お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

占い専門家 生活

【夢占い】ドーナツの夢の意味とは? 買う、あげるなどパターン別解説

紅たき(占い師・コラムニスト)

丸くて真ん中に穴が開いた独特な形をしているドーナツ。その形から、夢占いでは「円満」「幸運」の象徴とされているそうです。今回はそんなドーナツの夢について、占い師の紅たきさんに、買う、あげる、食べるなど、パターン別に解説してもらいました。

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。

夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。

見た夢を分析していくことで、これから起こりうることや今の運勢がわかるのです。

今回は、「ドーナツの夢」についてくわしく紹介していきます。

吉夢が多い「ドーナツの夢」

夢占いでドーナツは「円満」「幸運」を象徴します。

また、円満な人間関係を望んでいるときや、何か欲しいものがあるときに見ることもあります。

次ページ:パターン別「ドーナツの夢」の意味

お役立ち情報[PR]