでしょうか。DMのやり取りからひも解ける脈なしサインを、具体的に見ていきましょう。

(1)既読がつくのが遅い

DMに既読がつくのが遅い場合、残念ながら相手が好意を持っていない可能性が高いと考えられます。興味のない相手からのメッセージの場合、チェックの優先度が低いという人は少なくありません。

筆者も、あまりコンタクトを取る気のない相手からのDMは後回しにしてそのまま忘れてしまうことがよくあります。

ただし、単に忙しい・インスタなどのSNSのDM通知を切っている・DMをチェックする習慣があまりないなど、他の理由も考えられるので慎重に判断したいところです。

(2)返信をくれない

あなたから送ったDM、相手は毎回返事をくれますか?

全く返信がなかったり、1通のやり取りで「いいねボタン」が押されて終わったり……。これも脈なしサインかもしれません。

こんな時、追撃するように次のDMを送るのはNG。相手にうんざりされています。あまり深追いせず、自分の時間を楽しみつつ返信を待ちましょう。

また、相手が別の投稿をした時などに、話題を変えて連絡してみるのも1つかもしれません。

(3)返信はないが投稿は更新している

あなたへのDMの返信はないのに、好きな人がSNSを更新しているとしたら……。それも脈なしの可能性が高そうです。

投稿の更新を優先するということは、その行動通りの意味。あなたの優先順位が低いということです。

また、DMへの返信がないのに、投稿がされていたら誰だって気づくもの。それも含めて、あなたには「どう思われてもいい」と割り切っている状況かもしれません。

もちろん、あなたからのDMに気づいていない可能性も考えられるので、こうしたことが頻繁にあるかどうかで判断しましょう。

好きな人とのDMはリラックスして楽しもう!

好きな人とのDMでは、相手のメッセージ1つ1つに一喜一憂するものです。もちろん、そのドキドキやワクワクも恋愛の醍醐味の一部ですが、あまり気に病みすぎるのも良くありません。

DMで会話する時は、相手を楽しませる努力を惜しまず、また自分も会話を楽しむことが大切です。

DMが途切れてしまったら、一旦は自分の時間を充実させることに集中し、オン・オフのメリハリをつけてみましょう。

リラックスして自然体で接することで、相手も心を開いて話してくれるようになりますよ。

(汐見でこ)

※画像はイメージです

※この記事は2021年11月05日に公開されたものです

汐見でこ

フリーランスのWebライター。美容やファッション、グルメから雑学まで幅広く執筆中。学生時代から現在まで歯科助手としても勤務。恋愛経験は乏しいのに、なぜかいろいろ耳に入ってくる。結婚願望は薄め。最近好きな食べ物はちくわの天ぷら。

この著者の記事一覧 

SHARE