お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「ドヤ顔」とは。意味や由来・類語について解説

ひらり

「ドヤ顔」という言葉を聞いたり、また使ったことがある人もいるのではないでしょうか? 今回はこの「ドヤ顔」の正しい意味や使い方、「ドヤ顔」をする際の注意点などを紹介します。

「ドヤ顔」と聞いてみなさんはどんな顔を想像しますか? よく「〇〇でドヤ顔」という言葉も使われますが、一体どんな顔をしているのか気になりますよね?

この「ドヤ顔」という言葉の意味は「自慢げな表情」のことを言い、よく会話や、SNSでも使われています。今回はこの「ドヤ顔」について意味や由来、使い方を例文と共に解説します。

「ドヤ顔」とは?


「ドヤ顔」という言葉を聞いたことがあると思いますが、どんな顔のことか分かりますか?

何となくこんなことだろうな、こんな顔のことを言うんだろうなと想像はつきますが、具体的にどんな表情のことなのか説明できないのではないでしょうか?

そんな「ドヤ顔」について由来などと一緒に解説します。

「ドヤ顔」の意味


「ドヤ顔」とは「誇らしげな顔つき」「自慢げな表情」「したり顔」などのような顔のことを表している言葉です。「ドヤ顔」の「ドヤ」とは関西弁の「どや」。つまり標準語で「どうだ」と同じ意味になります。

「どうだすごいだろ!」と何かを自慢する時の表情のこと指して「ドヤ顔」といいます。

「ドヤ顔」の由来


実は「ドヤ顔」は有名な関西のお笑い芸人さんが使った言葉だと言われています。

あるテレビ番組で使われた「ドヤ顔」が全国的に広まっていったそうで、今ではあらゆる所で使われるようになりました。

上記の内容はあくまでも一説であり、明確な由来は分かっていません。ただ、前述した通り、「ドヤ顔」は関西弁の「どや」を基にした言葉なので、関西から生まれた言葉だという可能性は高いでしょう。

「ドヤ顔」の類義語


「ドヤ顔」には似たような言葉があります。どのような類語があるのか、例文と共に説明します。

手柄顔

「手柄顔」は手柄を自慢する顔つきのことです。自分の手柄を誇らしげな態度、顔つきで自慢することを指すため、「ドヤ顔」と似た言葉と言えるでしょう。

キメ顔


「キメ顔」とは写真を撮る時に、良く見せることを言います。

また若者の間では敢えてその場を和やかにするために、「変顔」を「キメ顔」と呼ぶこともあります。

「キメ顔でお願いしまーす」や「キメ顔ください」などと言いながら写真を撮る人を見たことがあるのではないでしょうか。

したり顔


「したり顔」とは「ドヤ顔」の一種で、「成功した」「やり遂げられた」時の表情のことを言います。

「ドヤ顔」と同じく自慢そうな顔ではありますが、どこか喜びの表情に近いニュアンスも含まれています。

次ページ:「ドヤ顔」を使った例文

SHARE