お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

穏やかな人になりたい。5つの特徴と穏やかになる方法とは

hasemana

穏やかな人になるためには?

では、穏やかな人を目指すために、具体的に意識するべきことを紹介していきます。

(1)自己肯定感を上げる

苦手なことやコンプレックスは誰しも抱えています。ですがネガティブな方ばかりに目を向けると、イライラしたり焦ったりと、穏やかな人の特徴から離れていってしまうもの。

自分の良い部分にも目を向け、それを伸ばしていくと自己肯定感が上がりやすくなります。自分の考えや行動に自信を持てると、精神的に安定し、穏やかな人に近づいていけるのではないでしょうか。

(2)心にゆとりを持つ

何でも完璧にこなそうとすると、自分にも相手にも厳しくなってしまいがちです。「まあ、このくらいで良いか」という心のゆとりが大切です。

完璧にできない自分を責めずに心にゆとりを持つと、自分にも他人にも優しくすることができます。

(3)優しい言葉を選んで使う

攻撃的な言葉を使わないだけでも相手に与える印象は大きく変わります。優しい言葉や、柔らかい言葉を意識して使ってみましょう。

加えて、話すスピードを落とし、ゆっくりと相手に伝えるように意識するだけでも、穏やかな印象を与えることができます。

穏やかな人はとても魅力的!

相手に安心感や包容力を与える穏やかな人が、職場や家族・集団の中で1人でもいると、場が柔らかい雰囲気になりますよね。

穏やかな人はいつも笑顔で、感情的な態度を取らない人が多いです。気持ちにゆとりを持って、優しい言葉を使うようにするだけでも、与える印象は大きく変わります。

ついつい感情が顔や態度に出てしまう、という人は穏やかな人の特徴を取り入れてみてください!

(hasemana)

※画像はイメージです

※この記事は2021年10月12日に公開されたものです

hasemana

2拠点生活をしながら、野菜や植物を育てて暮らすちょうどいいスローライフを模索中。インテリアショップ、花屋にて勤務経験あり。暮らしや仕事にまつわるライフスタイル系のライティングを主にしています。

この著者の記事一覧 

SHARE