お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

ツラい。「人を信用できない」原因と克服するコツ

萩原かおり(心理カウンセラー)

人間関係を構築するうえで、人を信用できないのは致命的。悩みごとがあっても誰にも相談できず、ひとりで抱え込んでしまうこともあるでしょう。今回は、「人を信用できない」人の特徴や原因、対処法について、心理カウンセラーの萩原かおりさんに解説してもらいました。

人を信用できない原因

放任家庭で育てられた

自我心理学において、基本的信頼感 獲得の第一段階は乳児のころだといわれています。

最初に自我が発達する乳児のころに、他者への基本的信頼感が育っていくのです。

具体的には生後1カ月のころに母親との関わり方で形成されるもので、泣いたらおっぱいが与えられたり母親に抱かれたりすることで、他者への基本的な信頼感が形成されていきます。

そのため、放任家庭で生まれ育った人は信頼感より不信感が勝ってしまい、他者への信用感が形成されにくい状態にあります。

裏切られた・だまされた経験がある

過去に誰かに裏切られたり、だまされたりした経験がある人は、こうした経験がトラウマとなり、他人が自分の弱みにつけこむのではないかという恐れを強く抱いている傾向があります。

身近に嘘をつく人間がいた場合、このような経験が蓄積されやすいでしょう。

その結果として、やや臆病な性格が形成され、人から裏切られることを極端に恐れるようになるのです。

闘争心が強い

闘争心が強い人は自己評価が高く、他人にも率直に意見を伝えるなどストレートなコミュニケーションを好み、ものごとを人に頼らず自分で判断します。

相手を信用するまでのハードルはかなり高いでしょう。

さらに闘争心の強さから自分を守ろうとする心理もはたらき、不信感を持って他者をみるようになり、観察力が鋭くなります。

その優れた観察力で他人を観察してきたため慎重になり、あまり人を信用できなくなるのです。

次ページ:人を信用できない性格を改善する方法

お役立ち情報[PR]