お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

日焼け止めの上手な落とし方と適したクレンジングの選び方

上田麻里(美容ライター)

クレンジングを使う日焼け止めとその選び方とは

「上手な日焼け止めの落とし方」の項目でもご紹介したように、SPF値が高く、ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、基本的にクレンジング剤が必要です。その際に使用するクレンジング剤の選び方も大切です。

適したクレンジングはあるの?

一般的に、クレンジング剤の強さは、オイルタイプ>拭き取りタイプ>ジェルタイプ>クリームタイプ>ミルクタイプという順とされています。落ちにくさを重視した日焼け止めを落とすためには、やはりオイルタイプがベスト。

ただし、オイルタイプなどの洗浄力の強いクレンジング剤は、肌に必要な保湿成分まで奪い取ってしまう可能性があり、乾燥の原因になることも。レジャー用などの落ちにくい日焼け止めにはオイルタイプ、日常使いのものにはクリームやミルクタイプのクレンジング剤を使うなど、ここでもやはり使い分けがオススメです。

次ページ:日焼け止めを塗ったら、きちんと落とすことまで忘れずに!

SHARE