お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「彼氏自慢」は嫌われる!? 自慢話でイラッとさせないコツ

織田隼人(心理コーディネーター)

専門家に聞いた「彼氏自慢」でイラッとされないコツ

人によってはイラッとされてしまう「彼氏自慢」。友人関係を壊さないためにも、彼氏の話をするときは気をつけておきたいもの。具体的にどんな点に気をつければいいのか、心理コーディネーターの織田隼人さんに聞いてみました。

「彼氏自慢」をしてしまう女性心理とは?

pexels-photo-289224

彼氏への愛が強く、彼氏と並んで歩いたりすることが幸せで、彼氏が自分のステータスになっている場合に「自慢」をしたくなります。人は、強い感情を抱いたときにその感情を人に伝えたくなるようにできています。彼氏自慢も「素敵な彼氏がいる」という強い感情が自分の中に生まれ、その感情を吐き出したくなって自慢してしまうのです。それだけ彼のことが好きで、そして彼が自分にとって誇らしい状態です。ただ、「人の彼氏の自慢話を聞くのは楽しくない」と思う人も多いので、話す相手を選ぶ必要があります。

「彼氏の自慢話」で気をつけるべきこと

pexels-photo-167921

基本的に彼氏の自慢話はイラッとされやすいので、「話す相手を選ぶ」ことからはじめてください。「一緒に彼氏自慢をするお茶会」を作るのがベストです。彼氏とうまくいっていて、そして自慢をしたい人同士が、2人以上で集まって会話をするといいでしょう。

彼とうまくいっていない人や彼氏がいない人に「彼氏自慢」をすると、嫌われてしまうもの。また、一方的に伝えるのもよくないです。みんなで同じように自慢し合えば、みんなが気分を発散できるので問題は起きません。同じような仲間を集めるところからはじめて、そして自慢話をしましょう。

「彼氏自慢のSNS投稿」で気をつけるべきこと

pexels-photo-236907

まず、友だちとつながっているSNSアカウントで彼の自慢をしないことが大事です。Twitterなどで、友だちとつながらない別の匿名アカウントを作って、そこで彼氏自慢をするようにしましょう。

LINEやFacebookなどは人間関係が強いので、彼の自慢をするとそれを「しっかり読む人」が出てきます。そして、しっかり読んだ人が反感を持ちます。このような人間関係の強いSNSで彼氏自慢をするのは、あまり適していません。

逆に、Twitterで匿名アカウントを作って自慢をしても「見逃してくれる人」がたくさんいます。どんどん自慢をしても、それを苦痛に感じる人が少ないです。同じく、インターネット上では彼氏自慢を匿名で書き込める掲示板などもあります。そういった「匿名性」をうまく使って、自分の思いの丈を発散していきましょう。

次ページ:まとめ

SHARE