お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「リリック」の意味とは? 語源や関連語、対義語を解説

上色ゆるり

「リリック」の意味とは? 今回は、語源や使い方、対義語を解説します。「リリックビデオ」や「リリックスピーカー」などの関連用語も覚えて、言葉の意味を理解しましょう。

最近では、日本語ではなく、あえてカタカナ語を使う場面が増えてきていますよね。

「リリック」もそのうちの1つで、日常での会話やSNSでも頻繁に使われています。

しかし、見たこと、聞いたことはあっても、いまいちどういう意味なのか分からない、という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「リリック」という言葉について解説します。

単語の意味だけでなく、語源、関連する用語や対義語なども紹介しますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

「リリック」とは?

そもそも、「リリック」という単語にはどのような意味があるのでしょうか。まずは、本来の言葉の意味と語源について解説していきます。

「リリック」の本来の意味

「リリック」とは「歌詞」「叙情詩」を指す言葉です。

辞書を引いてみると、以下のように記載されています。

リリック

[名](1)叙情詩。(2)(流行歌の)歌詞。
[形動](1)叙情的なさま。リリカル。

(『デジタル大辞泉』小学館)

このように、「叙情詩」や「叙情的な」などの意味も含まれている「リリック」ですが、一般的には「歌詞」を指して使われています。

「リリック」の語源

「リリック」という言葉の語源は、英語の「lyric」から来ています。

辞書では以下の通りに記されています。

lyric

[形容詞](1)叙情の、叙情詩(的)の。(2)音楽的な、オペラ風の。
[名詞](1)叙情詩。(2)(流行歌などの)歌詞。

(『新英中和辞典』研究社)

このように、「リリック」は英単語の「lyric」をカタカナに変換させた外来語です。「歌詞」「叙情詩」など、「lyric」が持つ意味をそのまま引き継いでいます。

ですが、さらに深掘りしてみると、「リリック」は古代ギリシャに生まれた言葉であるという説があります。古代ギリシャでは、「lyre(リラ)」と呼ばれる竪琴の音色に合わせて、人々が気持ちを表現していたといわれています。

そのようなことから、自分の感情や思想を伝えるための詩、つまり「叙情詩」が、外来語としての「リリック」の意味として残っています。

ですが、日常会話では「叙情詩」として使うことは少なく、「歌詞」という意味で使われています。

次ページ:「リリック」の使い方(例文つき)

SHARE