お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

三つ編みのやり方の基本とは? 応用ヘアアレンジも紹介

kido airi

【応用編2】三つ編みを取り入れた他アレンジ

この他にも、三つ編みはいろいろなアレンジができます。先ほど紹介したポニーテール以外のヘアアレンジも見ていきましょう。

(1)サイド三つ編みアレンジ

やや斜めに、髪の毛を横に流すようサイドに三つ編みを作るとナチュラルでかわいらしい印象に。後ろ姿までキュートなヘアスタイルが作れます。

崩れにくいようにスタイリング剤などでまとまりやすくしておきましょう。

(2)三つ編み×ツインテール

三つ編みとツインテールの組み併せは、とことんかわいらしいヘアアレンジに。

ただし幼い印象になりやすいので、結び目をしっかりほぐして、大人っぽくおしゃれに仕上がるよう工夫しましょう。

(3)三つ編みお団子

いつものポニーテールを三つ編みにし、結び目に巻きつけてお団子を作るだけの簡単アレンジ。

いつものお団子スタイルに三つ編みをプラスするだけで、程よい隙が生まれ、ワンランク上のおしゃれな雰囲気を演出できます。

三つ編みでおしゃれなヘアスタイルをかなえよう!

一度覚えてしまえば簡単にできる三つ編みは、どなたでも取り入れやすいヘアスタイル。さまざまなアレンジと組み併せることができるので、おしゃれの幅が広がるのもうれしいポイントです。

ただし、幼く野暮ったい印象になってしまいやすかったり、結び方によっては崩れやすかったりするので、今回紹介した失敗しないポイントをしっかり押さえ、抜け感のある仕上がりを目指しましょう。

基本の三つ編みのやり方や応用アレンジを参考にして、毎日のヘアスタイルに取り入れてみてくださいね。

(文:kido airi、写真:ALBUM新宿店店長 渡辺雄也)

※この記事は2021年08月31日に公開されたものです

kido airi

おしゃれやビューティー、食べることが大好きなアラサー女子。
エンタメ業界で働いていた経験もあり、映画やドラマなどのエンタメにも詳しい。
ビューティー系やファッション、グルメを中心に記事を執筆しています。
この著者の記事一覧 

SHARE