お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド アイテム

「サイズが合わないっ……」から解放! 正しい靴の選び方とは

靴を買うとき、サイズに悩む人も多いのではないでしょうか。購入後に実際履いてみると、サイズが合わず、結局1回も履かなかった……なんてことはよくありますよね。そこで今回は、美脚トレーナー・久優子さんの著書『ハイヒールをはいても 脚が痛くならないカラダのつくり方』から、自分の足に合った靴の選び方をご紹介。サイズ選びに自信がない人は、ぜひチェックしてみて!

■自分の足に合った靴の選び方・4カ条

17%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab

久優子さんによると、意外と自分の足のサイズを把握している人は少ないそう。

彼女がはじめて「フェラガモ」で靴を購入しようとしたとき、普段のサイズを試し履きしようとすると、店員さんにもうワンサイズ小さい靴をすすめられたとのこと。見た目から小さく、実際履いてみても、やはり窮屈。しかし店員さんいわく、これがジャストサイズ。半信半疑のまま店内を歩き回っていると、だんだん靴がフィットしてきて、もう一度自分のサイズだと思っていた靴を履いてみると、なんとかかとがパカパカ! 本当の足のサイズがわかった瞬間だったそうです。

1%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab%e5%85%a8%e8%ba%ab

このようにほとんどの人は、実際の足の大きさよりもかなり大きい靴を選んでしまっています。では、足にピッタリ合う靴の選ぶには、どうすればいいのでしょう? それが次の4カ条です。

・土踏まずにフィット感があること
・つま先に余裕があること
・自分の足の本当のサイズを知ること
・かかとが浮かないこと

サルヴァトーレ・フェラガモは「靴の選び方」という本の中で、足を靴に入れたとき、土踏まずがフィットすること、つま先が自由に動くことが大切だと言っています。そしてつま先がきつくない限り、できるだけ幅の狭い靴を選ぶのがポイントです。

■靴にまつわるステキな格言たち

最後に、靴にまつわるステキな格言をご紹介。きっとあなたもハイヒールが好きになるはず。

13%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%9f%e5%a5%b3%e6%80%a7

・「いい靴を履きなさい。いい靴は履き主をいい場所に連れて行ってくれる」

・「足に合った靴を履いている足は年をとらない。足は若さとうつくしさを保つ」

・「ピンヒールを履いた瞬間、人は“女”になるんです」

・「靴作りにはデザインと建築術がすべてだ。体を支える土台を作るわけだからね」

・「ハイヒールは女性の中に眠っている官能性と魅力を呼び覚ますんだ」

・「うつくしさを最高の高みに引き上げるためにも、女性の靴にはとても高いヒールとプラットフォームは欠かせないのよ」

・「もしハイヒールを履かないとしたら、どうやってハイクラスなライフスタイルを送れるっていうの!?」

・「3人の男性を後ろに従えているかのように歩きなさい」

■ハイヒールが似合う女性になろう!

ハイヒールが痛くて履いていられない原因は、サイズだけでなく、現代女性に増殖している「ハイヒールを履けないカラダ」にあるようです。本書は、ハイヒールを1日中履いても足が痛くならないカラダをつくる4STEPのエクササイズをご紹介。ハイヒール初心者だけでなく、愛好者にも読んでほしい内容がギュッと詰まっています。ぜひチェックしてみて!

h1-107

『ハイヒールをはいても 脚が痛くならないカラダのつくり方』
著者:久優子
出版社:宝島社
定価:本体1,296円(税込み)

(マイナビウーマン)

お役立ち情報[PR]