お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

落ち込みやすい性格を改善する方法。生きやすくなる考え方とは?

秋カヲリ

落ち込みやすい性格を改善する4つのコツ

それでは、どうやって落ち込みやすい性格を改善すればいいのでしょうか。

改善するコツを4つ、それぞれ理由とともに解説します。

(1)とりあえずやってみる

落ち込みやすい人はとても慎重で「失敗するくらいならやらない」「不安だからやらない」というようにリスク回避の行動を取ります。

それに対して、あまり落ち込まない人は物事を楽観的に捉えて「とりあえずやってみよう」と考えるチャレンジ精神を持っています。

もちろんうまくいくとは限らず、失敗することもありますが、失敗に対しても楽観的。

「失敗してもいい」という心構えでトライしているので、失敗を生かしてまたチャレンジします。

そうすると成功する確率がだんだんと上がっていき、最終的には成功することが多くなります。それが自信につながり、さらに楽観的に物事を捉えられるようになり、ポジティブ思考になるのです。

落ち込みやすい人はネガティブな考えをなるべく捨てて、「とりあえずやってみる」という見切り発車をしてみてください。

意外と失敗しても大丈夫なことに気づきますよ。

(2)他者評価より自己評価を重視する

人は他人からの評価を期待するものですが、他人からの評価よりも自分の評価を重視すべきです。

他人のことはコントロールできませんから、もしいやな出来事に遭遇しても自分でコントロールできず、落ち込むばかりです。

自分が自分のことを認められれば、どんな状況にも左右されず自分を受け入れられます。

自然と自尊感情が高まっていき、自分の判断や行動に迷いがなくなります。

人の言葉をまったく気にしないのは難しいかもしれませんが、「あくまで一意見であり、これだけで自分の価値は決まらない」という認識に留め、自分の価値を人の言葉で判断しないようにしましょう。

(3)小さな目標、小さな理想を掲げる

大きな目標や理想は今の自分の状態と遠く離れているため、自分のことを否定しやすくなり落ち込んでしまいます。

まずは小さな目標を掲げ、コツコツ小さな背伸びを繰り返して成長していくつもりで行動しましょう。

小さな目標はクリアしやすいので達成感を得やすくなります。

たとえ失敗しても現状との大きな落差がないため落ち込みにくくなるでしょう。

また、一気に成長しようと思わないことも大切です。

人は急に変われません。

少しずつ変化していけばいいのです。

短期スパンで計画を立てず、長期スパンで計画を立ててみてください。

そうすれば無理なく成長できるので、うまくいかずに落ち込むことは減るでしょう。

(4)失敗にも価値を見出す

どれだけ慎重に行動しても、人は失敗から逃れられません。

完璧な人などいないのですから、仕事でもプライベートでも失敗してしまうことはあるでしょう。

大切なのは失敗をネガティブに捉えずポジティブに捉えることです。

ネガティブに捉えると落ち込むばかりで成長につながりません。

どんな失敗にも意味があり、価値があります。

今後同じ失敗をしないように対策を練れば、今の自分よりも確実に一歩前に進めます。

失敗によって人生観が変わり、人間としての器が大きくなることもあるでしょう。

あるいはストレス耐性がついて、同じことが起きても落ち込まないようになるかもしれません。

失敗しても「成長できてよかった」と思う癖をつければ、ネガティブな気持ちになり落ち込むことがなくなり、ポジティブに考えられるようになりますよ。

次ページ:落ち込みやすい性格は変えられる

SHARE