お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「芯の強い女性」の特徴。男性から選ばれる、ブレない女性になる方法5つ

澤口珠子(婚活・女子力アップコンサルタント)

自分をしっかり持っている「芯の強い女性」の特徴

では、「芯の強い女性」とは具体的にどのような方をいうのでしょうか?

ここでは、ブレない心を持つ「芯の強い女性」の特徴について見ていきます。

(1)強いポリシーを持っている

「芯が強い女性」の最大の特徴は、その強いポリシーといえるでしょう。

自分の意見をしっかりと持っており、安易に人に流されず、おかしいと思ったことは相手にはっきりと口に出して伝えます。

これはただ単に自己主張が強いということではなく、まわりの人の意見も聞いたうえで、自分の目指す方向性に沿って物事の優先順位をつけて自分の意見を言っているということなのです。

(2)目標がブレない

「芯の強い女性」は、「こうありたい」という理想の形を持っており、それに向けた具体的な目標を持ち合わせています。

ライフスタイル上もその傾向が表れるため、仕事とプライベートのメリハリをしっかりつけて、テレビはだらだらと見なかったり、無駄に長い会議をなくしたりと、非常に健全な生活を送っている傾向があります。

(3)一途な思いを持つが、見切るときは早い

「芯の強い女性」は自分の価値尺度がはっきりとしているので、ご縁のあった男性には一途な思いを持ってくれます。

自分の価値観を押しつけることはなく、相手の軸や相手らしさを大切にするでしょう。

一方、相手を見切るときは早いものです。

自分らしくいられなくなってきたと感じ、相手との話し合いや工夫ではどうしても関係の改善が難しいと判断した場合は、自らが動いて見切りをつけます。

(4)ポジティブ思考

「ネガティブに考えてもよいことなんてひとつもない」と考えるのが、「芯の強い女性」の思考です。

悩むくらいなら、自分の目標に向かってひたすら突き進むのが賢明だと思っています。

基本的に何事もポジティブに捉えるという考え方が、芯を強くしているといえます。

もちろん、ネガティブな考えが頭に浮かぶことはありますが、それをポジティブに変換する力を持っていることが特徴です。

(5)相手によって態度を変えない

「芯の強い女性」は、相手の社会的地位や立場・肩書きなどによって態度を変えることはありません。

どんな相手でも、その人そのものを見て接するタイプです。

「芯の強い女性」は、社会的地位や立場・肩書きなんてものは、いつでも変わり得る可能性があるということをしっかり理解しているといえます。

次ページ:「芯の強い女性」になるための心得

SHARE