お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

異動メッセージの例文集【上司・同僚・後輩別】

三上ナナエ(マナー講師)

部下や後輩が異動する時のメッセージ例文

これまでのねぎらいをメッセージに込めましょう。

たとえ手がかかる部下であっても心配するような言葉にならないよう注意します。期待を込めて送り出す内容にしましょう。

親しい間柄の場合

これまでの感謝の気持ちを伝えるだけでなく、相手の長所を褒めるのもおすすめです。

親しい上司や先輩からの褒め言葉は、新しい場所でもやる気や自信につながるでしょう。

○○さん
○○さんと一緒に仕事ができた楽しい思い出がいろいろよみがえるよ。○○さんはピンチな時ほど肝が据わってて、すごい! と思わされたよ。どこに行っても○○さんなら大丈夫! 頑張れ!

○○さん
今までありがとう! いつもコツコツ、裏表なく誠実な○○ちゃんはすごいなーと先輩ながら見習うことがたくさんありました。隣に居なくなるのはとても寂しいです。またこれからも一緒にお茶しましょうね。

あまり親しくない間柄の場合

あまり親しくない場合は、無難な内容でも大丈夫なので、部下や後輩への感謝の気持ちや、新しい場所での活躍を祈る気持ちを伝えましょう。

○○さん
今までお疲れさまでした。上司の立場でしたが○○さんがみんなの状況をいつも察してくれて大変助けられました。新天地でも元気に活躍してください。

○○さん
栄転おめでとう。今年の新企画が成功したのは○○さんの斬新なアイディアのおかげです。その発想力を活かして新天地での活躍も応援しています。

次ページ:自分が異動する時のメッセージ例文

SHARE