お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド フード・レストラン

セブン-イレブンのラーメンが本格的に! 「新・熟成麺」とスープの一体感が絶妙

セブン-イレブンでは、2017年9月26日(火)より、電子レンジ調理対応の「ラーメン」を新発売。ラインナップは、「熟成中華麺 醤油ラーメン」、「熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン」、「熟成中華麺 野菜盛りタンメン」の3種類。今回、編集部が試食会に行ってきました。

■今回発売される3種類のラーメンをいざ試食!

今回リニューアルの一番のポイントは、進化した「中華麺」。工場内の専用熟成庫において、徹底した温度管理のもとで二段階熟成を行うことで、のど越しがよく、コシのある、本格的な「新・熟成麺」を実現。スープや麺、具材が大幅に刷新され、ラーメン専門店の味が再現されたというラーメンに期待が高まります。

◇飽きの来ないシンプルな醤油ラーメン「熟成中華麺 醤油ラーメン」

まずは、「熟成中華麺 醤油ラーメン」をご紹介。だしには、鶏と豚のガラ、煮干し、サバ節が使用され、あっさりしつつも旨みのあるスープに体がほっとします。麺の上には、定番のチャーシュー、メンマ、青白白髪ねぎ、もやしがトッピング。

麺は、シンプルなストレート麺が特徴。のど越しがよく、コンビニ麺とは思えないしっかりとコシのある中華麺に筆者も驚き。

「熟成中華麺 醤油ラーメン」398円(税込)
発売日:2017年9月26日(火)

◇味噌×たっぷり野菜の組み合わせがたまらない「熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン」

次に、「熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン」。スープをれんげですくうと、釜で焼いた味噌とひき肉の香りが食欲をそそります。トッピングの具材は、高温で炒められた野菜がたっぷり。炒め野菜だからこその香ばしい味が口の中に広がります。

このちぢれ麺は、専用熟成庫で24時間以上寝かせられ、とってももちもち。スープの味が濃く、食べごたえも抜群なので、濃厚なラーメンをお腹いっぱい食べたい人におすすめ♪

「熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン」480円(税込)
発売日:2017年10月10日(火)

◇野菜がたっぷり♪ 女性におすすめな「熟成中華麺 野菜盛りタンメン」

最後に、「熟成中華麺 野菜盛りタンメン」をご紹介。スープのだし汁には、新たに丸鶏が使われ、旨みが増した塩味のすっきりとした味が特徴。野菜がたっぷりでボリューミーですが、350kcalという低カロリーに驚き。お腹はいっぱいになるのに、野菜たっぷりでカロリーは控えめなので、女性にうれしいラーメンです。

具材は、麺が見えないほどこんもりと乗っています。野菜は、風味のある炒め野菜と食感のよい生キャベツ、もやし、きくらげなど、8種類の野菜が150gも入り、これだけで1日に必要な野菜の3分の1を摂取することができます。生野菜と炒め野菜の異なったシャキシャキ感と香ばしさがさらに食欲をそそります。

「熟成中華麺 野菜盛りタンメン」398円(税込)
発売日:2017年9月26日(火)

■まとめ

コンビニ弁当は、野菜が少ないイメージでしたが、セブン-イレブンのラーメンは、野菜がたっぷりなので食べた罪悪感が少ないもの。手軽にあたたかい本格的ラーメンを買って帰れるのはうれしいことですよね。この機会に、ぜひセブン-イレブンに立ち寄ってみてはいかが?

写真左より、「熟成中華麺 醤油ラーメン」、「熟成ちぢれ麺 濃厚味噌ラーメン」、「熟成中華麺 野菜盛りタンメン」

(小田桐礼香/マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]