お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

穏やかな人になりたい。5つの特徴と穏やかになる方法とは

hasemana

穏やかな人の特徴5つ

では、穏やかな人にはどのような特徴があるのでしょうか? 続いて、共通する特徴を見ていきましょう。

(1)いつも笑顔で明るい

明るい笑顔は周りにいる人まで元気にすることができます。常に笑顔でいることは難しいですが、穏やかな人は笑顔が多い印象があります。

穏やかな人でも腹を立てることはありますが、怒りを周りにぶつけることはありません。

(2)感情的にならない

ささいなことでイライラしない、腹を立てても顔に出さない人は穏やかな印象があります。

感情的な言葉や態度を出さないようにするには、自分の感情をコントロールする必要があります。いつでもおおらかにどっしりと構えていられる、心の安定が大切です。

(3)誰に対しても平等に接する

話す相手によって態度を変える人は、本音が分かりにくく、怖い印象を与えてしまうことも。

穏やかな人は誰に対しても平等に、一定のテンションや態度で接するのが特徴です。だからこそ話し掛けやすく、頼られることも多いのではないでしょうか。

(4)相手の意見を尊重し、肯定する

誰かを否定したり、悪口や陰口を言ったりする人は相手にあまり良い印象を与えません。逆に、常にポジティブで肯定的な話をしてくれる人は、安心を与え、一緒にいて相手に居心地の良さを感じさせます。

穏やかな人は自分の意見を一方的に押しつけることがなく、相手の考えを尊重できるのが特徴。意見が違う相手と話す時も前向きな姿勢を貫きます。

(5)話すスピードや動作がゆっくり

話すスピードやしぐさによって、印象は大きく左右されます。話し方や動きが早い人には、せっかちな印象を受けることがあります。

一方穏やかな人は、何かに焦ったりイライラしたりすることがあまりありません。そのため、話すスピードや動作がゆっくりで、心が穏やかに安定している印象を与えるようです。

次ページ:穏やかな人になるためには?

SHARE