お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子は上目使い、女子は……不覚にもときめく「異性の行動」3選

ファナティック

af9920069652w

何とも思っていなかった異性に対して、思わずときめいてしまった経験はありませんか? そんな、不覚にもときめいてしまった異性の行動について、男女にそれぞれ聞いてみました。

■女性の意見

●車から守られてドキッ

・「車とすれ違うときに危ないからと腕を引き寄せられたとき」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「車道を歩いてて私が車側を歩いていたときに後ろから車が来て、危ないよと肩を抱き寄せられたとき。ただの友達だったのに、守ってくれて急に男なんだと認識したから」(25歳/医療・福祉/専門職)

道路側を歩いているなどしているとき、危ないからといってグッと引き寄せられると、ドキッとしてしまう女性は多いようです。男性らしい一面を感じてときめいてしまうのかもしれませんね。

●優しい言葉をかけられてドキッ

・「基本、優しい言葉をかけられたりするとときめきます」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「失敗して怒られるようなときに優しい言葉をかけてくれるとき」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

落ち込んでいるときなどに、異性に優しい言葉をかけられると、思わずときめいてしまうという女性も少なくないようですね。元気づけてくれたり、さりげなくフォローしてくれる部分にキュンとしてしまうのではないでしょうか?

●頭ぽんにドキッ

・「頭をぽんぽんとなでるところや、やさしいことをしてくれる」(29歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「頭を急にぽんぽんとなでられたときは今までなんとも思っていなくてもドキッとした」(25歳/通信/事務系専門職)

頭をぽんぽんとされるようなしぐさに弱いという女性は意外と多いです。さりげないスキンシップに加えて、女性扱いされたような気がして、思わずときめいてしまうのではないでしょうか?

■男性の意見

●上目遣いにドキッ

・「上目遣いで見つめられたとき。わかっているのにキュンとしてしまう」(26歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「笑顔の上目遣いがとてもすごいとき」(29歳/医療・福祉/事務系専門職)

男性は、女性の上目遣いに弱いといいますよね。実際に不覚にもときめいてしまう男性は少なくないようです。いたずらっぽく見つめるのもありかもしれませんね。

●笑顔にドキッ

・「思いっきりベタだけど笑顔を見たときですかね」(34歳/食品・飲料/その他)

・「動物に対してすごくキレイな笑顔で接していたとき」(23歳/電機/技術職)

魅力的な笑顔を見てしまったら、それが自分へと向けられたものではなくても、男性は思わずときめいてしまうようです。もちろん、目が合ってほほ笑まれるなどの自分へ向けられた笑顔も同様です。

●さりげない気遣いにドキッ

・「飲み会のとき、テーブルの整理みたいなことをスッとしていたとき」(34歳/警備・メンテナンス/その他)

・「仕事中に気遣ってお茶やコーヒーを出してくれるとき」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

誰にも言われないのに、さっとさりげなく気遣いを見せるような行動を目の当たりにしたとき、思わずときめいてしまう男性もいるようです。細かいところに気が利くような点に、女性らしさを感じるのかもしれませんね。

■まとめ

不覚にもときめいてしまった異性の行動や様子をそれぞれ聞いてみると、男性と女性とではまったくちがう意見が出てきました。女性は自分自身に向けられた優しさなどにとても弱く、男性は女性らしさやかわいらしさにときめいてしまう傾向があるようですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月22日~11月25日
調査人数:362人(22歳~34歳の男女)

お役立ち情報[PR]