お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人相学から見る「幸薄い顔」とは? 特徴と5つの改善法

紅たき(占い師・コラムニスト)

幸薄いと言われなくなるための5つの改善方法

ここからは、できれば「幸薄い顔」という印象を払拭したいと思っている人のために、メイクや普段の態度から改善する方法を、いくつか紹介していきます。

(1)アイライナーを濃いめに引く

幸薄い顔の人は目に力がない場合が多いです。これを克服するために、アイライナーを目の上下に濃いめに入れてみましょう。

まつ毛パーマやエクステをするのもおすすめです。目元を印象的にすることで、強い女性のイメージが出来上がります。

(2)チークを濃いめに入れる

幸薄い人の青白い顔に、チークで赤みを追加して、血色良く見せてみましょう。顔がパッと明るくなり、生命力が満ち溢れるようになります。

(3)自分の意見をハッキリ言う

幸薄い人は、その表情通り控え目な人が多いです。それを克服しましょう。大きな声で自分の意見を主張して、人に利用されたり、人に流されたりしがちな自分を直していくことです。

(4)スポーツをする

幸薄い顔の人は、全体的に弱々しく生命力が無いイメージがあります。これを克服するために、何かスポーツをする習慣を持つといいでしょう。

体力が付けば積極的になれますし、ポジティブになり表情も明るくなるはずです。

(5)人に自慢できるものを持つ

幸薄い顔の人は遠慮や謙遜をし過ぎる傾向があります。そして、本当にどうせ自分なんか何も取り柄がないし……と卑屈になりがちなのです。

何でもいいので、人に自慢できるくらい腕を磨き、実際人に自慢をしてみましょう。周囲の見る目が変わるはずです。

幸薄い顔にも魅力や味がある

幸薄い顔だからといって、必ず不幸になるわけではありません。幸薄い顔の芸能人で成功している人がいるように、逆手にとって自分の魅力にしてしまえばいいのです。

薄幸そうで儚げな顔というのは、人を「守ってあげたい」という気持ちにさせます。同性にも異性にもモテる顔でもあるのです。

メイクなどで顔を明るく見せる工夫もできます。また、自分に自信を持って好きなことをイキイキとやるようにすれば、その生き方が人生を輝かせ、幸せをたくさん得られるようになるでしょう。

(文/紅たき・イラスト/タテノカズヒロ)

もしかして私も!? 今の不幸度診断

【不幸度診断】今のあなたは不幸体質になってない?

※この記事は2020年06月25日に公開されたものです

紅たき(占い師・コラムニスト)

占い師・コラムニスト。広告制作会社のコピーライター、呉服店勤務、エステティシャン、英国式リフレクソロジストを経て、占いの道に入る。西洋占星術での鑑定歴12年。複数の人気サイトで、占いコラムを執筆中。著書に、『陰毛をぬく男』(TIAOBooks)、サイコロジー診断ラボのメンバーとして携わった『危ない心理テスト』(河出書房新社)がある。

紅たき OFFICIAL WEB SITE
https://kurenai-taki.info/

この著者の記事一覧 

SHARE