お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

いろいろ激しすぎ! 男がドン引きした「肉食女子のアプローチ」8つ!

ファナティック

%e7%94%b7%e3%81%8c%e3%83%89%e3%83%b3%e5%bc%95%e3%81%8d%e3%81%97%e3%81%9f%e3%80%8c%e8%82%89%e9%a3%9f%e7%b3%bb%e5%a5%b3%e5%ad%90%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%81%e3%80%8d「草食系」と「肉食系」という言葉は、男性だけに使われるものではありません。「肉食系女子」という言葉もあるように、異性に対して積極的な行動をする女性も少なからず存在します。そこで今回は、ドン引きした肉食系女子からのアプローチについて、男性のみなさんにエピソードを聞いてみました!

(1)断っても断っても誘ってくる!

・「何度断っても、何回も告白を繰り返してくること」(28歳/学校・教育関連/その他)
・「何度もやんわり断っているのに、いつもLINEで誘ってくる人」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

多かったのは「何度も誘ってくる」というエピソードでした。男性側にその気がないから断っているのに、それでもめげずに何度も誘うのは、肉食系の証と言えそうですね。

(2)露出度の高い服装に引いた!

・「アピールかわからないけど、胸元を見せてくる」(30歳/電機/その他)
・「露出したような服を着て来られると、引きます。そんな人と外歩きたくない」(29歳/その他/その他)

「露出度の高い服装」というエピソードも。肉食系女子は胸元のチラ見せなど、自分の体を見せることにたけていそうですよね。でも残念ながら、男性からは引かれているようです……。

(3)ボディータッチが激しすぎ!

・「体を密着させたり、ボディータッチが多い人」(28歳/情報・IT/技術職)
・「とにかく、ベタベタと体を触ってくる。筋肉など『すごいね~』程度で触れてくるのはいいが、あまりにもしつこく触られるとイラッとするし、ウザイ」(36歳/その他/その他)

体を密着してきたり触ってきたりなどの「ボディータッチが激しすぎる」というエピソードもありました。多少のボディータッチは許せても、ベタベタとしつこく触られると男性もイラッとするようです。

(4)公共の場でキスを求めてきた!

・「人通りの多い改札でキスしてくれないと帰らない」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)
・「公共の場でいきなりキスを求められキスをしたらディープをしてきたとき」(24歳/情報・IT/その他)

まさに肉食系と言えそうなのが「公共の場でキスを求められた」というエピソードです。駅の改札など、不特定多数の目にさらされる場所でのキスは、普通の恋人同士でもなかなかできませんよね。

(5)壁ドン、年齢詐称にドン引き!

・「女性から壁ドンをされたとき。ちょっと引いてしまった」(37歳/金融・証券/事務系専門職)
・「年齢を偽ってでもデートして、付き合おうとしてきた女性。正直ドン引きしました」(26歳/その他/販売職・サービス系)

「女性から壁ドン」や「年齢を偽って付き合おうとしてきた」ときにドン引きした、というエピソードも! 女性からの壁ドンにはビックリですよね。年齢詐称をしてまで付き合おうとするのは、ちょっと必死すぎるかも……。

(6)ドン引きというより怖い!

・「酔った拍子に足を絡めてきた人。怖い……」(35歳/学校・教育関連/その他)
・「色気で誘惑されて興味を持たなかったら、強制的に抱きつかれた」(36歳/機械・精密機器/技術職)

他には「足を絡めてきた」や「強制的に抱きつかれた」など、ドン引きを通り越して「怖い」というエピソードもありました。ここまで来ると単なるアプローチというよりも、セクハラの域に入ってしまいそうです。

まとめ

ドン引きした肉食系女子からのアプローチについて、男性のみなさんからさまざまなエピソードが寄せられました。どれも肉食系ではない人から見たら、積極的すぎて驚くようなアプローチばかりです。中にはドン引きを越えて「怖い」と思えるものも。気になる異性にアプローチするときは、相手の反応を見て方法を変えるということが大事なようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年1月にWebアンケート。有効回答数134件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2017年01月23日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE