お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド マンガ

ハラハラドキドキが止まらない! 「彼を、拾いました。」特集TOP5

月間950万人が利用する電子書籍配信サービス「めちゃコミック」から、人気コミックランキングをお届け! 今回は、ハラハラドキドキの同居漫画「彼を、拾いました。」特集から、2017年5月のダウンロード数を集計。上位5作品をご紹介します。かわいいペット男子に癒されちゃいましょう♪

■5位:『女はヒト科の猫を飼う』

『女はヒト科の猫を飼う』(C)藤井みつる/白泉社

『女はヒト科の猫を飼う』(C)藤井みつる/白泉社

<あらすじ>

なりゆきで、ちょっとかわいい若い男を拾ったら住みつかれてしまった!? こんなはずじゃなかったのに……今日も気持ちイイ1日。オムニバス形式で5本のラブストーリーを収録。あなたはヒト科のナニを飼う?

「読んでて吸い込まれるような感じがします」、「ヒロインにも共感できて、トキメキ半端ない!!」(レビューより)

■4位:『ニャンニャンしたい』

『ニャンニャンしたい』(C)しがの夷織/小学館

『ニャンニャンしたい』(C)しがの夷織/小学館

<あらすじ>

美人で仕事もできる奈緒子は、唯一、恋愛事だけがうまくいかない。仕事の疲れで溜まったストレスは、猫のトラに癒してもらう毎日……。トラが人間だったらいいのになぁ、とボヤいていた矢先! 「俺、猫のトラだよ☆」なんて名乗る謎のイケメンが現れた!! 茶色い髪にくりっとした瞳。確かにトラにそっくり……(汗)ってそんなコト、ありなの!?
「絵もかわいくて短編で読みやすくて男の子の照れ顔が好みでした!」、「年下の男の子に振り回されるのが、とても小気味いいです」(レビューより)

■3位:『JOKER』

『JOKER』(C)上杉可南子/双葉社

『JOKER』(C)上杉可南子/双葉社

<あらすじ>

女流棋士の一花(いちか)は、10代で衝撃的なプロデビューを果たした女流棋士。しかし、ある出来事をきっかけに将棋に対する意欲をなくし、負け続けていた。そんなある日、お見合いパーティーで知り合った男に小学生の男の子を押し付けられてしまう。いくら彼氏いない歴=年齢でも小学生と同棲なんて……いや—————っ! 母性も何もないのに、いきなり子どもとの同棲(?)がスタート。そして、将棋の道はどうなるのか———!?

「珍しい設定で最初はないな~っと思いましたが、読んでいくうちにはまり一気読み!」、「大人に恋した小学生と不器用な主人公のほのぼのラブです」(レビューより)

■2位:『内緒にしてあげる。だから…』

『内緒にしてあげる。だから…』(C)きだち・anzu/アムコミ

『内緒にしてあげる。だから…』(C)きだち・anzu/アムコミ

<あらすじ>

野原加奈、高校の生物教師になって4年。半年前からカバンの中に退職願を入れて出勤する毎日──。ある日、加奈は生物室で自分のクラスに転校してきて間もない大野と他クラスの女子がキスをしているところを目撃する。大野をしかる加奈に「俺、学校辞めるし」と言い放つ大野。衝撃発言に逆ギレした加奈は「私だって学校辞めたいわよ!」と本音をぶちまけて言い逃げ!! しかも退職願をカバンから落としたまま……。その夜、加奈の自宅を訪れた大野は、加奈の退職願を手に「学校行く代わりにここに住まわせてよ」と!! おまけに「勝手に退職願出したら、セクハラされたって訴える!!」って!? 生真面目女教師と問題児のキケンな同棲生活がスタート!

「実際は自分の人生の中でありえないシチュエーションだからこそ、ドキドキします」、「先生と生徒ものって、今まで男が先生のが多かったけど、この漫画は先生が女でちょっと新しい感じがした」(レビューより)

■1位:『きみはペット』

『きみはペット』(C)小川彌生/講談社

『きみはペット』(C)小川彌生/講談社

<あらすじ>

美少年の正しい「飼い方」、教えます! ――高学歴・高収入・高身長(170cm!)の才色兼備なバリキャリだけど、恋にはとっても不器用なスミレ。「人生楽勝!」のはずなのに、左遷(させん)されるわ、婚約破棄だわ、トラブルだらけ。そんなスミレが「癒(いや)し」のためにはじめたことは、美少年ダンサーのモモを“飼う”ことで……!? 講談社漫画賞受賞、超・ヒットラブコメディ!

「ほかのどのマンガよりも、やみつきになります!」、「美少年を拾ったことから、自分自身も少しずつ変わっていく過程に心が温まってきます」(レビューより)

■まとめ

1位は、2度のドラマ化で話題になった『きみはペット』。仕事や恋にがんばるアラサー女子の心を癒してくれる作品で、読んだことがある人も多いのでは? もし、まだ手に取ったことがない人は、ぜひ読んでみてくださいね。

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

(マイナビウーマン編集部)

お役立ち情報[PR]