お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

そろそろかも……! 男性が「彼女からの別れ」を予感する瞬間・6つ

ファナティック

考えたくはないけれど多くのカップルにいつかは訪れる別れの瞬間。できればそのときを迎えたくないと思いつつ、見て見ぬふりができないほどの予兆を感じることもありますよね。今回は、男性たちが彼女から別れを切り出されそうな予感がする瞬間について聞いてみました。
mb0010002885m-5

■連絡が減る

・「連絡の頻度が減ったりする」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「メールやLINEが減りだんだん疎遠になってくること」(39歳/医療・福祉/その他)

特に理由もないのに彼女からの連絡が途絶えがちになってくると、別れを予感する男性が多いようです。元々、連絡の頻度が多い彼女だったらなおさらでしょうね。

■デートの回数が減る

・「会う機会が減ってきたとき。時間はあるのに、友だちと会うことを優先する機会が増える」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「一緒に出掛けたがらない」(38歳/運輸・倉庫/技術職)

デートの約束をしようとしても彼女が都合をつけてくれず、どんどん先延ばしに。忙しいとわかっていれば納得できるものの、その理由が女友だちと遊ぶというものだと別れの予感にも繋がるみたいですね。

■態度がそっけない

・「彼女の反応がそっけなくなる。LINEの返信や電話の反応が、事務的になってきたとき」(32歳/情報・IT/技術職)

・「連絡してもそっけなかったり、返信などがおそくなったりした。一緒にいるときに携帯をいじることが多くなった」(24歳/その他/営業職)

電話やメールでの対応がそっけなくなったり、一緒にいても上の空。彼女のそっけなさを感じると別れの予感がするという男性も。自分以外のことに気を取られているのが明らかにわかると、男性としてもつまらなくなるでしょうね。

■会話が続かない

・「なんか一緒にいても何も会話がないとき」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「会話が合わなくなって来たとき」(38歳/電機/営業職)

今までは、話が尽きることもなかったのに会話がかみ合わないと感じる瞬間が増えた。そういうときにも、彼女が別れたがっている雰囲気を感じるようです。話を合わせる努力すら面倒になってきているのかもしれませんね。

■急に呼び出される

・「急に大事な話があると呼び出される」(38歳/ソフトウェア/技術職)

・「電話やメールじゃなくて会って話がしたいことがあると言われたとき」(35歳/自動車関連/技術職)

彼女から「大事な話がある」と呼び出されたとき、楽しい話ではないなと別れを予感する男性もいるみたいですね。直接でないと話せないほど重要な要件と言われると、実際に会うまでドキドキして落ち着かないかも。

■冷めた感じがわかる

・「一緒にいてもあまり楽しそうでなかったり携帯を触っている」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「冷めた感じが出ているとき」(30歳/その他/その他)

デート中につまらなさそうにしていたり、ずっと携帯ばかりを見ていたり。彼女の自分への気持ちが冷めたと思ったとき、いつ別れを切り出されてもおかしくないなと覚悟を決める男性もいそうですね。

■まとめ

何が原因なのかわからない突然の別れも少なくないでしょうが、多くの男性が彼女から別れを切り出される前にその予感を感じているようですね。そこで「別れたくない」と思うのなら、男性のほうも努力をするのでしょうが、諦めてしまうのは男性自身も彼女への気持ちが冷めはじめているからなのかも。ずっと付き合っていきたいと思うのなら、別れの予感を感じたときに早めに手を打ったほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月7日~2016年12月12日
調査人数:401人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]