お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【難読】“なますい”じゃない! 「生粋」の正しい読み方

ななしまもえ(芸術系ライター)

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「生粋」の読み方です。

“なますい”? “せいすい”? いやいや、なんのこと? そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

「生粋」の読み方は?

「生」は人生、生卵と読むので、“せい”、“なま”と読む人が多いと思います。「粋」は純粋と読むので“すい”、または漢字一文字で“イキ”と読むこともありますね。

しかし、この二つを合わせると、“せいすい”、“なますい”とは読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“きっすい”と読みます。

「生粋」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「生粋」の意味は以下のように解説されています。

きっ‐すい【生粋】
《「きすい」の音変化》まじりけが全くないこと。「生粋の江戸っ子」

純粋で不純物のない、という意味合いですね。

「粋」は完璧に精米した米が成り立ちとされていて、「全くまじりけがないこと」という意味です。また“き”と読む「生」にも、「まじりけがないこと」という意味があります。(いずれも『デジタル大辞泉』より)

つまり、「生」と「粋」は同じような意味を持っている漢字で、「まじりけがない」ことがとても強いことを意味しています。

読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「生粋」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。同じ意味が重なった漢字、他にもたくさんありますよね。例えば「河川」「過去」「増加」「停止」「身体」などなど。

身の回りの漢字をもう一度見直してみると、同じ意味が重なった漢字がたくさんみつかりそうです。

(ななしまもえ)

ななしまもえ(芸術系ライター)

漢字の形の美しさに惚れ込む元ダンサー。漢字はダンスで表現できると信じている。サッカー好きで一時はレッズの追っかけをした経験もあり。おっとりしているが、サッカーの話になると早口で熱くなる。3代続く正真正銘の湘南ガール。

この著者の記事一覧 

SHARE