お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あざとい。女性がわざと「既読」を付けない瞬間5つ

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

意中の人からのLINEはうれしいものですが、あえて「既読」を付けない時も。恋愛コラムニストの石谷ちよさんに、わざと既読を付けない瞬間を解説してもらいます。

今や主な連絡ツールとなっているLINE。メッセージを確認すれば「既読」と相手に表示されるのが特徴です。

そのシステムについて便利だと感じるか面倒だと感じるかは人それぞれですが、どちらにしても既読を付けない方が都合が良い状況ってありますよね。

今回は「女性がわざと既読をつけない瞬間5つ」をご紹介します。あなたにもきっとこんな瞬間があるはず。

ピュアな心を持ってる? 純粋な人度診断

(1)焦らして気を引きたい時

「わざと返事を遅らせて自分のことを考えさせる」、というテクニックを使う人は多いのではないでしょうか。

必ずしも返信を面倒に感じているというわけではなく、駆け引きのためにあえて既読を付けていない場合もあるのです。

ただ、「好きな人の気を引きたいから」と毎回返信を遅らせていると、“脈なし”だと思われて連絡が来なくなる可能性も。駆け引きは、ここぞという場面だけにしましょうね。

(2)忙しくて返信が面倒な時

LINEは、手紙やメールと違って比較的すぐに返信しなければならない、というような暗黙の了解がありますよね。

メッセージを確認した状態で返信を後に回せば、「何で既読が付いているのに返信がないの?」と相手を不安にさせてしまいます。

でも仕事や私生活で忙しい時は、毎回すぐに返信するのは難しい。なので、あえてメッセージに既読を付けないようにするのです。

(3)特別感を抱かせたい時

忙しくて気まぐれな人は、つい追いかけたくなるような魅力がありますよね。そのことを知っている人は、自分の連絡に特別感を持たせるために返信の速度をコントロールするのです。

あまりに連絡速度を落としすぎるとずぼらな印象を与えてしまうので、やりすぎには注意しましょう。

(4)ゆっくり文章を考えたい時

大切な人や目上の人からのLINEは、きちんと文を考えてから返信したいですよね。

「目上の人には素早い返信が大切だ」と考える人もいますが、反対に、時間を作ってでも丁寧に返信することが大切だと考える人もいます。早いレスポンスだけが真面目な姿勢だとは限らないんですね。

また、「好きな人へ送る文をゆっくり考える時間が好き」という、ロマンチックな人もいます。じっくりと返信できる時間がある時に連絡を確認するのです。

(5)SNSに興味がない・優先度が低い

単純にSNSをあまり使用しない、なんて人も案外多いもの。

普段の生活の中でSNSを見る時間が少ないと、LINEに気が付かなかったり、返信を後回しにしたりしても罪悪感を抱くことはありません。あえて気まぐれに返信することで、SNSとの上手な距離感を保っている人もいるのです。

これは筆者自身にも当てはまることで、SNS中心の生活を避けるためにメッセージの通知はいつも切っています。時々でもSNSから離れる時間を作ると、心身共にリフレッシュできますよ。

LINEの駆け引きには要注意

距離を置きたい人からの連絡であれば、すぐに返信する必要はありません。ただ、駆け引きや相手の気を引きたいからと既読をつけない場合には要注意。

少しでも脈なしの雰囲気を感じると、すぐに諦めてしまう男性もいます。そのような人は、既読がつかない状況に自信をなくしてしまうものです。このように、駆け引きが逆効果となってしまう場合もあるので、使い所を見極める必要があります。

好きな人との関係に進展がない状況や、距離が近すぎて友達状態になっている場合に試してみるのがおすすめですよ。

(石谷ちよ)

※画像はイメージです

診断で性格をチェック!

他人が信じられない? 人間不信度診断

あなたの性格は? 本当に優しい人度診断

実はバレバレ? 腹黒女度診断

石谷ちよ(恋愛コラムニスト)

自由奔放に生きるフリーライター。出会った男性の家を渡り歩きながら生活していた過去を武器に、恋愛コラムニストとしてライター活動を開始。自分を見つめるために、5ヶ月間ほど山で、電気なしガスなしの生活をしていた経験あり。瞑想に瞑想を重ね自由を貫くことを決める。幸せだと感じる生き方、しんどくならない他人との付き合い方など、心理的なコラムも手掛けている。

この著者の記事一覧 

SHARE