お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 音楽

【TGCインタビュー/土屋アンナ】「息絶えるその日まで歌うのをやめない」

この東京ガールズコレクションは、また土屋アンナが全部持ってった。
息をのむほどの彼女のランウェイを見て、こう思った観客も少なくないのではないでしょうか。トレンチコートに身を包み颯爽と登場した土屋アンナさん。香里奈さん、山田優さんと3人で並ぶ姿だけでも圧巻なのに、着ていたトレンチコートを大胆に脱ぎ捨てると膝上まである真っ赤なブーツとグラマラスなヒップを惜しげもなく披露しました。

2回目の登場では音楽のリズムに呼応するように全身を弾ませリラックスしたウォーキングを披露。ポニーテールを揺らしながらランウェイを歩ききり、無邪気に笑う子どものようにポーズをつけると会場からは悲鳴にも似た歓声が。心なしか緊張しながら出てきた長男の澄海くんがすれ違いハイタッチをされてはにかむような笑顔からは、母としての温かさまで伝わってくるかのよう。

めまぐるしくさまざまな顔をみせる彼女の芯はどんなところにあるんだろう。バックヤードに戻ってきた土屋アンナさん、開口一番「おつかれさんです!」と笑顔を振りまきます。まずはランウェイの感想から話を聞きました。

――攻めてましたね!

ね。攻めてた。はじめのステージね!

――ランウェイ、いかがでしたか?

ひとつめのステージは、お客さんと触れ合うというよりも世界観を伝えるステージだったので、モデルとしての楽しみを存分に味わえました。服も、音楽も、舞台も最高にかっこいいものだったでしょう。香里奈ちゃんや(山田)優ちゃんと一緒にウォーキングできたのもよかったです。2つめのステージはこの子(澄海くんを指しながら)と一緒だったんですけど、息子と一緒にステージに立てたことに、応援してくれるみなさんの愛情を嚙み締めましたよ。


――女性としてのカッコよさとお母さんとしての温かさ、ふたつのアンナさんの顔を見られてこちらもぐっときました。それぞれの衣装は着てみていかがでしたか?

まず、ひとつめのステージのポイントはやっぱりあの赤いブーツ。実はピンヒールにゴムのタイツをむりやり履いてブーツみたいに見せているんですよ。「ぎゅうぎゅうに足を締めつけたギリギリのフィット感がかっこいいでしょ?」というのがスタイリストさんのこだわりなんです。露出が激しかったのでそこに注目する人もいるんですけど、あのスタイルにはスタイリストとしての気合いを感じられますよね。
2つめのステージは、今も着ているこのワンピースで歩きました。私のようなママから、若い方まで誰でも楽しめるカジュアルさがあって、素のままの自分で着こなすことができました。やさしさとカッコよさが共存しているテイストも、そのまんま私の好みです。

――TGCの幅の広さを象徴しているようなふたつのステージでしたね。

そうなんですよ。若い女の子たちが、お祭りを楽しむみたいに楽しめて、身近な服からハイファッションの服まで見られるってすごいことですよね。そんなTGCを応援してるから、ずっと続けてほしいです。

――ご自身にとって思い入れのある服はありますか?

チリでライブをやったときに、h.NAOTOさんが「アンナのために」と作ってくれた赤い革ジャンとポリスハットですね。ひさびさに着てみると、これがまたしっくりくるんですよ。ずっと大切にとっておいてます。

――チリなどの海外でライブをすると、やっぱり国それぞれの違いを感じることもあるんですか?

あるあるある! ノってくれる曲も全然違うんです。たとえばラテン系の国にいくと重めのリズムのものにノリノリになってくれたり。チリで「黒い涙」を一緒に歌ってくれたのも印象的でした。

――日本では歌手活動15周年のツアーも行われますね。

そうなんです。正直、「まだ15年か」という気持ちなんですけどね。ツアータイトルにつけた「COLORS」っていう言葉にも表れているように、今まで自分が影響を受けてきたさまざまな曲で彩れるようなものになればいいなと思っています。今まで歌ってきた懐かしい歌なんかも入れつつね。テレビの仕事も、モデルの仕事もこうなりたい、という形を決めずに自然の流れにのってやっていこうと思っているけれど、なかでも音楽は年齢を重ねてもできるものだから、ずっと最後まで続けていきたいなと思っています。

――最後まで、というと?

そりゃぁ、もちろん死ぬまで。息絶えるその日まで歌うよ。

土屋アンナプロフィール

1998年モデルとしてデビュー。雑誌・テレビ・広告・ファッション・ショーやTV-CM等幅広く活動。
以来、数々の作品に出演、歌手活動も精力的に行い国内外の注目を浴びる。
2016年8月には中国の上海・浅水湾芸術文化中心Q・HALL 大劇場でライブを行い、これは「ROAD TO ASIA」という日中韓のスターを迎える公演で、日本人初ワンマンライブとなった。日本円換算で10,000 円を超える高価格にも関わらずプラチナチケット化し、数日でSOLD OUT、あまりの人気ぶりに、中国公安から販売規制がかかる。
2017年は「歌手デビュー15周年ツアー」と銘打ってマレーシア・メキシコ・チリ・東京・名古屋で記念ライブを開催し、My Melody meets Anna Tsuchiyaの記念グッズも発売する。

毎年クリスマスシーズンにはROCKとは別のアプローチでブルーノート東京・名古屋、ビルボードライブ大阪等でクリスマスライブを実施している。
また、様々なチャリティー活動に積極的に参加しており、中でも子を持つ母親という同じ立場の人に寄り添いたいという強い思いから東日本大震災の被災地への応援はずっと続けている。
11/22(水)ブルーノート東京、11/28(火)名古屋ブルーノートで歌手デビュー15周年記念公演を開催。

オフィシャルホームページ http://anna-t.com/
ブログ http://ameblo.jp/anna-tsuchiya/
Instagram https://www.instagram.com/annatsuchiya0311/

(取材・文:出川光/(マイナビウーマン編集長)、撮影:三宅祐介)

お役立ち情報[PR]