お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「アベック」の意味とは? 実は知らない「カップル」との違い

丸山りさ(まる)

かつて流行した「アベック」という言葉。今では死語と言われることもあり、その本当の意味を知らない人も多いでしょう。そんな「アベック」の意味や語源、類語との違いを詳しく解説します。

「アベック」という言葉を知っている人はいても、使ったことがある人は少ないのではないでしょうか。今では“死語”とも言われる言葉ですが、昔はとてもロマンチックな意味を表す言葉として使われていたのだとか。

そんな「アベック」という言葉がよみがえることはあるのでしょうか?

今回は、「アベック」という言葉の語源や意味、「カップル」との明確な違いを解説します。

アベックの意味とは

かつては若年層の間で流行した「アベック」という言葉。しかし、今となっては使われることが少なくなり、この使い方を「古い」「ダサい」などと感じる人もいることでしょう。

みなさんは、そんなアベックの正しい意味をご存知でしょうか? まずは、言葉の意味について解説していきます。

意味は「男女の2人連れ」

日本では「アベック」というと「男女の2人連れ」を意味します。

現在で言う、「カップル」に近いニュアンスです。「恋人同士」を指すことが多いですが、必ずしも恋人関係を指すとは限りません。

『広辞苑 第七版』では、以下のように説明されています。

アベック

(前置詞で「…とともに」の意)男女、特に恋人同士の二人づれ。

「同じ行動をする2つ」指す場合もある

 

日本で使う「アベック」は主に「男女2人」という意味がありますが、それ以外の使い方もあります。

小学館の『デジタル大辞泉』によれば、上記の意味以外にも「二人または二つのものが行動をともにすること」という意味も記載されています。

一対の鳥や、飛行機などが飛んでいる様子を「アベック飛行」と表現するのを聞いたことはありませんか? このように男女2人だけでなく、同じ行動をする2人や2つのものも、「アベック」と呼ばれることがあります。

次ページ:アベックの語源は?

SHARE