お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド フード・レストラン

“おとぎの国”で味わう秋の恵み。「クイーン・アリス」特別ディナーで多幸感に包まれる

マイナビウーマン編集部

あなたには、一度は訪れたいあこがれのレストランはありますか? 編集部・Sにとって、「クイーン・アリス」がそのひとつ。みなとみらいの景色を一望する、横浜ベイホテル東急の3階に構える、おとぎの国のように愛らしくロマンチックなフレンチの名店です。今回はクイーン・アリスの特別ディナーコース「秋の収穫祭」の試食会で、ひと足早い“恵みの秋”を堪能してきました。

クイーン・アリス「秋の収穫祭」

パステルピンクのロマンチックな個室「レッドクイーン」

“不思議の国のアリスが訪ねてくるようなレストランを”との思いをこめて名づけられたとあって、アリスの世界観が随所に感じられるたたずまい。案内された個室「レッドクイーン」は、パステルピンクがひときわ目をひく、夢のような異空間。

毎年人気を博しているという特別ディナーコース「秋の収穫祭」。いったいどんなスペシャルなディナーなのでしょうか。早くも期待が高まります。

五感で味わう、“皿の上の秋”

クイーン・アリス「秋の収穫祭」

「松茸と帆立貝の香り焼き」

「クイーン・アリス」の料理は、“皿の上の芸術”と称される美しい盛りつけも特徴なのですが、のっけから、お皿の上で“秋”が見事に表現された前菜が登場。秋の香りに包まれ、うまみがそのまま口の中いっぱいにひろがる、「松茸と帆立貝の香り焼き」。

クイーン・アリス「秋の収穫祭」

「タスマニア産サーモンのコンフィ フレンチキャビア添え 塩ジュレとライムのアクセント」

シェフの田面山(たもやま)博憲さんが腕をふるう今年の「秋の収穫祭」、メインとなる肉料理は、「国産牛フィレ肉のポワレ 松茸とトリュフ風味のニョッキと共に コンソメスープを注いで召し上がれ」。

このネーミングから、これから何が起こるのか、なんとなく見えてきます。

メインのお肉料理に、多幸感があふれだす!

クイーン・アリス「秋の収穫祭」

「国産牛フィレ肉のポワレ 松茸とトリュフ風味のニョッキと共に コンソメスープを注いで召し上がれ」

やわらかく焼き上げられた国産牛フィレ肉、秋の味覚・松茸、トリュフが香るニョッキ、秋野菜と食用花で美しく彩られたお皿に、熱々のコンソメスープが注がれていく! 香りも視覚も音も、五感をこれでもかと刺激され、いたたまれないほどの多幸感に包まれます。お味はもちろん、……絶品です。

クイーン・アリス「秋の収穫祭」

「洋梨のエレーヌ風と胡桃のクルスティアンとキャラメルのムース マロンのアイスを添えて」

コースのトリを飾るのは、洋梨とムースがガラスの器で上下二層に区切られた華やかなデザート、「洋梨のエレーヌ風と胡桃のクルスティアンとキャラメルのムース マロンのアイスを添えて」。

冷えたガラス越しにチラリと見えるムースの艶やかさ、その上の洋梨のキュートさに魅了されつつ、添えられたアイスをパクリ。濃厚マロンの味わいが舌の上でひんやりと溶け、消えていきます。この味、永遠に口の中にとどめておきたかった……。

フランス料理は、ふだん使いのお店とはお値段も格式もちがい、ちょっぴり敷居が高いのは事実。だからこそ、とっておきの日には、五感いっぱいで“幸せ”と“おもてなし”を感じられるこんな空間で過ごしたいもの。ぜひ大好きな人と、スペシャルな時間を過ごしてはいかがでしょうか。

Information
「クイーン・アリス」横浜ベイホテル東急3階
特別ディナーコース『秋の収穫祭』
期間:2019年10月1日(火)~11月15日(金)※10月28日(月)を除く
時間:ディナータイム 17:30~21:00 ※土日祝は2部制(1部 17:30~/2部 20:30~)
料金:1人13,000円(※サービス料・税込価格15,730円)
予約:045-682-2255(10:00~21:00)
公式サイト:https://ybht.co.jp/restaurant/queen_alice.php

『秋の収穫祭』メニュー:
松茸と帆立貝の香り焼き/タスマニア産サーモンのコンフィ フレンチキャビア添え 塩ジュレとライムのアクセント/静岡県浜名湖産鰻のキャラメリゼとカリフラワーのムースリーヌ フォアグラのポワレと共に トリュフ風味/手長海老のパートブリック揚げ 白人参のフォンダンと共に/天然平目と焼き茄子をパンチェッタで巻いて ソースモリーユ/国産牛フィレ肉のポワレ 松茸とトリュフ風味のニョッキと共に コンソメスープを注いで召し上がれ/アヴァンデセール/洋梨のエレーヌ風と胡桃のクルスティアンとキャラメルのムース マロンのアイスを添えて

(取材・撮影:マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]