お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「頭のいい男性」の口説き方6パターン

ファナティック

男性から口説かれる際、なるべくスマートに口説いてもらえると女性としても「YES」と言いたくなるもの。そこで今回は、「頭のいい男性」がやっている女性の口説き方を、女性にこっそりチェックしてもらいました。

af9920042606w-1

1.ガツガツしない

・「ガツガツ口説かない。じわじわ歩み寄る」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あまりがっつかずに、今度みんなで遊びに行こうと誘うこと」(28歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

ガツガツされすぎると、逆に気持ちが引いてしまうこともありますよね。いかにも「狙われています」というのがわかると、どうしても逃げたくなるものです。

2.連絡をマメにする

・「気になる相手のLINEをゲットしてマメに連絡をすること。いつかは返事をくれるから」(23歳/小売店/事務系専門職)

・「メールを聞き出して、返信をくれなくても気にせず送ること。いつかは返信してくれるからきっかけが作れるから」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

連絡をマメにすることで、女性の信頼を得ることができます。頭のいい男性なら、こんな女性との距離の詰め方も理解しているのかもしれません。

3.弱みを見せる

・「ちょっと弱みを見せて母性本能をくすぐる」(23歳/建設・土木/技術職)

・「自分の弱いところを見せて気を引かせる」(26歳/医療・福祉/専門職)

自分の弱みを見せることで、相手の気持ちを引きつけることもできますよね。計算した上で弱みを見せているのは、頭がいいからと言えそうです。

4.趣味を調べる

・「女性の趣味、好きなものをしっかり情報収集してから誘う。女性が興味をひかれるような誘い方をする」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「女性の好きな趣味から攻めていくと思う」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

やみくもに女性を口説いても、何の勝算もないもの。頭のいい男性なら、勝率が上がるように、まずは相手をリサーチすることからはじめていそうですよね。

5.聞き上手になる

・「相手の話を、ひたすら聞くようにする」(31歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「聞き上手に見せかけて、相手の本質を見抜く。聞き上手の方が好かれそうだと思うから」(33歳/不動産/専門職)

相手の話を聞くことで、いろいろな情報を手に入れることもできそう。聞き上手に徹して、どう口説こうか探っているのかもしれません。

6.おいしいお店に誘う

・「おいしいレストランに連れていってあげる」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

・「おいしい店にランチに誘うやり方。おいしそうなランチにひかれてついていくから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

どんな口説き文句よりも、おいしい料理を食べさせてあげるほうが女性にとってはうれしいこともあるのでは。有名なお店を予約して、心も胃袋もつかもうと策略を練っているのでしょう。

<まとめ>

頭のいい男性はあまり自分から行動しないように思われますが、意外に前もってリサーチしたり、こまめに連絡したり、女性を落とす際は念入りに計算して動いていそう。みなさんは、頭のいい男性にどんなアプローチをしてもらいたいですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月9日~2016年12月27日
調査人数:105人(22~34歳の女性)

※この記事は2017年01月15日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE