お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「スワイプ」とは? 意味や使い方&「フリック」との違い

ひらり

「スワイプ」の便利な使い方

ここからは、「スワイプ」の便利な使い方を説明します。

指を動かす方向、使用しているアプリなどによって、「スワイプ」で何ができるのかは変わってきます。

「スワイプ」することで出来る基本的な動作を見ていきましょう。

前の画面に戻る

Google(グーグル)やYahoo(ヤフー)などの検索ツールを使って調べ物をする際、面倒に感じるのは「前の画面に戻りたい時」でしょう。

もちろん、画面上に表示されている「戻る」ボタンや「<(前の画面へ戻る)」のボタンをタッチすることで戻ることは可能です。

しかし、「スワイプ」を使えばもっと簡単な戻り方ができます。

画面左部分から右部分へスワイプするだけで、前の画面に戻ります。また、戻った状態から次のページに再び遷移したい場合は、画面右部分から左部分へ「スワイプ」するだけで完了です。

アプリの使用を終了する

現在使用しているアプリを終了したい場合も、「スワイプ」で簡単に解決できます。iPhoneとandroid、またiPhoneでも機種によって操作方法は異なるので注意しましょう。

多くの場合、アプリを上、または左右にスワイプすると、起動している状態から終了できます。「スワイプ」によって簡単にできる使い方なので、ぜひ確認してみましょう。

他のアプリへ移動する

「調べ物をしている途中で音楽アプリを開きたい」「毎回ホーム画面に戻ってアプリを切り替えるのは大変」このように感じている人は多いでしょう。

他のアプリに切り替える、今使っているアプリの直前に使っていたアプリに切り替える場合も、「スワイプ」を使うと便利です。

毎回ホーム画面に戻る必要がなくなるため、簡単にアプリ間の移動が可能になります。

「スワイプ」を正しく理解して使いこなそう

「スワイプ」とは、スマートフォンやタブレットなどの画面に指を置き、上下や左右へ指を滑らせる操作方法の名称です。前の画面に戻る、次の画面に進む、使用しているアプリを変更する、起動しているアプリを終了するなど、使い方は多くあります。

混同しやすい「フリック」は、「画面上で素早く指を移動させる動作のこと」と覚えておきましょう。

スマートフォンやタブレットが必需品となっている現代だからこそ、「スワイプ」の意味や使い方を理解しておく必要があります。これを機に「スワイプ」を深く知り、日常生活の中でぜひ活用してみてくださいね。

(ひらり)

※画像はイメージです

※この記事は2021年07月19日に公開されたものです

ひらり

大企業での事務職を経験後エステティシャンとして起業。美容やファッションなどを中心に常に流行にアンテナを張っている。女性の働き方・ライフスタイルなどについて強い関心をもち、ライターとして発信も続けている。

この著者の記事一覧 

SHARE